ニュース
» 2008年08月25日 15時34分 UPDATE

画面に一覧表示:日本オラクル、SCMの責任者向けに可視化ツールを提供

日本オラクルは、製造業のサプライチェーン責任者向けに情報の可視化ツールの提供を同日から開始すると発表した。

[ITmedia]

 日本オラクルは8月25日、製造業のサプライチェーン責任者向けに情報の可視化ツールの提供を同日から開始すると発表した。生産管理や調達部門といった製造責任者などが、進捗状況や需給バランスを把握し、計画変更などの施策を迅速に決定できるようになる。

 提供するのは「Oracle Advanced Planning Command Center」(Oracle APCC)。サプライチェーン計画アプリケーションである「Oracle Advanced Supply Chain Planning」や「Oracle Strategic Network Optimization」「Oracle Inventory Optimization」「Oracle Demantra」などで取得した生産ラインの稼働率に関する情報、資材、部品の調達状況、在庫水準や需給などのデータを統合し、画面に一覧表示できる。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

Oracle(オラクル) | SCM | 製造業


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -