レビュー
» 2008年08月28日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ワークスタイル変革のカギは、現場主導による業務改善

情報の無秩序な共有による漏えい・紛失のリスクは、企業が直面している大きな課題だ。セキュリティと利便性の二律背反を解消する情報共有基盤のあるべき姿と活用のヒントを解説する(提供:ドリーム・アーツ)。

[PR/ITmedia]

 ビジネス環境の急速な変化に伴い、情報や業務プロセスへの統制管理の要望が高まっている。一方で、競争力を維持し企業価値の最大化を目指すには、変化に対応しながら臨機応変に業務を改変していく「スピード」と、アウトプットの「質」の両方を高めなければならない。情報の厳格な管理統制と実務現場にとっての使いやすさを両立しながら、情報の流通と活用を加速させ、実務現場のワークスタイルを変革していく必要がある。

 このホワイトペーパーでは、大規模企業・組織を中心に多くの実績を持つドリーム・アーツが、次世代情報共有基盤のあるべき姿と、事例に基づいた活用のヒントを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、900点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -