ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ホルモンバランス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ホルモンバランス」に関する情報が集まったページです。

「東京独身男子」7話のアラフォー男性の苦闘を読み解く AK男子とは“結婚や幸せ”の固定観念に縛られた最後の世代なのか
高橋一生の部屋はアラフォー男性の頭の中そのものだった。(2019/6/8)

1話切りした人にこそ伝えたい 「東京独身男子」があたたかく描く“今を生きる男性の悩み”
コメディータッチだけど、扱っているテーマは深い。(2019/6/1)

「東京独身男子」パンツ丸見えで廊下に投げ出される高橋一生に、「シン・ゴジラ」安田を見た 制作陣の“役と俳優への愛情”
「最初は良い人そう。結婚したら豹変、第二形態、第三形態って変わっていく」ゴジラ女子に要注意、だそうです。(2019/5/18)

【マンガ】上司「よくあることだから気にせず働いてね」 適応障害と診断された母親を休ませてくれなかった会社の話
ひどいっ。(2019/5/15)

「お前は2番目の女」宣言で高橋一生の株下がりまくりの「東京独身男子」3話 エロスを失い信頼を得たのは斎藤工
自分を好いている女性に「2番目の女」とバカ正直に宣言した高橋一生!(2019/5/11)

「東京独身男子」高橋一生が気付く2話 「何を考えているかわからない相手は、自分のことを好きじゃないだけ」
気持ちが見えない元恋人に悶々とする高橋一生「でも、そこが好き!」って、あんたアホ女子か。【訂正】(2019/4/27)

「泣いてる時間を努力に変えよう」:
余命1年を宣告され単身渡米 がんを乗り越え「2度の世界女王」に輝いたバックギャモン選手
世界の競技人口3億人ともいわれている人気ゲーム「バックギャモン」で2度の世界チャンピオンに輝いた矢澤亜希子さん(38歳)。子宮体がんで余命1年と宣告されてから「世界」を獲るまでのサクセスストーリー。(2019/1/28)

守れる命を守るため:
ホリエモンが政治家に頭を下げてまで「子宮頸がんワクチン」を推進する理由
ホリエモンはなぜ「子宮頸がんワクチン」を推進しているのだろうか。その裏には、政治に翻弄された「守れるはずの命」があった。(2019/1/18)

なぜミクシィがジムをやるのか:
ミクシィが手掛ける「トレーニングジム」、19年1月開業へ 競合とどう戦う?
ミクシィ子会社のスマートヘルスが、2019年1月23日に、女性専用トレーニングジム「ココサイズ」を開業する。健康状態を向上する「コンディショニング」に特化したメニューを提供する点が特徴。人工知能(AI)を活用して体の状態を診断するサービスも実施する。(2018/12/19)

「最大級の雷を落とします」 博多大吉、暴言炎上のとろサーモン久保田&スーマラ武智に怒りあらわで説教宣言
大吉先生の言葉は響きそう。(2018/12/6)

「クソが」「更年期障害かと」 とろサーモン久保田&スーマラ武智、M-1放送後の上沼恵美子への暴言を謝罪
2人のSNSには批判コメントが殺到しています。(2018/12/4)

男性ホルモン減少の原因は……:
「会社に行きたくない」 その不調、“男性更年期障害”かもしれない
「毎朝、元気がない」「やる気が出ない」「会社に行きたくない」――。それは、男性ホルモンの減少による「更年期障害」かもしれない。男性社員がホルモンマネジメントに取り組む「ホルモン部」を立ち上げたアンファーの活動から、男性ホルモンを減少させないためのポイントを探った。(2018/6/8)

ポケGOの楽しさが「心身」動かす 花王調査
ポケモンGOを始めたことで、プレイヤーの行動や気持ちに変化が見られることを、花王のアンケート調査が報告している。(2017/10/6)

ルネサス 感情エンジン対応R-Car:
「感情を持ったクルマ」を実現する車載SoC
ルネサス エレクトロニクスは2017年7月19日、cocoro SBが保有する人工感性知能「感情エンジン」に対応した車載情報システム向けSoC(System on Chip)「R-Car」の開発キットを開発した。(2017/8/31)

自動運転技術:
バイクに感情を持たせたら、高速走行中はランナーズハイだった?
法人向けイベント「ソフトバンクワールド 2017」(2017年7月20〜21日、東京都港区)の講演に、ソフトバンクのグループ会社であるcocoro SBの取締役である大浦清氏が登壇。クルマやバイクに感情を持たせる試みの最新動向を紹介した。(2017/7/25)

クルマが感情をくみ取り応答:
ルネサス、感情エンジン対応R-Car開発キット
ルネサス エレクトロニクスは2017年7月19日、cocoro SBが保有する人工感性知能「感情エンジン」に対応した車載情報システム向けSoC(System on Chip)「R-Car」の開発キットを開発した。(2017/7/20)

鼻炎薬に「乳房が大きくなる」副作用!? →調べたらやはり夢の薬ではなかった…… 製薬会社「用法用量を守ってお使いください」
鼻炎薬にそんな副作用が……!?(2017/3/14)

育毛博士に聞く 薄毛に至る「4つの原因」と改善法
(2017/1/17)

栄養価たっぷりの「ブロススープ」その効果と作り方
一時期、ニューヨークで流行したという「ブロススープ」。日本でもひそかなブームがきた時期がありました。このブロススープ、健康や美肌、アンチエイジングに効果を発揮するといわれています。(2016/11/28)

タレント・川村ひかるが第1子を妊娠 子宮内膜症・脳動脈瘤など苦難乗り越え
「新しい家族が増える喜びを感じております」(2016/7/6)

突然死のリスクも……不眠にサヨナラするために読みたい記事5選
現代人にとって重要な睡眠。快適な睡眠には何が必要なのか? 寝具の選び方や睡眠の質を高める方法などを紹介します。(2016/5/3)

仕事でミスをするのは〇〇が足りていないから? 医師に聞く対処法4選
男性ホルモンの「テストステロン」は加齢と共に減り、それによって気力や筋肉、総合的な「男性力」が下がるといわれています。そこで、男性更年期外来の担当医にテストステロンを増やすテクニックを聞いてみました。(2016/4/19)

「雨の日は気分が落ち込む」のには科学的な理由があった!
(2015/10/31)

家電や電子機器から“神薬”と呼ばれる医療品まで アジア人観光客が爆買いする人気の日本製品って?
年々増加する訪日外国人観光客。日本製品を多く購入する「爆買い」が話題になることもしばしばですが、一体どんなものが人気を集めているのでしょうか。日本人から見ると意外なものも……?(2015/9/30)

「睡眠負債」の恐怖!突然死を防ぐための眠り方とは
睡眠不足の蓄積「睡眠負債」。たまったまま放置していると、目には見えないところで体が蝕まれ、最悪の場合突然死に至ることも。そんな睡眠負債の解決法を紹介します。(2015/9/23)

Pepper:
なぜソフトバンクが“感情を持った”ロボットを作るのか、孫社長が熱弁
ソフトバンク「Pepper」が、「人の感情を認識するロボット」から「自らの感情を持つロボット」へと進化し、その姿を現す。発表時からロボットの「心」にこだわってきた孫社長が熱弁を振った。(2015/6/18)

感情の認識方法はヒトのメカニズムと同じ ソフトバンクのPepper、「人の感情を認識」するロボットから「自らの感情を持つ」ロボットへ
「愛」で育つロボットPepper。(2015/6/18)

ソフトバンク、「Pepper」を20日から一般発売 時給1500円で「バイト」も
ソフトバンクが人型ロボットPepperを20日から一般発売。6月販売分は1000台限定。7月1日からは、時給1500円で“アルバイト派遣”も行う。(2015/6/18)

松本明子が便秘解消のノウハウを公開! 実演つきで“腸活”を解説
(2015/6/2)

女性ホルモンは「女子力アップ」ホルモンだった!
美しい肌や艶やかな髪、なめらかなボディラインなど、女性が女性らしくあるためには、女性ホルモンの存在が不可欠。その中でも特に「エストロゲン」を味方につければ、女子力アップ、間違いなし!(2015/6/2)

きたる4月4日、月が地球の影にすっぽり入る皆既月食
4月4日(土)は皆既月食。夜桜と月食を同時に楽しめるかも……?(2015/4/3)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
総合格闘技「UFC」に激震――人気選手に薬物反応、どうする?
総合格闘技「UFC」に激震が走っている。トップクラスのファイターに薬物反応が出て、今後の対策を発表。団体は「第三者機関を使って検査を行う」としているが、この問題を解決することはできるのだろうか。(2015/2/26)

妊娠を遠ざける12の悪習慣
妊娠しやすい習慣、しにくい習慣とは。(2015/2/10)

ヘルシーライフの新常識:
年の始めはファスティング――完走するコツは「短く、正しく、美しく」
年末年始の暴飲暴食を、今さら悔やんでも仕方のないこと。いつも以上に酷使してしまった胃腸のために、「ファスティング」というお正月休みをあげましょう。ただし、自己流は禁物です。(2015/1/16)

すずまり流“続く”健康管理:
「早く寝る→早起きする→やせる」の法則!
 実は「睡眠時間が短くなると肥満率が高まる」ということが国際的な多くの学術論文で発表されているのです。(2014/11/14)

体と心が疲れがちな季節“秋”を健康に乗り切るためには?
これからの季節を健康に乗り切るためのライフスタイルを紹介します。(2014/10/21)

R25スマホ情報局:
スマホユーザーを襲う「ドケルバン病」とは?
親指を動かすと親指と同じ側の手首が痛くなるという「ドケルバン病」。スマホの使いすぎで発症するケースが増えているそうです。(2014/9/8)

暑さに負けない 体調を整える食材とは?
これからの季節、「夏バテ」には十分気をつけたいもの。そこで今回は、薬膳料理の研究家であるオオニシ恭子さんのレシピ集『砂糖をやめて元気で医者いらず』を紹介します。(2014/6/19)

ひといくNow! -人材育成の今とこれから-:
働きたくないのは歳のせい!? 40代の「やる気スイッチ」
やる気が出ない理由や、やる気を高める方法は人それぞれです。やる気を高める研修を行っている筆者が、やる気をなくしてしまった原因と、やる気を高めた方法を説明しています。(2014/6/3)

医師が教える 妻を病気にする夫の7つの言動
知らず知らずのうちに夫が原因となっている「夫源病」とは? 結婚生活の中で注意したい、妻を病気にする夫の7つの言動を紹介します。(2014/3/6)

30代から老けないためには“筋トレ”が重要
「歳をとっても若々しくいたいと」いう多くの人の願いを叶えるには“筋トレ”が重要だという。今回は、その理由を書籍『20歳若く見える人の食べ方』から紹介します。(2014/2/20)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
安藤美姫はどこへ行く?――韓国フィギュア界もラブコール
ソチ五輪の代表の座を射止められず現役を引退したミキティこと安藤美姫さん。彼女はなぜ育児と選手生活の両立を目指したのか? 彼女に今、韓国からコーチ就任の声がかかっているという。(2014/1/23)

学研ホールディングス、Kindleストアで生活関連の電子書籍4タイトルを100円で販売
学研ホールディングスが、期間限定で『痩筋力 確実にやせる筋トレ術』など健康や宗教、生き方に関連する電子書籍4タイトルを、Kindleストアにて特別価格100円で販売する。(2013/9/26)

人が死ぬときに後悔する34のリスト:
病気にのまれてしまった
患者の心の持ち方次第では、生存率に大きな差があります。病気にのみ込まれて絶望してしまう患者はたくさんいますが、生存率が高いのは、病気と積極的に闘いながらも、それを無視できる人なのです。(2013/9/6)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/6/26)

元祖“うつ漫画家”を襲った新たな苦悩とは?
『ツレがうつになりまして。』著者の、藤臣柊子さんの身体に起きたさまざまな異変を、明るいギャグ漫画タッチで描いた新作を紹介。(2013/2/22)

大往生したけりゃ医療とかかわるな(7):
鼻水や咳を薬で抑えるのは誤り
「鼻水や咳がでるので、薬を飲もう」という人は多いはず。しかし薬の力で細菌を捻じ伏せるのではなく、本来備わっている免疫力で外敵をやっつけることも必要ではないだろうか。(2012/3/21)

売れるのには理由がある:
商品がマネされるぐらいでないと――タニタの活動量計「カロリズム」
「口から入るカロリーのことをすごく気にするのに、消費したカロリーを気にしないのはおかしいのでは?」 そんな疑問から新カテゴリー製品、活動量計「カロリズム」が誕生した。(2011/9/22)

映画でポン!:
『SATC2』のサマンサと『アイアンマン2』のトニー、どっちがぶっ飛び?
だれしも羽目を外してハチャメチャに楽しんでみたいと思うもの。それを「セレブ」がやると破壊力は計りしれない。『セックス・アンド・ザ・シティ2』と『アイアンマン2』、女と男、どっちがぶっ飛び?(2010/11/22)

体組成計にSDカードでデータ蓄積 タニタ、日本初の新製品
タニタは、SDカードにデータを自動保存できる日本初の体組成計を発売する。(2010/2/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。