ニュース
» 2008年10月24日 18時06分 UPDATE

ログロジック、統合ログ管理アプライアンス2製品を発売

中規模企業向けモデルとWindows環境向けモデルをそれぞれ発売した。

[ITmedia]

 ログロジックジャパンは10月24日、統合ログ管理アプライアンスの新製品「MX2010」と「LG400」を発売した。兼松エレクトロニクスが販売する。

 MX2010は、ログの収集と管理をするソフトウェアとログを保存する2テラバイトのストレージをセットにしたアプライアンス製品。最大1024種のログを収集、管理でき、1年分の生ログを保存できる。

 また、特定のログを収集した場合に管理者へ通知する機能では、128通りの内容を設定できる。リアルタイムに作成するレポート内容を最長90日間保存できるという。

MX2010.jpg MX2010

 LG400は、Windows 2000、Windows 2003 Server、Windows XP Professionalを搭載するサーバのログを収集する。対象サーバに収集専用ツールをインストールすることなく、最大500台からログを収集できる。収集ソフトウェアはオープンソースの「Lasso Software」をベースとしており、機能拡張のための開発キット(SDK)を併せて提供する。

 製品価格は、MX2010が900万円(税別)、LG400が360万円(同)となっている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ