ニュース
» 2009年01月19日 16時01分 UPDATE

毎日実施:BBsec、システム機器の脆弱性診断サービスを開始

ブロードバンドセキュリティは、インターネット経由でシステムの脆弱性を診断するサービスを始めた。

[ITmedia]

 ブロードバンドセキュリティ(BBsec)は1月19日、インターネット経由でネットワーク機器やシステムの脆弱性を遠隔診断する「Cracker Guard」サービスを開始した。

 同サービスは、ルータやスイッチ、ファイアウォールなどのネットワーク機器と、Webやメール、データベースなどの各種サーバ、Webアプリケーションを対象に、1万5000以上の項目を用いて脆弱性を遠隔診断する。

 見つかった脆弱性は「低度」〜「緊急」の5段階で危険度を分類し、ユーザーはWebの管理画面でリアルタイムに状況と対処法を確認できる。診断情報は1年間保存でき、対策の進展状況などを比較したり、外部に提示したりすることに活用できるという。

 利用料金は、ベーシックスキャン(対象グローバルIPアドレスが5、ドメインURLが1の場合)で年間31万5000円から。同社では初年度200社の利用を見込む。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -