ニュース
» 2009年02月16日 14時19分 UPDATE

「Chrome」Mac版、初のスクリーンショットが公開

Mac版Google ChromeのでWebサイトを表示したスクリーンショットが公開された。MacとLinux対応の開発状況の情報は、Browser Bootstrappingで入手できる。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 GoogleのWebブラウザ「Google Chrome」のMac対応版の開発作業を進めるGoogleの開発者マイク・ピンカートン氏が、初のスクリーンショットを公開した。Windows版が登場して約5カ月が経過するが、Mac版リリースはもう少し先になりそうだ。

tsg0216sf1.jpg ピンカートン氏が公開したMac版「Google Chrome」のスクリーンショット

 ピンカートン氏は2月12日、自身のブログで、レンダラプロセスでWebページをロードし、タブで表示することに成功したとして、Mac上で動くChromeでWebページを表示したスクリーンショットを公開した。だが、「クリック操作はできず、レンダラがクラッシュする」など、道のりは長いとしている。

 同氏によると、Mac対応チームは現在、レイアウトテストからWebKit互換性に作業を移行させ、対応作業を急ピッチで進めているという。Mac版では、Cocoaをフロントにしたクロスプラットフォームインフラを利用し、タブ内でレンダラを動かす。

 Googleは2008年9月にChromeのWindows版を公開したが、MacとLinuxへの対応はまだ実現していない。同社はChrominumでMacおよびLinux対応に関するドキュメンテーション「Browser Bootstrapping」を公開し、開発状況を報告している。それによると、2月中旬までに、マルチプロセスインフラを利用し、動作中のブラウザウィンドウでダブルクリック対応アプリケーションを動かすことを目標にするとしている。

関連キーワード

Mac | Google Chrome


Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ