ニュース
» 2008年08月11日 19時25分 UPDATE

最低限の注意を払おう:お盆休みのPCセキュリティ対策、G DATAが注意呼びかけ

帰省先や海外旅行などでインターネットを利用する場合、捨てアドレスなどを使いみだりに個人情報を入力しないことをG DATA Softwareは勧めている。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のG DATA Softwareは8月8日、お盆休みに備えたPCのセキュリティ対策を発表した。

 お盆休みには、帰省先や海外を含む旅行先でインターネットを見たり、電子メールを送受信したりする機会が増える。しかし公衆無線LANやインターネットカフェなどは、十分なセキュリティ対策が施されてない場合が少なくない。

 こうした事態に備えて、G DATAは以下の7つの点を注意するように呼びかけている。

  1. インターネットカフェや公衆無線LANを使用するときは、個人情報を入力しない
  2. 使用後に一時ファイルや履歴、クッキーを削除する。ユーザー登録したページを閲覧した場合、必ずログアウトする
  3. 旅行先からのメールを送る場合は、「捨てアドレス」を利用する
  4. ネット通販、オンラインバンキングの使用を避ける
  5. クレジットカードの情報を入力しない
  6. ファイアウォールやHTTPスキャンが利用可能なインターネットセキュリティソフトを使用する
  7. データのバックアップをしておく、また、重要なデータは暗号化しておく

 同社セキュリティラボのラルフ・ベンツミュラー所長は「インターネットカフェやホテル、空港などでIDやパスワードなどの個人情報を入力するのは危険な行為。カード決済のネット通販やネットバンキングなどを避け、旅行先から電子メールをやり取りする場合はなるべく捨てアドレスを利用するべきだ」と発表文内でコメントしている。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -