ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「診断」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「診断」に関する情報が集まったページです。

医療機器ニュース:
ボッシュが新型コロナの高速検査機、インフル含む呼吸器疾患も同時診断
Robert Bosch(ボッシュ)は2020年3月26日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)向けの高速検査機を発表した。(2020/3/30)

「背負うバリア」や国家レベルの色分け追跡システムなど:
新型コロナウイルスとの戦いで活躍する最新技術
新型コロナウイルス(COVID-19)が世界中で猛威を振るうなか、中国や米国では治療/診断支援および感染拡大を抑えるためにさまざまな最新技術の導入を進めている。今回、その一例を紹介する。(2020/3/27)

医療機器ニュース:
大腸がんの深達度を一般内視鏡画像のみでAI診断できる検出支援システム
モルフォは、千葉大学や千葉県がんセンターとの共同プロジェクトにおいて、大腸がんの深達度を一般の内視鏡画像のみでAI診断できる、高精度な検出支援システムを構築した。(2020/3/24)

AWS、新型コロナ診断法開発支援で2000万ドル(約22億円)のイニシアチブ立ち上げ
Amazon.com傘下のAWSが、新型コロナウイルスの診断ソリューション開発支援に2000万ドルを投じ、イニシアチブを立ち上げた。24時間以内に診断可能なシステムを目指す。参加者はAWSのインフラだけでなく、専門家の支援も受けられる。(2020/3/21)

医療機器ニュース:
画質、機能、経済性を兼ね備える、開業医向けの超音波診断装置を発売
GEヘルスケア・ジャパンは、高画像、高画質、経済性を兼ね備えた汎用超音波画像診断装置「Versana Balance」を発売した。同時4音受信技術を活用し、従来の同クラスのエコー装置に比べて高フレームレートを可能にした。(2020/3/17)

パーソナルカラー診断で、似合う色だけじゃなく「質感」も分かるって知ってた? 好きな色を似合う色に変える「質感」の魔法を解説します
質感を知って、色とメイクをもっとたのしもう!(2020/3/16)

医療機器ニュース:
AIで大腸内視鏡画像を解析する、内視鏡画像診断支援ソフトウェアを発売
オリンパスは、大腸内視鏡画像をAIが解析し、内視鏡検査中にリアルタイムで病変が映っているかを推測する内視鏡画像診断支援ソフトウェア「EndoBRAIN-EYE」を2020年5月下旬に発売する。(2020/3/16)

蓄電・発電機器:
蓄電池の状態を非破壊で診断、凸版印刷らが診断サービス
凸版印刷とIntegral Geometry Scienceは、蓄電池画像診断システムの機器販売と蓄電池の受託検査サービスを2020年2月から開始した。蓄電池内部の電流密度分布状態を破壊せずに可視化できる。(2020/3/9)

島津製作所、新型コロナ検査キット開発へ 診断時間6分の1に 3月中の実用化目指す
島津製作所が新型コロナウイルスへの感染の有無を判定する検査キットの開発を始めた。従来の6分の1の時間で結果が分かり、コスト削減にもつながる。3月中の実用化を目指す。(2020/3/5)

AIで認知症診断を支援 医療現場での実用化に向け、FRONTEOと共和薬品が協業
医薬品販売の共和薬品工業とAIベンチャーのFRONTEOが、AIを活用した認知症診断支援システムの実用化に向けて協業すると発表。医療現場での早期実用化を目指す。(2020/3/2)

まふまふ、自宅で倒れファンに衝撃 そらる「回復して帰ってきたら温かく迎え入れてあげて」
心原性の失神と診断。精密検査と数日間の休養を経て活動を再開予定。(2020/2/18)

医療機器ニュース:
AIによる内視鏡診断支援ソフトウェアが医療機器の承認を取得
昭和大学、名古屋大学、サイバネットが共同開発したAI内視鏡画像診断支援ソフトウェア「EndoBRAIN-EYE」が、医療機器の承認を取得した。臨床性能試験を経て、医薬品医療機器等法に基づき、クラスII・管理医療機器として承認を得た。(2020/2/18)

高齢ドライバーらの事故防止へ:
運転技能を即時診断、オムロンらがシステム開発
オムロンのグループ会社と近畿大学は、ドライバー安全運転管理サービス「DriveKarte(ドライブカルテ)」を活用した、「リアルタイム運転技能診断システム」を開発した。(2020/2/18)

AIで先天性心疾患診断、専門医よりも正確 三重大研究チーム
三重大の研究チームは、AIで患者の胸部エックス線写真から先天性心疾患の重症度を判断する手法を開発した。専門医より高精度で判断でき、患者への負担を減らせるという。(2020/2/10)

医療機関はITをどう活用できるのか
画像診断に「機械学習」が役立つ理由 5分で見るべき画像数が250枚から20枚に
ある医療IT専門家は、音声認識と機械学習が医療業界に重要な影響を与える技術になると予測する。その理由とは。(2020/2/7)

AIが「眼底画像」を診断、眼科医向けの診断支援サービスが登場
自治医科大学発のAIベンチャーが、ディープラーニングを活用し、網膜の画像を診断するクラウドサービスを開始。眼科医の診断速度や精度を向上させる狙い。(2020/2/5)

農作物の病気診断向けに開発:
「判断の根拠」を示すAIを開発 農研機構
農研機構は、判断の根拠を示すAIを開発した。ジャガイモの葉の画像から95%以上の精度で病気を診断でき、病気の根拠となる画像部分を示すという。(2020/1/27)

aiboの健康診断サービス「aiboドック」始動 関節やバッテリーの状態などチェック
aiboの健康を守るサービス「aiboドック」が27日から提供。各パーツの破損や劣化などを専門家が確認する。(2020/1/23)

医療機器ニュース:
モバイル超音波画像診断装置を商品化、リニアプローブなど2種を発売
ソシオネクストは、モバイル超音波ソリューション「viewphii US」を医療用超音波画像診断装置として商品化した。その第1弾として、7.5MHzリニアプローブ「VP-US L75-01」と3.5MHzコンベックスプローブ「VP-US C35-01」を発売した。(2020/1/21)

前澤友作氏との“恋の相性”を診断できるWebサイト、AbemaTVが開設 「お見合い番組の出演を迷っている人はトライして」
ZOZO前社長の前澤友作氏との相性診断ができるWebサイトを、AbemaTVが公開。質問に10問回答すると、前澤氏との相性診断が表示される。「お見合いの参加を迷われている方はぜひ1度トライしてみてください」という。(2020/1/15)

プレミアムコンテンツ:
医療従事者と患者を支援する「人工知能」(AI)の6つの用途
医療現場で人工知能(AI)技術を活用すると、医療従事者の業務効率を改善し、患者に手厚いケアを提供できるようになる可能性がある。医用画像解析や診断支援など、AIが活躍する6つの用途を紹介する。(2020/1/10)

今の気分にピッタリな映画が分かるかも? 診断サービス「現実逃避映画診断」がオープン
フローチャート式診断を自作できるサービス「numaflow」の予告編としてリリース。(2019/12/29)

「ガンダム Gのレコンギスタ」主演の石井マークが活動休止と退所発表 「適応障害」と診断
ファンからは応援のメッセージが多数寄せられています。(2019/12/27)

医療機器ニュース:
ワイヤレスプローブ、超音波画像診断装置を発売
富士フイルムメディカルは、ワイヤレスプローブ、超音波画像診断装置「iViz air」を発売した。スマートフォン型の本体と、ワイヤレスのプローブで構成され、携帯性と高画質を両立している。(2019/12/27)

よくわかる人工知能の基礎知識:
私たちの命と健康はどう守られる? 医療界のAI活用例
医療業界における国内外のAI活用事例を紹介。予防、診断、アフターケアの3つに活用例を整理した。(2019/12/23)

エコー画像から乳がん判別 東北大、ディープラーニング活用の新システム 医師の勘と経験に頼らず診断
東北大が、乳房のエコー画像から乳がんを判別する新システムを開発したと発表。複数の画像を分析して腫瘤(しゅりゅう)を発見し、良性・悪性を識別する。乳がん診断の精度を高め、医師の負担軽減と患者の適切な治療につなげる狙い。(2019/12/20)

FAニュース:
ヤマザキマザック、IoTを活用したサービスに保守診断機能を追加
ヤマザキマザックは、コネクテッドサービス「Mazak iCONNECT」にファナックのロボット保守診断機能「ZDT」を追加した。Mazak iCONNECT利用者は、同社の工作機械や連結ロボットを含む生産システム全体の保守サービスが受けられるようになる。(2019/12/20)

防災:
内水氾濫の防止に効果を発揮する緑地や植栽などを評価する診断ツールを開発
東京都市大学環境学部 環境創生学科 准教授の横田樹広氏は、緑地や植栽による雨水の流出抑制効果を簡易診断・情報化する診断ツールを開発した。(2019/12/20)

製造マネジメントニュース:
日立が日立化成と画像診断事業を売却、MHPSの保有株式も三菱重工へ譲渡
日立製作所が日立化成と画像診断事業を売却する。三菱重工業との間で係争になっていた三菱日立パワーシステムズ(MHPS)の南アフリカプロジェクトに関する和解成立を受けて、日立が保有するMHPS株式を全て三菱重工に譲渡することも発表した。(2019/12/19)

合計320個の観点でチェック:
自社はどこまでDXが進んでいる? 日本CTO協会が自己診断ツール「DX Criteria」公開
日本CTO協会は、国内企業のDX推進に向けた基準「DX Criteria」第1弾を公開した。320個の観点から自社のDX進捗度を自己評価する。企業が現状を把握して、指針を立てたり、ベンチマークに設定した企業との違いを数値で把握したりできる。(2019/12/13)

医療技術ニュース:
分子ナノシステムを設計し、筋収縮時の分子の動きを捉えることに成功
理化学研究所は、筋収縮の最小機能単位であるサルコメア構造の一部を人工的に設計し、筋収縮の瞬間におけるモーター分子の動態を直接的に捉えることに成功した。肥大型心筋症の要因となるミオシン変異体を分子レベルで詳細に診断可能になる。(2019/12/12)

第3回橋梁・トンネル技術展:
加速度センサーを橋梁に貼り付けるだけの「たわみ常時監視」、IP67の防水/防塵対応
セイコーエプソンは、構造ヘルスモニタリングに最適な高耐久の加速度センサーを新開発した。社会インフラの老朽化や維持管理費の増大などといった社会課題の解決策として、センサーを用い構造物の健全性を診断する「構造ヘルスモニタリング」を訴求していく。(2019/12/11)

社会インフラテック2019:
ひびみっけに新機能、はく離や鉄筋露出、漏水などの自動検出も可能に
富士フイルムは、社会インフラ画像診断サービス「ひびみっけ」に新機能として、はく離や鉄筋露出、漏水などの損傷を自動検出する「多項目検出機能」を搭載する。(2019/12/10)

AIでMRI画像診断を支援 メッドサポートシステムズとNTTデータが実証実験開始
脳のMRI画像診断をAIで支援するエンジンとビュワーを開発し、これらの有用性を評価。2020年度内の商用提供を目指す。(2019/12/2)

ニャンちゅう役の声優・津久井教生、腫瘍の摘出手術を発表 診断では「たぶん良性」
ALSを公表し、闘病しながら仕事を続けています。(2019/12/1)

未だに「会うことしか考えていない」金融営業を変える お金のデザインが匿名でのお金の相談を始める理由
お金の情報を得るに当たって、現実と理想のギャップが最も大きいのは「特定の業界に属さない中立的な団体から」。つまり、中立的なアドバイスを得たいと思っているのに、実際は商品を販売している金融機関からの情報に頼っているのが現状だ。匿名のまま適切な専門家に相談できる「お金の健康診断」を強化し、日本資産運用基盤と組んで、専門家をサポートするプラットフォームも提供する。(2019/11/28)

スマートホーム:
最短15秒でエネルギー製品の導入効果を試算可能に、「エネがえる」の新バージョン
国際航業がスマートハウスや住宅用蓄電システムの販売支援ツール「エネがえる」のメジャーアップデート版(Ver.4)のβ版サービスを公開。無料プランの追加、診断速度の高速化などのアップデートが行われている。(2019/11/20)

増えるフリーランス人口:
フリーランスにも「所得補償」や「健康診断」を IT人材エージェント各社がサービスを充実
雇用制度の変容により、増加しているフリーランス人口。ランサーズの調査では、2015年から2018年にかけてフリーランス人口が22.6%増の1119万人まで増えている。一方で、フリーランスが困っているのが「収入」と「社会保障」だ。従来は案件の提供をメインに行っていたエージェントでも、こうした背景を受けて福利厚生を充実させつつある。(2019/11/11)

モト冬樹、“そっくり診断”で玉木宏似と判定されドヤ顔 なお妻の武東由美は光浦靖子似の判定
いろいろ何でやねん。(2019/11/8)

自然エネルギー:
地熱発電所のトラブルを事前に察知、予兆診断技術をインドネシアで実証
NEDOは、地熱エネルギーの高度利用化に向けた技術開発事業において、インドネシアで地熱発電所の利用率向上に向けた、IoT・AI技術を適用した地熱発電所のトラブル予兆診断技術の実証実験を開始した。(2019/11/6)

導入事例:
日本鋳鉄管とFracta、AIを用いた水道管路劣化診断を神戸市水道局と開始
日本鋳鉄管とFractaは、神戸市水道局とAI/機械学習を用いた水道管路劣化診断の試行に関する覚書を締結。水道管路の劣化状態を解析し、管路の破壊確率を可視化する取り組みを開始した。(2019/11/6)

渡辺直美、「SNOW」そっくり診断でなにかと“横澤夏子”になる現象に「Hollywoodも横澤」 本人は「なんですかこれ?!」と困惑
困ったら横澤さんにするのやめなさい。(2019/11/2)

ノンスタ井上、「SNOW」の“そっくり診断”で中村倫也と判定される事態 「アプリの誤作動だとしても、めちゃくちゃ嬉しい」
さすがに今回は謙虚な井上さん。(2019/11/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
髪の毛1本で病気を発見? 日本発「毛髪診断」が秘める可能性
健康診断には痛みや不快感が伴うことも少なくないが、その概念を変えるかもしれないプロジェクトが日本で進んでいる。「毛髪」の細胞から入手する健康データを分析する取り組みだ。私たちもこの研究に参加できる。日本発の技術が世界を驚かせるかもしれない。(2019/10/10)

ドローン:
日立システムズ、空撮から簡単操作で3次元モデル生成のクラウドサービス
日立システムズは、小規模な構造物をドローンで空撮した写真を素材に、「3次元モデルの生成」「診断」「劣化箇所管理」などをユーザー自身によるボタン操作で行えるクラウドサービスの提供を開始した。価格体系も従来の定額制から従量制となり、利用状況に応じたスモールスタートが可能となる。(2019/10/7)

ビルシステムのセキュリティ:
経産省ガイドラインに準じ、内外部からのサイバー攻撃に対応した三菱電機の「OTGUARD」
三菱電機は、ビルシステム向けのサイバーセキュリティソリューションの提供を開始した。経産省が2019年6月に策定したビルシステムに関するサイバーセキュリティのガイドラインにも準じ、外部からだけでなく、過失や故意による内部脅威も含めたサイバー攻撃の防御策として有効で、システムの脆弱性診断から改善提案までをワンストップでサポートする。(2019/10/4)

ドローン:
自動航行ドローンの外壁点検/劣化診断で業務提携、センシンロボティクスとベイシス
センシンロボティクスは、外壁などの点検業務を自動航行ドローンによって行うサービスをベイシスと共同提供する。可視光・赤外線カメラを搭載したドローンを活用することで、点検作業の安全と効率化を実現し、現場技術者の高齢化や担い手不足に対応したい考えだ。(2019/9/30)

精度向上だけでなく担当医の負荷も軽減:
米国人患者データで学習済みAI、日本人患者でも高い検出精度 宮崎大学とNTTデータ
宮崎大学とNTTデータは、米国人患者のデータを学習させたAIが、日本人患者に適用可能であることを実証実験で確認した。特に腎ガンについては、高い診断性能が確認できたとしている。(2019/9/30)

医療技術ニュース:
細胞が移動する方向を予測するAIを開発、がんの予後診断に期待
慶應義塾大学は、現在の細胞の画像から、細胞がどの方向に移動するかを予測できるAIを開発した。がんの予後診断など、未来の予測が強く要求される医療分野への応用が期待される。(2019/9/27)

なぜ、セキュリティを意識したサイトでも「認証に不安が残る」のか
セキュアスカイ・テクノロジーが、Webサービスの認証を取り巻く「攻撃」と、それに付け入れられる隙となる「脆弱性」の実態を紹介するセミナーを開催。積極的に脆弱性診断を受けるほどセキュリティに気を配っているサイトでも、不備が多々見つかったという。(2019/9/27)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。