ニュース
» 2008年09月26日 17時30分 UPDATE

phpMyAdminにXSSの脆弱性

WebブラウザからMySQLを管理する「phpMyAdmin」にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が見つかった。

[ITmedia]

 データベースのMySQLをWebブラウザで管理するツール「phpMyAdmin」にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が見つかった。JPCERT コーディネーションセンターが9月26日、JVN(Japan Vulnerability Notes)に公表した。

 提供元のphpPgAdmin Teamによると、脆弱性はVersions 2.11.9.1以前に存在するが、この脆弱性の影響を受けるのはInternet Explorerを利用した場合に限られる。FirefoxおよびSafari、Google Chrome、Konquerorでは、影響を受けないことを確認しているという。

 phpPgAdmin Teamは脆弱性の影響度が深刻なレベルであるとして、ユーザーに脆弱性を修正したVersions 2.11.9.2へアップデートするよう呼び掛けている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

脆弱性 | XSS | ブラウザ | MySQL


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -