レビュー
» 2008年12月10日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:仮想化テクノロジーの導入でセキュリティが崩壊!?

仮想化の導入が進んでいるが、コスト削減や業務効率の向上にばかり気を取られていないだろうか? 仮想環境には多くのセキュリティの課題が潜んでいる(提供:マカフィー)。

[PR/ITmedia]

 企業において、仮想化テクノロジーの導入が急速に進んでいる。しかし、仮想化導入の際の設計要素がリスクをもたらし、企業を脅威にさらす可能性を高めてしまう場合がある。

 このホワイトペーパーでは、企業が仮想環境を導入する際に発生し得るセキュリティ上の問題と、そうした問題を回避するために既に実践されているベストプラクティスについて解説する。それとともに、マカフィーが2008年11月にリリースした業界初の仮想環境対応アンチウイルス製品や仮想環境に最適なスイート製品を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1100点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -