ニュース
» 2009年04月09日 08時45分 UPDATE

早期のアップデートを:オープンソースの不正侵入検知ソフトがアップデート

オープンソースのIDS(不正侵入検知システム)ソフト「Snort」のアップデート版となる「Snort 2.8.4」がリリースされた。

[ITmedia]

 オープンソースのIDS(不正侵入検知システム)ソフトウェア「Snort」のアップデート版となる「Snort 2.8.4」がリリースされた。

 Snortチームによると、2.8.4では新しいターゲットベースのDCE/RPCプリプロセッサである「DCE/RPC2」を導入し、ルール管理が簡素化された。例えば悪名高いConfikerワームが使っている脆弱性(MS08-067)を検出するルールは、以前なら168あったが新しいルールでは2つに減るという。

 ただし、今後はDCE/RPC関連の新しいルールが2.8.4向けのみのリリースとなり、それ以前のバージョンではNetBIOSの新たな脅威に対抗するアップデートが受け取れなくなる。このため、Snortチームではユーザーに対してできる限り早く2.8.4にアップデートするよう呼び掛けている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -