レビュー
» 2008年10月01日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:世界72カ国の拠点を一元管理し、プロジェクトの可視化に成功

総合人材サービス企業であるマンパワー社が、世界72カ国それぞれで変化するマーケット需要に応えつつ、グローバルなITガバナンスを成し遂げた秘訣とは何だったのか(提供:日本CA)。

[PR/ITmedia]

 企業規模が大きくなり組織・地域・文化が混在すると、局地的なルールが生まれ、企業としての統制は難しくなる。そうなると、それぞれの商圏に対する適応を促す半面、経営戦略の理解、業務遂行の課程、顧客からの信頼、従業員の生産性や満足度などにばらつきが生じる。マーケットのニーズに応えながら、全体としての効率性と企業競争力を向上するには秩序だった統制、すなわちガバナンスが欠かせない。

 IT分野でも同じだ。各部門や地域で個別ニーズに従ったシステム導入・運用が野放しになれば、全社としてのオペレーションの複雑化、投資・維持コストの増加を招き、企業戦略を実現するための柔軟性は奪われてしまう。

 では、それを打開するためのITガバナンス実践に必要な取り組みやプロセスとは? 「統治はグローバルに、運営はローカルに」という企業精神「The Manpower Way」で知られるマンパワー社に学ぶ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -