ニュース
» 2009年02月05日 12時23分 UPDATE

米Red Hat、グリッドを正式サポートした「MRG 1.1」を発表

Red Hat Enterprise MRGの最新版がリリースされた。プレビューとして提供されていたグリッドに完全対応し、既存インフラを活用して高性能なグリッドを構築できる。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 米Red Hatは米国時間の2月4日、リアルタイム機能を統合したLinuxディストリビューションの最新版「Red Hat Enterprise MRG 1.1」を発表した。最新版ではメッセージ、リアルタイム、グリッドの3分野をそれぞれ強化した。

 MRGはRed Hatが2008年6月に発表した次世代ITインフラで、メッセージ(M)、リアルタイム(R)、グリッド(G)の3つを組み合わせ、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)向けに最適化したもの。性能、信頼性、相互運用性、速度を特徴とする。

 バージョン1で「Technology Preview」として提供されていたグリッドは、最新版では完全対応となった。ローカル/リモートグリッド、仮想マシン、アイドル状態のデスクトップワークステーションなどのリソースを取り扱うスケジューラ、クラウドインフラの動的プロビジョニングなどを利用して、既存インフラを活用して高性能グリッドを構築できる。米Amazonの「Amazon EC2」などのクラウド環境もサポートする。

 リアルタイム機能の性能を強化、メッセージでは、Infinibandをネイティブでサポート、RDMA(Remote Direct Memory Access)ドライバを組み込むことでレイテンシーを改善した。

 MRGはRHEL 5向けに最適化されているが、一部機能を除いてWindows、Solarisでも利用できる。

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -