ニュース
» 2008年07月03日 16時08分 UPDATE

広告出稿を操作される恐れ:Google AdWordsのアカウント抜き取り、欧米で発生

「広告の支払いが済んでいません」という内容の電子メールを送り、Google AdWordsのアカウントを抜き取ろうとする手口が欧米で出回っている。

[ITmedia]

 G DATA Softwareは7月3日、米Googleの広告サービス「Google AdWords」のアカウント入力を要求する電子メールが欧米を中心に出回っているとして注意を呼びかけた。

image 電子メールの内容(G DATA Softwareより提供)

 同メールは、「広告キャンペーンのお支払いがまだ済んでいませんでした」という内容の電子メールを不特定多数のアドレスに送るもの。記載されたリンク先のWebサイトにアクセスすると、Google AdWordsのアカウントを入力するように指示してくる。

 同社によると、リンク先のWebサイトは中国のサーバを経由した偽装サイトであるという。入力したアカウントはサイバー犯罪者の手に渡り、登録しているGoogle AdWordsの本サイトの内容を書き換える。犯罪者にとって都合の良い広告を出したり、宣伝したいキーワードを勝手に入力したりするという。

 独にある同社の研究所が7月1日にこのメールが出回っていることを発見。英語圏を中心に「現在数百万件規模」(同社広報)に配信されているという。「海外で出回った不正メールが時間差で日本や中国、インドなどに送られることもあるため、早期に注意を呼びかけた」としている。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

Google | AdWords | 広告 | 中国 | 詐欺メール


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -