ニュース
» 2009年02月19日 16時13分 UPDATE

情報漏えいを予防:クリアスウィフト、フリーメールの送受信を制御するセキュリティアプライアンス発売

クリアスウィフトは、Web/メールセキュリティアプライアンスの最新版を発売。フリーメールアドレスへの送受信を制限できる。

[ITmedia]

 クリアスウィフトは2月19日、セキュリティアプライアンス製品の最新版となるWeb向け「Clearswift Web Appliance 1.3」と電子メール向け「Clearswift Email Appliance2.7.6」を発売した。

 Clearswift Web Appliance 1.3では、就業時間帯に応じて従業員によるWeb利用を管理できる「タイムベースポリシー機能」を搭載。就業時間帯は全従業員のWebブラウジングを制限し、休憩時間帯に制御を緩やかにするなど、柔軟な運用ができるという。

 Clearswift Email Appliance2.7.6では、国内で使われるフリーメールアドレスサービスのリストを搭載し、フリーメールアドレスへの送信や受信を制限できる。プライベート用のフリーメールアドレスを利用した情報漏えいリスクを軽減する。

 このほか、Microsoft Office 2007やVisio、OpenOfficeなどのドキュメント形式にも対応した。

 50ユーザー環境での想定価格は、Clearswift Web Appliance 1.3が95万円から(税別)、Clearswift Email Appliance2.7.6が68万円から(同)となっている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ