ニュース
» 2008年07月15日 08時43分 UPDATE

正体はトロイの木馬:「ネットの終焉」を予告するスパムが登場

「インターネットは2012年に終焉する」という件名につられて添付ファイルを開くとマルウェアに感染する。

[ITmedia]

 「インターネットは2012年に終焉する」という件名でユーザーの目を引き、トロイの木馬に感染させようとするスパムメールが出回っているという。セキュリティ企業のSophosやTrend Microが報告した。

killnet.jpg 「インターネットは2012年に終焉する」でタイトルで出回るスパム(Trend Microより)

 問題のメールには、「2012: The Year The Internet Ends」「Plan to kill the internet by 2012」などの件名が付いている。本文にはいくつかのパターンが見られるが、「現在のようなインターネットは早ければ2010年にも消滅する」などの内容が英語で記され、詳しい情報を参照するためと称して添付のPDFファイルを開くよう促す。

 Trend Microによると、このPDFファイル「doc.pdf」の正体は、マルウェアを呼び込むダウンローダー型のトロイの木馬。ユーザーがこれをクリックして開くと、別のマルウェアに感染する。「怪しいメールは内容がどんなに面白そうに見えても開いてはいけない」と、Trend Microは警告している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -