ニュース
» 2008年09月18日 08時22分 UPDATE

「ネットを止めるぞ」と警告メール、実態はマルウェア

「違法ダウンロードをやめないとインターネット接続を停止します」という文面にだまされて添付ファイルを開くと、トロイの木馬に感染する。

[ITmedia]

 「違法ダウンロードをやめないとインターネット接続を停止します」という警告文でユーザーをだまし、マルウェアに感染させようとするスパムメールが出回っている。セキュリティ企業のTrend Microがブログで伝えた。

 それによると、このメールは「ICS Monitoring Team」というインターネット監視団体を装い、「Your internet access is going to get suspended」(あなたのインターネット接続を停止します)という件名でユーザーに送りつけられる。

 本文は英語で、「あなたがインターネットで違法行為を行っていることが分かりました。あなたの過去6カ月の行動を記録したリポートを添付しました」などの内容が記され、添付のZIPファイルを開くよう仕向けている。

nisemessage.jpg 団体を名乗ってユーザーを騙すメール(Trend Microから)

 ZIPファイルの実態は悪質な実行可能形式のファイル。実行してしまうと、個人情報などを盗み出すトロイの木馬に感染し、オンラインバンキングのログイン情報などが盗まれる恐れがある。

 ネット監視団体を装ったスパムメールでマルウェアを配布する手口は過去にも出現したことがあり、このようなメールは受け取っても無視するよう、Trend Microはユーザーに忠告している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -