ニュース
» 2009年03月19日 07時22分 公開

小規模拠点向け:ブルーコート、トラフィック制御と連携するセキュリティアプライアンス

ブルーコートは、トラフィック制御機能を持つ機器と連携動作が可能な小規模拠点向けセキュリティアプライアンスを発売した。

[ITmedia]

 ブルーコートシステムズは3月18日、100人以下の小規模オフィス向けセキュリティアプライアンス「ProxyAV 210」を発売した。トラフィック制御用アプライアンス「Blue Coat ProxySG」と連携動作ができる。

 ProxyAV 210は、複数のウイルススキャンエンジンを搭載し、インターネット接続時などにおけるアンチウイルス機能を提供する。対応するウイルススキャンエンジンは、Kaspersky、McAfee、Panda Security、Sophosなどとなっている。

ProxyAV 210

 Blue Coat ProxySGと連携することで、Web型業務アプリケーションを使用するために支社からインターネットを経由して本社システムへアクセスする場合に、セキュリティを確保した状態でトラフィックの輻輳を緩和できる。小規模オフィスにおける業務効率を改善するという。

 製品価格は44万円(税別)から。別途、利用するウイルススキャンエンジンごとにライセンスが必要になる。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -