ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「診断」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「診断」に関する情報が集まったページです。

FAニュース:
インフラ設備やシステムを遠隔で管理、監視するIoTコントローラーを開発
明電舎は、インフラ設備やシステムを遠隔から管理、監視できるIoTコントローラーを開発した。インフラ設備のセンシングデータの収集や解析制御などに対応し、リモート予兆診断などでインフラ設備管理の省力化を支援する。(2021/9/24)

Windows 11にアップグレードできるか診断 Microsoftが「PC正常性チェック」の一般公開を再開
手持ちのPCにおいて「Windows 11」が稼働するか確認するためのアプリの一般公開が再開された。日本語の表記がおおむね正しくなった他、要件を満たさない部分がハッキリと表示されるようになっている。(2021/9/21)

医療機器ニュース:
磁気粒子イメージングの臨床応用に向けて、新しい画像診断技術を開発
横浜国立大学とTDKは、高感度磁気センサーを活用した画像診断技術を開発した。腫瘍や血管に集積させた磁気粒子を検出して画像化する、磁気粒子イメージングという新しい画像診断手法に関わる技術だ。(2021/9/21)

ココリコ遠藤の次男、ぐったりして“軽い脱水症状”と診断 元気ない姿に妻は「涙が出そうになります」
早く良くなりますように……。【追記】(2021/9/15)

エハラマサヒロの0歳次男、41度超の高熱で入院 コロナ禍の一時受け入れ拒否に妻は「めちゃくちゃ怖かった」
診断結果は尿路感染症。(2021/9/14)

検査・維持管理:
アズビル、クラウド型バルブ解析診断サービスをティーエムエアーに提供
アズビルがティーエムエアー鹿島事業所の主要プラントである空気分離設備および関連設備に、クラウド型バルブ解析診断サービス「Dx Valve Cloud Service」を提供開始した。(2021/9/13)

「なんと腸が出ちまった」アイデンティティ田島、鼠径ヘルニアと診断 野沢雅子ものまねの負荷は“界王拳20倍ぐらい”
ものまねをしながら、日帰りで手術を受けることになったと説明。(2021/9/11)

ちょっとした設定ミスが不正アクセスのターゲットに:
PR:クラウドのセキュリティ診断で本番環境、開発環境の脆弱性を洗い出し、安全な活用を支援
テレワークの広がりとともに、場所を問わずに利用できるクラウドサービスの活用が一段と加速した。ただその際、ちょっとしたミスや油断で、本来公開すべきではない情報が公開され、不正アクセスを受けてしまう事件が増えている。これを防ぐには、専門的な知見やツールを生かした脆弱性診断が有効だ。(2021/9/9)

ピコテスラ級の検出感度:
高感度磁気センサーで新たな画像診断技術を確立
横浜国立大学とTDKは2021年9月6日、高感度磁気センサーを活用した画像診断技術を開発したと発表した。腫瘍や組織をより高感度で検出できる可能性がある。(2021/9/8)

看護師さんの優しい対応につい甘えちゃう……! 健康診断中に幼児退行しかける漫画に共感
心は子ども、肉体は年相応。(2021/9/6)

医療機器ニュース:
胃がんを対象としたAI病理診断支援ソフトウェアの汎用性を実証
オリンパスは、AI病理診断支援ソフトウェアの実用化に向けた共同研究を呉医療センター・中国がんセンターなど6施設と実施した。病理標本に対して感度100%、特異度50%以上の精度を達成し、胃がんを対象とした汎用性を実証した。(2021/9/2)

Windows 11は10月5日に提供開始、無償アップグレード対象PCの診断サービスも拡大へ
Microsoftは、「Windows 11」の提供を2021年10月5日に開始する。対象となるWindows 10が稼働するPCに対して、無償アップグレードを段階的に提供する。(2021/9/2)

体に合ったブラジャーをAI診断するWebアプリ 過去に着た下着から分析
下着メーカーのHEAVEN Japanが、体形に合ったブラジャーをAIで診断するWebアプリ「AIするブラ診断」を公開した。コロナ禍によりECサイトで下着を買う人が増えた結果「自分に適した製品が分からない」という相談が増えたことから開発したという。(2021/8/31)

医療技術ニュース:
新型コロナの簡易抗原診断の感度を10倍向上させる技術を開発
物質・材料研究機構は、新型コロナウイルスの抗原であるN-proteinを濃縮、精製することで、新型コロナウイルス感染症の簡易診断の感度を大幅に向上させる材料「Smart Cov」を開発した。(2021/8/30)

FAニュース:
工作機械内のエラーを可視化する診断ソフトウェアβ版のモニター募集
キャプテンインダストリーズは、現在開発中の工作機械内の機械、人的エラーを可視化する診断ソフトウェア「ディヴィーノ」のβ版モニター評価の募集を開始した。モニター期間は3週間ごとを予定している。(2021/8/26)

Microsoftのローコードアプリ開発ツールPower Appsポータルの設定ミスで約3800万件の個人情報漏えい
Microsoftのローコードアプリ開発スイート「Apower Apps」の「Power Appsポータル」で作成された47組織のアプリで、合計3800万件の個人情報がアクセス可能になっていたとUpGuardが報告した。脆弱性ではなく、初期設定のままツールを使うと公開する仕様になっていたため。Microsoftは初期設定を変更し、自己診断ツールを配布した。(2021/8/24)

医療技術ニュース:
将来の認知症発症リスクを高精度に予測するツールを開発
九州大学は「久山町研究」の追跡調査の成績を用いて、10年後の認知症発症リスクを予測するためのツールを開発した。健康診断で測定可能な因子と喫煙習慣や日中の活動量、生活習慣病などから、10年後の認知症発症確率を高い精度で予測できる。(2021/8/23)

太陽光:
8月の大雨で被災した太陽光発電、エネテクが無償診断サービスを提供
太陽光発電のO&Mサービス「ソラパト」を展開するエネテクが、今年8月の大雨で被災した太陽光発電所の無償診断を実施すると発表。同社とメンテナンス契約を結んでいない設備であっても、被害を受けた太陽光発電設備が安全に再稼働できるようサポートするとしている。(2021/8/20)

FAニュース:
産業用IoTプラットフォームに対応した軸受診断アプリケーションを開発
NTNは、産業用IoTプラットフォーム「Edgecross」に対応した軸受診断アプリケーションを開発し、無料体験版の提供を開始した。軸受近傍に設置された振動センサーのデータを収集し、軸受の異常を診断する。(2021/8/20)

同業種平均との比較などの機能を追加した正式版:
サイバーセキュリティの実践状況をセルフチェックできる診断ツールをIPAが公開
IPAのセキュリティセンターは、「サイバーセキュリティ経営可視化ツール」の正式版を公開した。β版に対して同業種平均との比較や対策が不十分な場合の参考情報の提示、回答のヒントといった機能を追加した。(2021/8/19)

IPA、企業のセキュリティ診断ツール無料公開 Webブラウザでセルフチェック
情報セキュリティ対策の実施状況を企業がセルフチェックできる「サイバーセキュリティ経営可視化ツール」をIPAが公開。(2021/8/18)

自社のサイバーセキュリティ実践状況を可視化するWebツール、IPAが無償公開
情報処理推進機構(IPA)は、企業向けにサイバーセキュリティの実践状況をセルフチェックできる「サイバーセキュリティ経営可視化ツール」を公開した。診断結果は、自組織のベンチマーク、業界平均や他組織との比較、推奨対策の検討などに活用できる。(2021/8/18)

「人の声も聞こえにくく」 GENKING、耳の異常でメニエール症または内リンパ水腫の診断 17歳には突発性難聴で後遺症も
現在も「セミが鳴くみたいな耳鳴り」があるといいます。(2021/8/10)

「リンパ節にしこりができ、色々調べてみたら…」 「激走戦隊カーレンジャー」本橋由香、原発不明癌を公表 現在は化学療法を受ける
5月に診断されたとのことです。(2021/8/7)

広田レオナ、2カ月苦悩した胸痛の原因判明し安堵 「そりゃ息も苦しいさ」
医師の診断前には「普通に呼吸出来る日はいつになるのだろう」。(2021/8/5)

企業のAIガバナンス習熟度を診断、PwCあらたが診断ツールを提供開始
AI原則について企業が現状を把握し、対応方針の検討材料にすることが目的。経済産業省の「AI原則実践のためのガバナンス・ガイドライン」を参考に作成した。(2021/8/3)

ドコモの「スマホ診断 onlineアプリ」が機能拡充 修理金額の目安や推奨手続きの案内が可能に
NTTドコモの故障診断アプリ「スマホ診断 online」に機能が追加される。アプリにおいて「dアカウント」でログインすると、修理代金の目安を調べられる他、ケータイ補償サービスを含む推奨される手続きを提案してもらえるようになった。(2021/7/29)

「正解率は94%」AIで膵臓がんの画像診断 久留米大など
久留米大学(福岡県久留米市)医学部を中心にした研究グループが、全国の医療機関の病理医やベンチャー企業「メドメイン」(福岡市)と共同で、診断が難しいとされる膵(すい)臓がんを判定する人工知能(AI)の開発に成功したと発表した。AIによる画像診断は胃がんや大腸がんで開発が進められているが、膵臓がんでは珍しいという。(2021/7/26)

“Twitterトレンドでありがちなこと”を描いたイラストに共感の声 「トレンド入りの理由を誰も知らない」「開いたら診断メーカー」
「何だこれ」と思って開いたら結局「何だったんこれ」で終わる。(2021/7/26)

子どもが「弱視」の診断を受けた体験談 「小さい子を持つ親に知ってほしい」と呼びかける漫画に反響
弱視は早期発見が重要。(2021/7/21)

電気自動車:
多種多様な駆動用バッテリーの残存価値を評価、日本総研が中国で実証へ
日本総合研究所は2021年7月15日、中国広東省において電気自動車(EV)の駆動用バッテリーの残存価値を診断する技術の試験を実施したと発表した。(2021/7/20)

STマイクロ L99VR01S、L99VR01J:
低ドロップアウトの車載用レギュレーター
STマイクロエレクトロニクスは、車載用低ドロップアウトのリニアボルテージレギュレーター「L99VR01S」「L99VR01J」を発表した。機能安全のための診断機能や8種の選択可能な出力電圧、高い熱性能を備える。(2021/7/20)

不正経費検知システム「Stena Expense」リリースキャンペーン実施 1年分の診断無料
AIを用いた自動不正ユーザ検知システム「Stena Expense」(ステナ エクスペンス)のリリースキャンペーン開始。1年分の経費不正利用と異常経費利用をまとめて検知する、健康診断プラン(通常10万円)が無料となる。(2021/7/7)

エイブリック S-19682、S-19683シリーズ:
接続診断向けの車載用ハイサイドスイッチ
エイブリックは、車載用カメラおよびアンテナ接続診断向けのハイサイドスイッチ「S-19682」「S-19683」シリーズの販売を開始した。電流モニター機能を有しており、ECU側でカメラやセンサー、アンテナの接続状態を診断できる。(2021/7/5)

マネフォ「保険の見直し」提供開始 家計データからライフネット生命、SBIいきいき少短を提案
マネーフォワードは7月1日、家計の見直しサービス「マネーフォワード固定費の見直し」において「保険の見直し」機能の提供を開始した。「マネーフォワード ME」のデータをもとに個人の資産や家計状況に合わせた必要保障額を把握できる独自の診断ツールの提供も始める。(2021/7/2)

「占い」と「テクノロジー」を融合した「NAKED URANAI」開催 自分の診断結果によってアートが変化する体験型展示
写真や動画を撮るのも楽しそう。(2021/6/28)

マルハニチロが「誕生魚」を占ってくれる診断コンテンツ公開 一時サイトに繋がりにくくなる人気に
あなたの誕生魚は?(2021/6/25)

医療機器ニュース:
新型コロナウイルス肺炎の画像診断を支援するソフトウェアを発売
富士フイルムは、AIを活用した新型コロナウイルス肺炎の診断支援ソフトウェア「COVID-19肺炎画像解析プログラム」を開発した。胸部CT画像を自動解析し、新型コロナウイルス肺炎に特徴的な画像所見が含まれる可能性を3段階で表示する。(2021/6/25)

「正直泣きたくなるくらい不安」柏木由紀、入院手術とリハビリに専念 YouTubeとSNSを更新休止に
「脊髄空洞症」と診断。(2021/6/22)

医療技術ニュース:
世界初の大規模国際共同研究で微小血管狭心症の実態を解明
東北大学を含む国際研究グループは、国際診断基準により微小血管狭心症と診断された世界7カ国の患者について、世界初となる前向きの国際共同登録研究を実施し、臨床的特徴や危険因子、長期予後などを明らかにした。(2021/6/15)

外出自粛で健康診断が“見たことのない数字”に 自宅最高と思っていたらヤバいことになった実録漫画が人ごとじゃない
外出によって保たれていた健康。(2021/6/14)

医療機器ニュース:
完全ワイヤレスのポケットサイズ超音波診断装置を発表
GEヘルスケア・ジャパンは、ポケットサイズ超音波診断装置「Vscan」シリーズの最新モデル「Vscan Air」を発表した。画質が大幅に向上したほか、本体機能とプローブが一体化した完全ワイヤレス方式で、自由度や操作性に優れる。(2021/6/10)

元「ZOC」香椎かてぃ、重度のうつ病と診断され「何故かほっとした」 ステージ復帰へ向け「メンタルも実力もあげてく!」
前向きな言葉で報告しています。(2021/6/7)

柏木由紀「とても痛い時と少し良くなる時を繰り返しています」 国指定の難病診断後の体調を明かす
薬の副作用で非常に強い眠気が生じているとのこと。(2021/6/5)

AI:
護岸の劣化をAIで自動判定するサービスに新機能、区間別の劣化を定量的に把握可能に
八千代エンジニヤリングは、コンクリート護岸の劣化をAIで自動判定するサービス「GoganGo」に捕修などの対策を判断するための「劣化診断・モニタリング機能」を追加した。今後、河川管理者と共同で新機能の有効性を検証し、河川維持管理業務の効率化を目指す。(2021/6/4)

全てに口出しされると実行しにくくなる:
「現実的に実行しやすい健康改善プラン」を提案するAIを開発 京都大学
京都大学大学院の奥野恭史教授らの研究グループは、健康診断結果に基づいて各個人に最適な健康改善プランを提案するAIを開発した。階層ベイズモデルと機械学習モデルを併用することで、実行しやすい健康改善プランの提案が可能になるという。(2021/6/1)

リトグリ芹奈、双極性障害とADHDを公表 診断名公開に闘病中のファン「勇気のいることなのにありがとう」
2020年12月から休養に入っていました。【訂正】(2021/5/31)

クラウドの設定ミス、気を付けても見落としがちな“あるポイント” セキュリティ診断会社に聞く
クラウドサービス、特にSaaSの設定ミスによって相次ぐ情報流出。こういった動向を受け、外部の診断サービスなどを使い、自社が利用しているクラウドサービスの設定を見直す企業が出ているかもしれない。そこで、実際に診断サービスを提供するラックに、企業の動向や見落としがちな設定を聞いた。(2021/5/31)

医療機器ニュース:
乳房全体の3D画像を作成できる、リング型超音波画像診断装置を発売
Lily MedTechは、乳房用のリング型超音波画像診断装置「COCOLY」の医療機器製造販売認証を取得し、国内販売を開始した。散乱像再構成技術「リングエコー撮像法」を活用し、自然な形に近い乳房全体の3D画像を作成できる。(2021/5/20)

医療機器ニュース:
微量血液から多項目のアレルギーを同時測定できる検査用バイオチップを開発
東レは、微量血液から複数のアレルゲン特異的IgE抗体を同時かつ高精度に測定できるアレルギー検査用バイオチップを開発した。早期の体外診断用医薬品の認証申請を目指す。(2021/5/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。