ニュース
» 2009年01月20日 05時01分 UPDATE

Sun、商用Webサーバをオープンソースとして公開

Sunは商用Webサーバソフトウェア「Sun Java System Web Server」をBSDライセンスの下で「Open Web Server」として公開した。ただし一部のコンポーネントは公開されていない。

[ITmedia]

 Sunは1月13日、同社が提供する商用Webサーバソフトウェア「Sun Java System Web Server」をオープンソースライセンスの下で「Open Web Server」として公開した。インストーラは用意されていないが、OpenSolarisのほか、Ubuntu、Fedora、openSUSE、Debianなどで動作する。

 Sun Java System Web Serverは、Netscape Communicationで開発された「Netscape Enterprise Server」の後継となる商用Webサーバソフトウェア。最新版はバージョン7.0で、JavaサーブレットやJSPの高速化やクラスタ型の構成をベースにしたセッションのレプリケーションとフェイルオーバー機能、楕円曲線暗号を使った公開鍵暗号のサポートなどを提供している。JavaアプリケーションサーバのGlassFishなどとも親和性が高い。

 Sunは2008年7月、オープンソースのWebアプリケーション基盤ソフトウエアスタック「Sun Web Stack」の無償提供に合わせ、Sun Java System Web Server 7.0とプロキシサーバ「Sun Java System Web Proxy」の中核コンポーネントをオープンソース化すると発表していた。

 今回BSDライセンスの下で提供されたものはSun Java System Web Serverのすべてではなく、Java関連の機能など特徴的な部分の多くは公開されていない。なお、オープンソース化されていない部分はこちらで確認できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ