ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「診断」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「診断」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

医療機器ニュース:
尿や血液から新型コロナウイルス重症化を予測する技術の開発
島津製作所、熊本大学、アイスティサイエンスは、修飾核酸測定を応用した新型コロナウイルス感染症の診断法を開発し、島津製作所は分析や前処理の条件を最適化した情報であるメソッドパッケージを開発した。(2021/4/9)

医療技術ニュース:
潰瘍性大腸炎の自己抗体を発見、診断に有効な測定検査キット開発へ
京都大学は、指定難病の潰瘍性大腸炎において、大腸粘膜にあるタンパク質を標的とする自己抗体を発見した。この抗体の測定が潰瘍性大腸炎の確定診断に有用となるため、企業と連携して測定検査キットの開発を進めている。(2021/3/30)

ドコモが「スマホ診断online」をリニューアル 診断項目の増加でショップと同水準に
NTTドコモは、スマートフォンやタブレットの故障診断ができるアプリ「スマホ診断online」をリニューアル。診断項目を従来の17項目から37項目に増やし、ドコモショップの故障診断ツールと同水準で診断可能となる。(2021/3/26)

FAニュース:
センサー劣化診断とログ機能追加のジルコニア式酸素濃度計/高温湿度計変換器
横河電機は、ジルコニア式酸素濃度計/高温湿度計変換器「ZR802G」を発表した。従来製品「ZR402G」が持つ優れた操作性や高い信頼性を継承しつつ、センサーの劣化診断機能とデータログ機能を追加しており、3種の通信規格に準拠する。(2021/3/25)

医療機器ニュース:
次世代の精密診断を支援する診断データプラットフォームをグローバル展開
コニカミノルタの米子会社Konica Minolta Precision Medicineは、Amazon Web Servicesと連携して、精密診断プラットフォーム「LATTICE」をグローバル展開する。(2021/3/24)

FAニュース:
オンライン異常予兆検知システムのスターターパック付きライセンス販売
アズビルは、オンライン異常予兆検知システムのスターターパック付きライセンス「BiG EYES EM」の販売を開始した。AI診断やリモート予知保全の活用、導入から運用までのサポートを通じ製造機械メーカーのDXを推進する。(2021/3/23)

ななめ45°岡安、下咽頭がんは「消えた」と報告 今後は月一の定期検診に
「リンパ節には小さく残ってる」との診断も、現状は経過観察に。(2021/3/22)

ホテルの一室で優雅に「パーソナルカラー診断」を受けられるプラン 大阪マリオット都ホテルが販売開始
コーディネートのアドバイスも聞けます。(2021/3/15)

Microsoft Focus:
離島の患者を「ホログラム」で診察 MSと長崎県の遠隔医療システムは未来の医療をどう変える?
高齢化や医療の過疎化が進むへき地や離島に専門医療を提供する――。MicrosoftのクラウドやAI、MRの最新技術を使った遠隔医療の取り組みが、離島の多い長崎県で進んでいる。高精細な映像を使ってリウマチ患者を診断でき、医師も患者も長距離を移動せずに済む。日本マイクロソフトの幹部が「世界初では」と語る取り組みは、遠隔医療をどう変えるというのか。(2021/3/15)

4K/8K映像の伝送などに最適:
PALTEK、高性能FPGAコンピュータを発売
PALTEKは、高性能FPGAコンピュータ「HPFC」をベクトロジーと共同で開発し、販売を始める。4K/8K映像の伝送やリモート制御、医療画像診断、ロボット制御などの用途に向ける。(2021/3/8)

6つの評価軸でB2Bサイトを診断:
「Webサイトのデジタルマーケティング実力評価診断」 エクスペリエンスとNexalがサービス開発
エクスペリエンスとNexalがそれぞれに長年手掛けてきたコンサルティングの知見を生かし、デジタルマーケティングの根幹となる「B2B商品サイト・ソリューションサイト」の実力を診断する。(2021/3/3)

医療技術ニュース:
不安定なIgM抗体の機能を維持したまま精製する簡便な手法を確立
産業技術総合研究所は、多孔質セラミックス粒子を用いて、構造的に不安定なIgM抗体の機能を損なうことなく精製する手法を確立した。IgMを活用した抗体医薬品や感染症の診断薬などの開発が期待される。(2021/3/2)

「お酒飲んだら死ぬよ」 健康診断で肝臓の数値が“どエライ事”に 太り気味の人は要注意な「脂肪肝」との戦いを描いた漫画に反響
好きなものを食べられなくなってからでは遅い。(2021/2/22)

設備業ITフェア ONLINE 2021:
施工図の設備異常を診断しRevitファイルの読み込みと書き出しが可能な建築設備専用CAD
富士通四国インフォテックは、施工図における設備の異状を診断する機能とRevitファイルの読み込みと書き出しが行える機能を備えた建築設備専用CADソフト「CADEWA Smart V2.0」を開発した。(2021/2/16)

医療技術ニュース:
呼気を用いて体脂肪の燃焼をモニタリングする簡易な方法を開発
東北大学は、簡易な装置を用いて、脂肪が燃焼する際に発生する呼気中のアセトンガスを精密に測定し、運動後の脂肪燃焼の様子をモニタリングすることに成功した。脂質代謝メカニズムの詳細な解明や糖尿病の無侵襲診断への応用が期待される。(2021/2/16)

医療機器ニュース:
AIを活用した画像解析ソフトウェアの機能を強化
シーメンスヘルスケアは、画像解析ソフトウェア「AI-Rad Companion」に医療機器認証済みの3つの新シリーズを追加した。臓器画像の細分化や自動計測が可能で、診断に活用できる。また、胸部CT画像AI解析受託技術サービスに肺密度計測を追加した。(2021/2/10)

茨城県、4月から婚活支援にAIを導入 診断テストの結果から相性が良い相手を紹介
茨城県は4月からAIを活用した婚活支援に乗り出す。婚活アプリなどを手掛けるタメニー(東京都品川区)が自社の結婚支援システム「parms」(パームス)が同県の少子化対策事業に採用されたと発表した。(2021/2/8)

スマートファクトリー:
制御盤内に後付けで予兆保全、高調波センサーとAIを使った設備診断
パナソニック インダストリアルソリューションズ社(以下、パナソニック)は2021年2月8日、高調波センサーとAI(人工知能)の組み合わせによる「AI設備診断サービス」の提供を同年4月に開始すると発表した。工場などの制御盤内にセンサーを後付けで設置するだけで設備の「いつもと違う」を把握し予兆保全を実現できる。(2021/2/8)

検診車で「画像診断」「トリアージ」「詳細分析」を実施:
医療診断機会の少ない地域でもAI画像診断を実現 NTTデータがインドで結核診断へのアクセスを支援
NTTデータは、Microsoftと連携し、インドの医療診断機会が乏しい地域で結核診断を受診できるようにする。AI画像診断技術を適用した検診車と「Microsoft Azure」を活用して、インドのチェンナイの住民に対して結核診断を提供する。(2021/2/2)

三井住友銀行などのソースコードが流出 “年収診断”したさにGitHubに公開か【追記あり】
三井住友銀行(SMBC)が同行のシステムのソースコードが外部のWebサイト上に無断で公開されていたと明らかに。顧客情報の流出やセキュリティに影響はないとしている。(2021/1/29)

人工知能ニュース:
オリンパスが大腸内視鏡AIソフトを拡充、浸潤がんや潰瘍性大腸炎を高精度に診断
オリンパスは、大腸の超拡大内視鏡画像をAIで解析し医師の診断を補助するソフトウェア「EndoBRAINシリーズ」において、腫瘍や浸潤がんを高精度に判別する「EndoBRAIN-Plus」と、潰瘍性大腸炎の炎症状態を高精度に評価する「EndoBRAIN-UC」を追加し、同年2月5日に国内発売すると発表した。(2021/1/28)

企業のテレワーク環境を5段階評価 日本ユニシス子会社が無料診断
日本ユニシス子会社のユニアデックスが、企業のテレワーク環境を無料で診断し、5段階で評価するサービスを始めた。(2021/1/20)

医療機器ニュース:
超音波内視鏡システムの長期協業契約に合意
日立製作所とオリンパスは、超音波内視鏡システムに関する長期協業契約に合意した。超音波内視鏡システムを共同で開発するほか、超音波診断装置や関連製品を日立製作所が今後5年間継続して供給する。(2021/1/20)

第4回インフラメンテナンス大賞:
時速100kmで覆工コンクリートの変状を検出するシステムが国交大臣賞
国土交通省らは、第4回インフラメンテナンス大賞の表彰式を開催し、応募総数288件の中から、計35件の受賞事例を発表した。今回は、時速100キロでも覆工コンクリートの変状を高解像度で検出するシステムが国土交通大臣賞を受賞し、AIを活用した「送電鉄塔の腐食劣化度診断システム」が経済産業大臣賞に入賞するなど、受賞事例は多岐に及んだ。(2021/1/13)

FAニュース:
製造業向けIoTサービスに、予兆検知のニーズが高いボールねじを追加
THKは、製造業向けのIoTサービス「OMNIedge」の第2弾として、ボールねじを追加した。装置に取り付けたセンサーからデータを収集して可視化し、状態診断や予兆検知につなげる同サービスは、装置保全作業の効率化にも活用できる。(2020/12/16)

NVIDIAが新しい手法を開発:
限られた画像で学習可能に、希少疾患のAI診断に期待
NVIDIAのAI(人工知能)研究チームは機械学習分野の最高峰の国際会議である「NeurIPS(Neural Information Processing Systems)2020」(2020年12月6〜12日にオンライン開催)で、1500枚の画像でトレーニングした敵対的生成ネットワーク(GAN:Generative Adversarial Network)を使用して、高品質な合成画像を作成する新たな手法を発表した。(2020/12/14)

医療技術ニュース:
新型コロナウイルスに対する安価、短時間、高感度の抗原検査法を開発
JNCと東京農工大学は、熱応答性磁性ナノ粒子と抗原認識試薬を活用した、迅速かつ高感度の免疫診断技術「AptIa法」を共同開発し、新型コロナウイルスの検出に成功した。(2020/12/14)

サイバーセキュリティ企業FireEye、“国家による”攻撃で診断ツールを盗まれたと発表
サイバーセキュリティ大手のFireEyeが、高度なサイバー攻撃を受け、攻撃診断ツール「Red Team」を盗まれたと発表した。その洗練された手口から、背後に国家組織があると確信するとしている。顧客情報が盗まれたエビデンスは現時点ではない。(2020/12/9)

製造ITニュース:
プラントなどのバルブの健全性を診断するクラウドサービスを提供開始
アズビルは、プラントや工場で稼働するバルブの健全性の診断結果を可視化するクラウドサービス「Dx Valve Cloud Service」の提供を開始した。ユーザーは状態基準保全を考慮したメンテナンス計画を容易に立案できるようになる。(2020/12/9)

あなたは何駅? 私は大崎 「もしもあなたが駅だったら」がわかる診断テスト公開、山手線30駅からチョイス
電車でGOシリーズ最新作の発売にあわせてスクエニが公開。(2020/12/1)

【限界徹夜の体験談】「これが大人たちが作った会社なのか」 ブラック企業で約5カ月間、1日1〜2時間睡眠の生活をしていた人のお話
精神的に追い込まれて眠れなくなり、病院では双極性障害と診断されたそうです。(2021/2/22)

FAニュース:
突発停止を予防、モーターの電流信号から異常を自動検知するコントローラー
三菱電機は「三菱モータ診断機能付マルチモータコントローラ」を発表した。モーターの電流信号から機械系や電気系の異常を自動検知し、突然の設備停止を防ぐ。(2020/11/18)

組み込み開発ニュース:
医療機器で存在感高めるザイリンクス、オリンパスや「da Vinci」も採用
ザイリンクスは、医療機器分野における同社製品の採用状況について説明した。画像診断機器におけるAIの採用が広がるとともに、従来スタンドアロンで用いられてきた医療機器がIoTとして通信接続されるようになることで、ArmのアプリケーションプロセッサとFPGAのファブリックを併せ持つ同社製品の採用が拡大しているという。(2020/11/13)

パトロール車両で手軽に道路劣化診断:
「ドライブレコーダーを付けて走るだけ」で路面劣化を診断するAIサービスをNECが提供開始
NECは、クラウド型道路劣化診断サービス「くるみえ for Cities」の提供を開始する。ドライブレコーダーの映像と加速度センサーの情報から、路面のひび割れ状況や「平たん性」などをAIによって分析する。(2020/11/13)

FAニュース:
AI技術でエネルギーロスの要因診断を自動化する省エネ支援アプリケーション
三菱電機は、AIによる生産現場向け省エネ支援アプリケーション「省エネ分析・診断アプリケーション」を発売した。独自のAI技術「Maisart」により、エネルギーロスの要因診断を自動化し、効果的な省エネ対策を支援する。(2020/11/11)

日本MS、「リモートワーク診断」を提供 組織の課題を無料でチェック
日本マイクロソフトが、質問に答えると組織のリモートワーク体制の現状と課題を無料でチェックできるWebサイト「リモートワーク診断」の提供を始めた。(2020/11/5)

組織の“リモートワーク度”を測定 MSがオンライン診断ツールを無料公開
日本マイクロソフトは、32の設問に答えるだけで、リモートワークの現状を把握できるオンラインツール「リモートワーク診断」の無料提供を開始した。リモートワークの導入や実施に関する課題や阻害要因を整理できる。診断結果では、解決に向けたアドバイスや最適なリモートワークの提案なども行う。(2020/11/5)

医療機器ニュース:
高齢化社会における医療、介護リスクへの対応と課題解決に向け協業を開始
FRONTEOと日本マイクロソフトは、高齢化による医療、介護リスクへの対応と課題解決につながるソリューションの提供に向け、協業を開始した。第1弾として、認知症診断支援AIシステムを開発する。(2020/11/4)

医療機器ニュース:
深層学習技術を用いたX線画像診断補助ツールを肺がん検診に導入
Preferred Networks、京都府、京都府医師会、NOBORIは、京都府で実施される肺がん検診で、深層学習技術を用いた胸部X線画像の診断補助ツールを試験導入し、医師の診断負荷および見落としリスクの低減効果について評価する。(2020/10/29)

健康診断で「D判定」、心臓に“余分な回路”が見つかって……!? だけど意外と大丈夫だった実録漫画
健康診断受けよう!(2020/10/29)

特選プレミアムコンテンツガイド
Google「乳がんAI検診」に異議を唱える研究者の言い分
Googleの医学研究機関「Google Health」は、AI技術を用いた乳がん画像診断システムが人の診断よりも高い精度を示したと発表した。研究者はこの成果と製品化を慎重視する。その理由は。(2020/10/29)

医療技術ニュース:
水晶体の混濁度や分光透過率を数秒で測定できるシステムを開発
九州大学は、光を目に入射した時に現れる第4プルキンエ像を利用して、4秒程度で水晶体の混濁度や分光透過率を安全、簡便に測定できるシステムを開発した。白内障の診断をはじめ、水晶体関連の研究に貢献することが期待される。(2020/10/28)

医療機器ニュース:
AIが生活習慣病の発症リスクを下げる生活習慣改善ソリューションを提案
東芝は、生活習慣病の発症リスクを低減する生活習慣改善ソリューションを提案するAIを開発した。同AIは、直近の健康診断結果を基に、5年先までの発症リスクを数値で提示し、リスクを低減するための生活習慣改善ソリューションを提案する。(2020/10/27)

医療機器ニュース:
AIによる診断支援アプリを搭載した内視鏡CADプラットフォームを発売
オリンパスは、大腸内視鏡用のAI診断支援アプリケーションを搭載した内視鏡CADプラットフォーム「ENDO-AID」を発売すると発表した。ポリープやがんなどの病変になり得る箇所を自動で検出し、内視鏡検査の品質向上に寄与する。(2020/10/26)

CAEニュース:
屋内の飛沫拡散状況を診断できる「飛沫可視化サービス」
エコ革 京都テクノロジー事業部は、新型コロナウイルスの飛沫シミュレーションが可能な「飛沫可視化システム」を開発した。同システムを用いて、屋内の飛沫拡散状況を診断する「飛沫可視化サービス」を開始する。(2020/10/23)

日本マイクロソフトがFRONTEOと協業 “認知症診断AI”の基盤にAzure提供
日本マイクロソフトがFRONTEOと医療向けITの分野で協業。医療機関の負担増を防ぐソリューションなどを共同開発する。FRONTEOが共和薬品工業と組んで進めている、AIを活用した認知症の診断支援システムの開発にも協力する。(2020/10/21)

攻撃者視点でサプライチェーンリスクを診断 ラックが評価サービスを提供
ラックは、「サプライチェーンリスク評価サービス」の提供を開始した。海外子会社や業務委託先などのサプライチェーンに向けたサイバー攻撃の増加を受け、サプライチェーン全体のセキュリティ状況を把握してリスクを見える化する。(2020/10/19)

製品動向:
設計事務所が事業性に基づいた「土地の価値」を診断する無料サービス開始
一級建築士事務所studio dodiciは、土地の本当の価値を診断する無料サービスを提供開始する。駐車場や中古ビルなどの土地の最大の価値を知りたい地主を対象とした無料診査や建築企画を行う。(2020/10/19)

マネーフォワード、「お金の健康診断」を提供する400Fと資本業務提携
マネーフォワードは10月15日、同社が運営する「マネーフォワードファンド」を通じて、「お金の健康診断」を運営する400Fに出資、業務提携を行ったと発表した。(2020/10/15)

「お酒は1日2杯まで」「夜遅くの食事は週3回まで」 東芝、生活習慣の改善策を助言するAI開発
東芝が、健康診断結果などを解析して生活習慣の改善策をアドバイスするAIを開発した。分析結果をもとに具体的な行動内容を提案し、生活習慣病の発生リスクを減らす手助けをする。(2020/10/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。