レビュー
» 2009年03月02日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:コードサイニング証明書 ホワイトペーパーVer1.0

当ホワイトペーパーは、電子署名技術の利用によりプログラムの開発元組織の実在性とコードの完全性を保証するコードサイニング証明書について解説している(提供:日本ベリサイン)。

[PR/ITmedia]

 インターネットから電子ファイルとしてプログラムをダウンロードする場合、そのプログラムの開発元や配布元がなりすまされていたり、プログラムが改造されたりするリスクがある。

 しかし、利用者側でそれらを検知するのは困難なため、利用者保護の観点から必要な対策がなされていないと、インターネットからプログラムをダウンロードすることを警戒することも想定される。

 コードサイニング証明書は、プログラムの開発元が組織の実在性とコードの安全性に関する情報をプログラムと一緒に利用者に提供することを実現する電子署名技術である。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -