ニュース
» 2008年11月21日 08時00分 UPDATE

BusinessObjectsとも連携:SAPジャパン、マスターデータ管理ソフトの最新版を発表

「SAP NetWeaver Master Data Managementの最新版の提供を開始した。

[ITmedia]

 SAPジャパンは11月20日、企業内のすべてのマスタデータを統合できるソフトウェア「SAP NetWeaver Master Data Managementの最新版の提供を同日から開始したと発表した。

 提供するのは「SAP NetWeaver MDM 7.1」。1つのリポジトリで複数のマスターデータを管理できるため、サプライヤーや製品といった複数のマスターを関連づけて管理でき、参照データの重複を避けられる。複数の項目を組み合わせて1つのデータとして定義できる機能を追加した。ビジネスプロセス統合管理を実現する「SAP NetWeaver Process Integration」のアダプターを提供することで、SAPとSAP以外のシステムを密に連携できるようにした。

 BusinessObjectsのデータの品質向上ソフトウェア「BusinessObjects Data Quality XI」とも連携させ、マスターデータの品質を高め、複雑な分析を可能にする。

 同製品の提供により、SAPはSOA(サービス指向アーキテクチャ)によるシステム刷新、企業統合および取引先や顧客とのシステム連携などで複雑化したマスターデータの整理といった企業情報システムへのニーズに対応する。特に、レガシーシステムや各部門間で異なるソフトウェアを利用している企業でデータ統合が難しくなっており、そうした企業の問題を解決していくという。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -