レビュー
» 2008年10月14日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:データベース移行のためのサービス停止から脱却する方法

高速レプリケーション技術を採用することで、サービス停止時間を最小限に抑えたデータベース移行を可能にするソリューションの仕組みを説明する(提供:クエスト・ソフトウェア)。

[PR/ITmedia]

 データベースの移行は非常に手間のかかる作業だ。データベースの移行に当たって、管理者は幾つかの問題に直面する。例えば、サービスを停止してでもリスクの低いパターンを選択すべきか? それとも、サービスを停止しないことを最優先にして複雑なパターンの移行を選択すべきかというトレードオフの問題がある。ただし今日のシステムでは、売上機会の損失を逃さないためにもサービス停止時間を極力短くするよう要求されることがほとんどだ。

 このホワイトペーパーでは、高速レプリケーション技術によりリスクを最小限に抑え、サービス停止時間を最小化するオラクルデータベース移行ソリューション「SharePlex for Oracle」を紹介する。リアルタイムなデータ複製を可能にすることで、従来の移行プロセスがどう変わるのかを図解する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -