ニュース
» 2008年12月10日 14時56分 UPDATE

逆襲のMicrosoft:時代はオープンソースからリーンソフトウェアへ (1/2)

2009年のソフトウェア開発シーンを予測するForresterのアナリスト、ジョン・リマー氏は「MicrosoftはPaaSでIBMとOracleに打ち勝つ。Microsoftはクラウドベースのモデルの開発では、IBMやOracleよりアグレッシブだ」と話している。

[Darryl K. Taft,eWEEK]
eWEEK

 リーンソフトウェアとは、よりシンプルに、ムダを省いてソフトウェアを開発するアプローチのことだ。Forresterのアナリスト、ジョン・リマー氏は「アプリケーション開発産業が発展するためには、次の開発パラダイムとして、リーンソフトウェアにシフトしなければならない」と語る。リーンソフトウェアは、肥大化したベンダー、製品、アプリケーションを矯正し、不況対策としても有益だと同氏は力説する。リマー氏はまた、Sun Microsystemsが生き残れないかもしれないなど、アプリケーション開発市場の今後について、いくつか興味深い予想を展開した。

 フロリダ州ハリウッド――ソフトウェア産業はオープンソースで大きく変貌したように、今後は可能な限りシンプルさを求め、複雑さを避ける新しいパラダイム、「リーンソフトウェア」へシフトしていく必要がある。そう語るのは、Forresterのアナリスト、ジョン・リマー氏だ。

 「これはいずれ大きな流れになる。いま多くの個人が個別に行っているが、リーンソフトウェアは将来のトレンドになるだろう」。Spring開発者を集めた年次カンファレンス「SpringOne Americas」で、リマー氏はそう述べた。同氏のリーンソフトウェアに関するメッセージは、SpringOneに参加した聴衆には、とくに適切なものだった。なぜならSpring Frameworkこそ、リーンソフトウェアの典型的な例であるからだ。Springは、J2EE(Java 2 Platform, Enterprise Edition)とEJB(Enterprise JavaBeans)の“複雑さ”やヘビーさ”を撃退するために開発された。

 リマー氏は、リーンソフトウェアを次のように定義した。

 ――ソフトウェアを構築、配備、実行するための1つのアプローチであり、合理的、かつシンプル、とりわけ結果を早く出すことが重視される。リーンアプローチは、複雑さ、スタートアップの時間、リソースの利用を最小化し、アプリケーションのビジネス目的に本質的に必要のない機能、手法を排除する。大規模なシステムでより多くの機能が必要な場合、開発者はリーンソフトウェアのコンポーネントを組み合わせることができる。

 リマー氏はまた、リーンソフトウェアに関する7つの基本原則をリストアップした。第1は、「目的に見合ったツールとプラットフォームを利用する」。第2は、「リーンおよびアジャイル開発プロセスを導入する」。第3は、「ツールやアプリケーションに対してコンポーネントをプラグ接続できるようにするため、各種の標準に準拠する」。第4は、「スキルを持った開発者を雇う」。第5は、「オープンソースを活用する」。第6は、「配備を最適化する」。そして第7は、「コンテキストはレンタルまたはアウトソースし、コアアプリケーションは所有する」

 リマー氏は開発者が直面するさまざまな苦痛について、リーンがそれらを取り除く“鎮痛剤”になるとしている。例えば、EJBコンテナはヘビーなコンフィギュレーションを要求するが、Springはその痛みを緩和してくれる。また、WS-SOAP(Simple Object Access Protocol)ベースの仕様は複雑だが、その問題にはREST(Representational State Transfer)が有効だ。リマー氏が挙げるもう1つの例は、Java EEと.NET開発である。どちらもハードで楽しくない。それに対するリーンソフトウェアの回答は、Ruby、Perl、Pythonなどのダイナミック言語の利用だという。プロジェクトの期間が長くなり過ぎ、失敗に終わることが多いのも、開発者の苦痛の1つだ。それにはアジャイル開発手法が役立つ。「開発者とユーザーをつなぎ、素早く的を絞ることが可能になる」とリマー氏。

 さらにリマー氏は、ヘビーソリューションを柔軟に代替できるものとして、OSGi(Open Services Gateway Initiative)、SaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)、PaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)を挙げた。

 「これらは急速に進化しつつあり、ライトウエイトコンテナなどより重要だ」と同氏。

 ただし、「リーンがすべての問題を解決できる、と期待してはいけない」とリマー氏は警告する。「リーンソフトウェアは複雑さをシフトしても、完全に払拭するわけではないからだ。リーンは開発者を先導してくれるが、ほかの人々にもそれが有効であることを説得する必要がある」

       1|2 次のページへ

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -