ニュース
» 2008年12月04日 09時22分 UPDATE

2件の脆弱性に対処:VMwareがアップデートを公開

VMware Hosted製品の更新版とESX/ESXiの脆弱性修正パッチが公開された。

[ITmedia]

 VMWareは12月2日、VMware Hosted製品の更新版とESX/ESXiの脆弱性修正パッチを公開し、2件のセキュリティ問題に対処した。

 VMwareのアドバイザリーによると、対象製品はVMware Workstation 6.0.5/5.5.8、VMware Player 2.0.5/1.0.8、VMware Server 1.0.9までの各バージョンと、ESXi 3.5、ESX 3.5/3.0.3/3.0.2。

 脆弱性のうち1件では、ゲストOSから仮想ハードウェアに不正リクエストを送ることにより、メモリ破壊が引き起こされる可能性がある。もう1件の脆弱性は、Service Console用のbzip2パッケージに存在し、libbz2ライブラリにリンクされたアプリケーションが不正アーカイブを解凍する際にクラッシュする恐れがある。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

VMware | 脆弱性 | パッチ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -