ニュース
» 2008年11月18日 11時55分 UPDATE

PFU、不正PCの接続防止に特化したセキュリティツール

PFUは、企業で管理されていないPCの不正な接続を遮断する「iNetSec Patrol Cube」を発売する。

[ITmedia]

 PFUは11月18日、企業が管理していないPCの接続を検知、遮断するセキュリティ製品「iNetSec Patrol Cube」を11月28日に発売すると発表した。持ち込みPCなどの利用を防止する。

 iNetSec Patrol Cubeは、一定規模のネットワーク(セグメント)ごとに設置する監視センサー「iNetSec Patrol Cube V1.0 センサー」と集中管理ソフトウェア「同マネージャー」で構成される。

patrolcube.jpg iNetSec Patrol Cube V1.0 センサー

 監視センサーがセグメント内にあるPCやサーバ、プリンタなどのMACアドレス情報を収集し、管理ソフトウェアでMACアドレスとユーザー情報を管理する。センサーが許可されていない機器のMACアドレスを検知するとネットワーク接続を遮断する。

 導入時の負担を軽減するため、MACアドレスからネットワークに接続された機器を簡易判別する機能と、利用者がネットワーク接続を申請するためのフォーム画面機能も搭載。センサーを設置すると、「PC」「プリンタ」「その他(サーバやルータなど)」に分類し、管理者はその他の機器を確認して機器リストを作成する。また、PC利用者が申請フォームから接続を求めるようにすることで、管理者がネットワークに接続されるPCも把握できる。

 これにより、管理者がすべての機器のMACアドレスを調べて、機器の内容をリスト化する手間が軽減されるという。

 価格は、iNetSec Patrol Cube V1.0 センサーが18万円(税別)、同マネージャーが28万円(同)。マネージャー1製品で最大5万台の機器を監視できる。同社では2009年春をめどに検疫機能もサポートする計画で、サポート契約した導入企業では不正接続の防止だけでなく、管理している機器のセキュリティ検査も行えるようになる。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -