ニュース
» 2009年03月27日 08時50分 公開

DoSなどの恐れ:OpenSSLに脆弱性、アップデートで対処

脆弱性を悪用されるとセキュリティ制限をかわされたり、サービス妨害(DoS)状態を誘発される恐れがあるという。

[ITmedia]

 オープンソースのSSL/TLS実装ツールキット「OpenSSL」に脆弱性が見つかり、修正パッチが公開された。

 OpenSSLプロジェクトやセキュリティ企業のSecuniaが3月25日付で公開したアドバイザリーによると、脆弱性は3件あり、悪用された場合、セキュリティ制限をかわされたり、サービス妨害(DoS)状態を誘発される恐れがあるという。

 影響を受けるのはOpenSSL 0.9.8jまでのバージョン。リスク評価は中程度となっているが、アドバイザリーでは問題を修正したバージョン0.9.8kへのアップデートを呼びかけている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

脆弱性 | OpenSSL | SSH


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -