ニュース
» 2008年08月19日 19時32分 UPDATE

グレープシティが提供:「InputMan」がJava EEに対応 入力ミスを自動で防止

指定した書式以外の文字や範囲外の日付や数値を入力すると、自動的に不正入力として検出する機能を備えた。

[ITmedia]

 グレープシティは8月19日、Java EEシステム向け入力インタフェース構築用コンポーネント「InputMan for Java EE 1.0J」を9月24日に発売すると発表した。

 新製品は、Windowsで開発した入力インタフェース用コンポーネント「InputMan」をJava EEに対応させたもの。入力ミスや表記のゆれを自動的に修正する機能を持つため、不整合なデータの入力によるシステム障害やエラーを防ぐことができる。

グレープシティのInputMan イメージ画像

 具体的には、全角/半角、ひらがな/カタカナ、アルファベットの大文字/小文字、数字、記号など、入力可能な文字種を制限する機能を持つ。入力する文字の種類以外の入力を受けつけなくしたり、半角文字の代わりに全角文字を入力した場合、自動で半角文字に直したりできる。

 収録しているコンポーネントは「テキスト」「マスク」「日付」「数値」「カレンダー」「リスト」「電卓」の7種類。開発に使用する専用のGUIデザイナも備えた。

 価格は5台の端末まで利用可能な開発ライセンスが47万2500円、運用サーバライセンスは73万5000円となる。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

グレープシティ | Java | J2EE | GUI


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -