ニュース
» 2008年12月03日 07時45分 公開

複数回線を一括管理:ソフトバンクモバイル、携帯電話の管理者機能に新プラン

ソフトバンクモバイルは、携帯電話のセキュリティ管理機能をセットにした料金プランを導入する。

[ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは12月2日、法人契約者向けに携帯電話の管理機能をセットにした新料金プランを2009年2月以降に導入すると発表した。端末の不正操作防止や紛失・盗難時におけるデータ保護に対応するという。

 導入するのは、複数端末のセキュリティ設定などを集中管理できる「法人基本パック」と、法人基本パックに情報漏えい防止機能を追加した「法人基本パックプラス」の2種類。法人基本パックは2009年2月2日、法人基本パックプラスは同年2月中旬以降にそれぞれ提供する。

 法人基本パックは同社の3G端末(iPhone 3G除く)で利用でき、電話帳データの共有や指定したURLだけに接続できるアクセス制御(3月以降に提供)、GPSを利用した所在把握機能などが利用できる。法人基本パックプラスは導入時期に発売予定の「830SH for Biz」で利用でき、メモリカードへのデータ書き込み禁止やPCメールの利用禁止など17種類のアプリケーションについて使用を制御できる。

 利用料金は、法人基本パックが1回線当たり月額498円、法人基本パックプラスが同698円となる。

法人基本パックの機能
機能名 概要 従来サービスからの変更点
共有電話帳 電話帳リストを社員の複数の端末で共有 拡張
安心遠隔ロック 遠隔操作により社員の端末をロック、データ削除(一部端末のみ) 拡張
位置ナビ一斉検索 端末を持つ社員の位置を一斉に検索 拡張
迷惑メールブロック 迷惑メール対策機能の自動設定 変更なし
紛失ケータイ捜索サービス お客さまセンターにておおよその位置を捜索 変更なし
留守番電話プラス 3分間までの伝言を最大30件、留守番電話サービスセンターで保管 変更なし
割込電話 通話中に新たにかかってきた別の電話を受けられる 変更なし
グループ電話 通話中に新たに別の人に電話をかけ、相手を切り替えながら最大6人まで同時通話可能 変更なし
ウェブアクセス指定 指定したURLだけにアクセスできるように一括して設定 新規

法人基本パックプラスで制限できる項目

カメラ、赤外線通信、メモリカード書き込み、USB、メール(S!メール、SMS、PCメール)、メールへのファイル添付、音声発信、TVコール発信、USIMカードへのデータ書き込み、ブラウザ(Yahoo!ケータイ、PCサイトブラウザ)、着デコ/S!ともだち状況/S!一斉トーク、S!アプリ、ストリーミング通信、Flash


過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -