レビュー
» 2008年08月01日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:予期せぬシステムダウンを回避するために不可欠な要素

十分な検討を踏まえず高密度なIT機器を導入してしまうと、電力や空調環境で過負荷、冗長性の喪失、熱問題といった予期せぬ問題が発生する可能性を高め、ダウンタイムを引き起こす。このような事態を回避するため、キャパシティー管理が不可欠だ(提供:APCジャパン)。

[PR/ITmedia]

 データセンター設計時の想定密度を超えた機器の設置や、それによる電力や空調環境へのストレスは、過負荷や熱問題、および冗長性の喪失によるダウンタイムを引き起こす。

 ITIL(Information Technology Infrastructure Library)では、インフラが適切なタイミング、適切な要領、適正な価格で提供され、最も効率性の高い方法で使用されるようにするための統制手段として、「キャパシティー管理」を定義している。このホワイトペーパーでは、特にデータセンタの電力、空調、およびスペースの容量に関する問題を、キャパシティー管理におけるITILの視点から説明する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、900点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -