ニュース
» 2009年05月04日 08時15分 公開

アップデートで対処:AdobeのFlash Media Serverに権限昇格の脆弱性

Flash Media Server 3.5.1までのバージョンに権限昇格の脆弱性が存在する。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは、Flash Media Serverに権限昇格の脆弱性が見つかり、アップデート版で対処したことを明らかにした。

 Adobeのセキュリティ情報によると、脆弱性が存在するのはFlash Media Server 3.5.1までのバージョン。OSはWindowsとLinuxが影響を受ける。

 この脆弱性を突いた攻撃を受けると、Flash Media Interactive ServerやFlash Media Streaming Serverでリモートプロシージャコール(RPC)を実行されてしまう恐れがある。Adobeの深刻度評価は4段階で上から2番目に高い「Important」となっている。

 Adobeは4月30日に公開したFlash Media Server 3.5.2と、3月23日に公開した3.0.4でこの問題を解決。いずれかにアップデートするよう管理者らに呼びかけている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -