レビュー
» 2008年12月26日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:次世代ネットワークに最適なOS「キャリアグレードLinux」とは?

通信業界で利用する高信頼性Linuxに求められる仕様要件「キャリアグレードLinux(CGL)」。CGL仕様書で要求される7つのカテゴリと、それに準拠したウインドリバーのソリューションを紹介する(提供:ウインドリバー)。

[PR/ITmedia]

 CGL仕様書に準拠するコマーシャルグレードのソリューションを提供しているウインドリバー。同社の包括的なCGLソリューション「Wind River Platform for Network Equipment」は、CGL4.0準拠として最初に登録されたLinuxディストリビューションで、現在ネットワークアプリケーション開発者に広く使用されている。高度なネットワークおよびセキュリティを備えたオープンソースパッケージのほか、CGL4.0仕様書の優先度の高い要件が多く含まれている。

 このホワイトペーパーでは、CGLの成熟化とオープンソースおよび市販品(COTS)ソリューションが、通信業界における戦略的優位性をどのように提供し、またいかにその利用が拡大しているかについて説明する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1100点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -