ニュース
» 2009年03月10日 17時40分 公開

ユーザー単位での管理:ジュニパー、セキュリティの統合管理ソリューションを発表

ジュニパーネットワークスは、セキュリティ統合管理ツール「Adaptive Threat Management」とゲートウェイアセキュリティ製品2機種を発表した。

[ITmedia]

 ジュニパーネットワークスは3月10日、セキュリティ統合管理ツール「Adaptive Threat Management」とゲートウェイアセキュリティ製品「SRX3400」「SRX3600」の2機種を発表した。ネットワークトラフィックとセキュリティを一元的に管理できる。

 Adaptive Threat Managementは、ネットワークアクセス管理ツール「Unified Access Control 3.0」やSSL VPN接続の「Secure Access SSL VPN 6.4」、セキュリティ機能の「Security Threat Response Management 2008.3」、ネットワーク管理などの「Network and Security Manager」を搭載する。

 SRX3400やSRX3600と連携することにより、ID単位でのアクセス権限管理が可能になる。社員や取引先関係者などユーザーごとにアプリケーションへのアクセス権限やファイアウォールでのポリシー設定を柔軟に行え、社内や社外の接続環境を問わず、ユーザーごとのセキュリティ管理を実現するという。

 SRX3600は、10Gビット環境で最大30Gbpsのステートフルファイアウォールや同10GbpsのVPN/IPSスループット性能を持ち、毎秒最大17万5000接続にまで対応する。SRX3400は、同20Gbpsのステートフルファイアウォールと6GbpsのVPN/IPSスループット性能を持つ。上記機種となるSRX5000シリーズと同様にSPCやI/Oカードを利用してイーサネットのポート数や機能を拡張できる。

 各製品は販売代理店から順次提供され、価格はオープンとなっている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -