ニュース
» 2009年03月03日 16時49分 UPDATE

サービス妨害などのリスク:ラックとネクストジェン、IP電話のセキュリティ診断サービスを開始

ラックとネクストジェンは、SIP/VoIPシステムに存在する脆弱性を診断するサービスを始めた。

[ITmedia]

 ラックとネクストジェンは3月3日、IP電話などで使われるSIP/VoIPシステムのセキュリティ診断サービスを始めた。

 同サービスはIP-PBXやSIPサーバ、IP電話端末などに存在する脆弱性の洗い出しと報告会の実施する企業向けのサービス。一般企業向けの「スタンダード」と通信事業者などを対象に細部まで診断を行う「アドバンスト」の2種類のメニューを用意する。

 大量の発呼や不正なメッセージの送信など、システム停止につながるDoS攻撃の脆弱性を診断するものや、TCP/UDPポートスキャンとICMPのリクエスト/レスポンスでの模擬攻撃を実施するもの、報告会を複数実施するオプションも用意する。

 利用料金は、スタンダードでのサーバ診断が127万5000円から、端末の診断が153万円から。アドバンストのサーバ診断が280万5000円から、端末の診断が369万8000円からとなる。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

診断 | 脆弱性 | SIP | IP電話 | VoIP


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -