ニュース
» 2009年05月29日 08時17分 UPDATE

QuickTimeファイルで悪用:Microsoft DirectXに新たな脆弱性が見つかる

すでに限定的な攻撃が発生しており、Microsoftはセキュリティアップデートを開発中だ。

[ITmedia]

 Microsoftは5月29日、DirectX関連の脆弱性が新たに発見されたとして、セキュリティアドバイザリーを公開して注意を呼びかけた。限定的な攻撃が発生したとみられ、問題解決のためのセキュリティアップデートを現在開発しているという。

 セキュリティ対策センター(MSRC)のブログなどによると、脆弱性はMicrosoft DirectShowのQuickTimeパーサに存在する。細工を施したQuickTimeメディアファイルをユーザーが開いた場合、リモートでコードが実行される恐れがある。なお、AppleのQuickTimeに脆弱性があるわけではない。

 影響を受けるのはWindows 2000、Windows XP、Windows Server 2003。一方、Windows VistaとWindows Server 2008、Windows 7は影響を受けないことが確認された。

 Microsoftのアドバイザリーでは、修正パッチが公開されるまでの一時的な回避策として、quartz.dllでQuickTimeコンテンツの解析を無効にする方法などを紹介している。

msbottan.jpg 問題を回避するためのボタン

 また、アドバイザリーと併せて公開したサポート技術情報「971778」には、簡単に回避策を実装できる「Fix it for me」というコーナーを設けた。このページで「Fix it」というボタンをクリックすると、自動的に回避策が適用され、quartz.dllのQuickTimeコンテンツ解析が無効になる。その隣には、この回避策を無効にするボタンも用意されている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ