ニュース
» 2008年10月16日 08時54分 公開

Oracleの四半期パッチ公開、36件の脆弱性を修正

Oracleがクリティカルパッチアップデート(CPU)を公開し、36件のセキュリティ問題に対処した。

[ITmedia]

 米Oracleは10月14日、四半期に1度のクリティカルパッチアップデート(CPU)を公開し、データベースなどの製品に存在する36件のセキュリティ問題に対処した。ユーザーに対し、できるだけ早期のパッチ適用を呼び掛けている。

 Database Suiteでは15件の脆弱性を修正した。このうち、1件はリモートで認証を経ずに悪用される可能性がある。そのほかの製品で修正された脆弱性は、Application Server Suite関連が6件、Applications Suiteが4件、PeopleSoft/JDEdwards Suiteが5件、BEA Products Suiteが6件となっている。

 次回のCPUは、2009年1月13日に公開する予定だ。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

脆弱性 | Oracle(オラクル) | パッチ | BEA


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -