ニュース
» 2009年02月23日 19時05分 UPDATE

Windowsケータイで:AXSEEDと三菱マテリアル、スマートフォンのセキュリティ管理機能で連携

AXSEEDのスマートフォン管理システム「SPPM」と三菱マテリアルのVPNソフトウェアが連携動作できるようになる。

[ITmedia]

 AXSEEDと三菱マテリアルは2月23日、スマートフォンのセキュリティ管理機能で連携すると発表した。VPN接続によるリモートアクセスを集中管理できる。

 2社では、AXEEDの企業向けスマートフォン管理システム「SPPM」と三菱マテリアルのVPNソフトウェア「L2Connect mobile」を連携させ、SPPMからL2Connect利用に必要なセキュリティポリシーの設定、管理をできるようにする。

 SPPMはMicrosoft Windows MobileなどのOSを搭載するスマートフォン端末を対象に、セキュリティーポリシーの設定や配布、管理を一元化できる管理者向けツール。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

あなたにオススメの記事

- PR -

新品より高品質な“中古機器”「第三者保守」のメリットと品質とは?

苦労した点は?実際に導入に携わった情シスに「リアル」な話を聞いてみた

現場の情シスはどう思うか? 生産性を高めるためのデバイス導入のポイント

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -