ニュース
» 2008年07月01日 09時05分 UPDATE

マイクロソフト、仮想化技術「Hyper-V」日本語版の提供を開始

マイクロソフトは、サーバの仮想化技術「Microsoft Windows Server 2008 Hyper-V 日本語版」の提供を開始した。

[ITmedia]

 マイクロソフトは6月30日、サーバの仮想化技術「Microsoft Windows Server 2008 Hyper-V 日本語版」(Hyper-V)の提供を開始した。

 Hyper-Vは、ハードウェアの利用率の向上やプラットフォームの最適化、サーバの可用性の改善を実現する仮想化ソフトウェア。Windows Sever 2008、Windows Server 2003、Windows 2000 Server、Windows Vista、Windows XPなどのゲストOSをサポートする

 Windows Server 2008を購入した人は、専用のWebサイトからHyper-Vをダウンロードできる。7月9日からは、Microsoft UpdateおよびWindows Update を通して提供を開始する。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -