ニュース
» 2008年07月11日 09時32分 UPDATE

BEA製品も対象に:Oracle、四半期アップデートで45件の脆弱性修正を予告

Oracleの次回パッチは7月15日に公開予定。データベースなどの製品全般にわたる脆弱性に対処する。

[ITmedia]

 Oracleは米国時間の7月15日、四半期に1度のアップデート(Critical Patch Update、CPU)を公開し、データベースなどの製品全般にわたる脆弱性に対処する。10日の事前告知で明らかにした。

 今回のCPUでは45件のセキュリティ問題を修正する予定。影響を受けるのはOracle Database、Application Server、E-Business Suite、Enterprise Manager、PeopleSoft Enterprise、WebLogic Serverなどの各製品。Oracleが最近買収したBEA、Hyperion、TimesTenの製品も初めてCPUの対象に含める。

 脆弱性のリスク評価は最も深刻なもので、共通指標CVSSのベーススコア6.8となっている(最大値10.0)。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -