ニュース
» 2009年06月23日 19時34分 UPDATE

富士通SSL、DB暗号化の「eCipherGate」発売

富士通SSLは、サイファーゲートのデータベース暗号化ソフト「eCipherGate」を発売した。

[ITmedia]

 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は6月23日、サイファーゲートのデータベース暗号化ソフト「eCipherGate」を発売した。

 「eCipherGate」は、アプリケーションとDBMSの間でデータの暗号化および復号化、アクセス制御を自動的に行うミドルウェア製品。DBMSを常に暗号化した状態にし、利用者ごとに復号化の権限を付与できる。暗号化は列(データの項目)単位で行うため、機密性の高い情報のみを部分的に暗号化できる。また、アクセス権限は利用者ごとにレコード単位で設定できる。

 価格は1CPU当たり125万円から、年間保守料が同24万円、導入支援コンサルティングサービスが個別見積りとなる。今後2年間で3億円の売り上げを見込む。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -