ニュース
» 2008年11月26日 20時28分 UPDATE

デジタルサイネージ最前線:羽田空港、女子トイレに電子看板 「清潔で落ち着ける空間」を広告配信に

羽田空港は、同空港の女子トイレにデジタルサイネージを設置する。トイレの個室に設置するのは国内初といい、「清潔でリラックスできる空間に注目した新たな広告媒体」の事例としても注目を集めそうだ。

[ITmedia]
image

 羽田空港は12月1日より、女性用のトイレの個室にデジタルサイネージ(電子看板)を設置し、乗客に空港情報や広告を見せる取り組みを開始する。「トイレの個室を使ったデジタルサイネージは国内初」という。

 これは、デジタルサイネージに広告を配信する日本空港ビルデングのサービス「羽田空港レストルームチャンネル」を活用する。同サービスは、羽田空港の女性トイレの個室内に、7インチの液晶ディスプレイを設置し、広告映像を配信するもの。15秒のコマーシャル7枠と15秒の空港インフォメーション1枠を1つのコンテンツとして、繰り返し放映する。羽田空港の第1/第2ターミナルの女性用トイレ65カ所、合計355のブースにディスプレイを設置する。


image

 日本空港ビルデングは、清潔で利用者の多い空港のトイレが情報伝達に適切と判断。「リラックスできる空間に注目した新たな広告媒体」としてサービスの拡大を目指す。12月末までは、試験期間として広告を配信する。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -