ニュース
» 2008年08月05日 09時10分 UPDATE

任意のコードを実行される恐れ:CAのバックアップソフトに深刻な脆弱性

「ARCserve Backup for Laptops and Desktops」に深刻な脆弱性が見つかった。

[ITmedia]

 CAの企業向けバックアップソフト「ARCserve Backup」に深刻な脆弱性が見つかり、修正アップデートが公開された。

 CAのアドバイザリーによると、脆弱性はLGServerサービスの問題に起因する。悪用されると不正なリクエストを使って任意のコードを実行したり、サービスをクラッシュさせることが可能になる。

 脆弱性があるのはARCserve Backup for Laptops and Desktops、Desktop Management Suite、Protection Suitesの各製品。影響を受けるのはサーバ版のみで、クライアント版には影響はないという。

 CAのリスク評価は「高」レベル。各製品/バージョンごとにアップデートを公開している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

CA | 脆弱性 | バックアップ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -