ニュース
» 2008年09月26日 15時16分 UPDATE

日本IBM、クレジットカード運用のセキュリティ基準を満たすUTM発売

日本IBMは、クレジットカード運用のセキュリティ基準「PCIDSS」に準拠したUTM新製品を発売した。

[ITmedia]

 日本IBMは9月26日、UTM(統合脅威管理)アプライアンスの新製品「IBM Proventia Network Multi-Function Security」を発売した。最小構成価格は19万9000円からとなる。

 新製品は、ファイアウォールおよびVPN、IPS(不正侵入防御)、ウイルス/スパム対策、Webフィルタリングの機能を1台の機器に集約した。企業外からの脅威からネットワークを保護する。

ibmutm.jpg IBM Proventia Network Multi-Function Security

 クレジットカード業界が世界規模で導入しているセキュリティ基準の「PCIDSS」にも対応。同基準で規定された12要件のうち、ネットワーク関連の10要件(データ保護を目的にファイアウォールを導入し、最適な設定を維持することなど)を満たしているとセキュリティ検査機関のNSS Labから認定を受けている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -