ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「データベース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Database Expert − @IT
調査のチカラ 〜 無料アンケートデータのまとめサイト
質問!データベース→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でデータベース関連の質問をチェック
いまさら聞けない 組み込みデータベース入門 ― MONOist

製造マネジメントニュース:
NTTがゼンリンに45億円出資、2020年度から構築する「高度地理空間情報データベース」向け
NTTとゼンリンは2020年3月26日、資本業務提携を結び、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)の活用に向けた地図の高度化に取り組むと発表した。NTTはゼンリンが実施する自己株式の第三者割当を引き受けることにより、45億6960万円を出資する。ゼンリンに対するNTTの出資比率は7.32%となる。(2020/3/27)

SAPのERPと帝国データバンクの企業情報データベースを連携、与信管理を効率化
SAPジャパンは帝国データバンクやBASFジャパンと協力し、「SAP Credit Management」サービスと帝国データバンクの企業情報データベースとのAPI連携を可能にした。SAP Cloud for Credit Integrationのアプリ内に、企業情報をXML形式で格納できるようになる。(2020/3/25)

Microsoft、「Azure Cosmos DB」をずっと無料で使える「Free Tier」発表 地球規模の分散データベースを最大5GBまで
米Microsoftが、分散NoSQLデータベース「Azure Cosmos DB」を期限なく無料で使える「Free Tier」を発表。Free Tierで提供されるのは、5GBストレージ容量と最大400RU/sのスループット。マネージドサービスとして提供されるため、利用者は運用保守や障害対応について気にすることなく利用できる。(2020/3/9)

「クラウド脅威レポート 2020年春」を発表:
クラウドを危険にさらすIaCテンプレートが約20万件 パロアルト
パロアルトネットワークスが発表した「クラウド脅威レポート 2020年春」によると、脆弱性を含んだクラウドのIaCテンプレートが、19万9000件以上も見つかった。暗号化されていないクラウドデータベースも43%を占めていた。(2020/3/9)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(2):
Always On 可用性グループで試行したページの自動修復情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回はAlways On 可用性グループで試行したページの自動修復情報を出力する「sys.dm_hadr_auto_page_repair」を解説します。(2020/3/6)

ORACLE MASTERリニューアル:
PR:製品の年次リリースに合わせシンプルになり履修コースも不要に
20年にわたりデータベース管理者のスキルを証明してきた資格「ORACLE MASTER」がリニューアル。レベル構造はそのままに、従来よりも少ない負担で上位資格にチャレンジできるようになった。(2020/3/2)

Weekly Memo:
基幹業務システムのクラウド移行が本格化するのか――日本オラクルが語るデータベースユーザーの動向
日本オラクルがクラウド事業の強化に向けて、国内のデータセンター(DC)を拡充した。これによって、同社のデータベースをはじめとしたソフトウェアをオンプレミスで利用している企業はクラウドへ向かうのか。同社の幹部に聞いてみた。(2020/2/10)

Microsoftのデータベースに設定ミス、顧客サポート情報2億5000万件が露呈状態に
Microsoftが2019年12月5日に行った変更の中にセキュリティルールの設定ミスがあり、データが露呈される状態になっていたことが判明した。(2020/1/23)

データベースのモダナイズ【後編】
マイクロサービスに最適なNoSQLデータベース、インメモリデータベースの台頭
NoSQLデータベース、インメモリデータベースが成熟し、リレーショナルデータベースの代替たり得る存在となった。さらにマイクロサービス化がこの流れを後押ししている。(2020/1/22)

データベースのクラウド移行を自動化、「Oracle Enterprise Manager」3つの強化点とは
Oracleは、エンタープライズ管理プラットフォーム「Oracle Enterprise Manager」を強化する。これによりデータベースのクラウド移行を容易にするという。(2020/1/21)

データベースのモダナイズ【後編】:
マイクロサービスに最適なNoSQLデータベース、インメモリデータベースの台頭
NoSQLデータベース、インメモリデータベースが成熟し、リレーショナルデータベースの代替たり得る存在となった。さらにマイクロサービス化がこの流れを後押ししている。(2020/1/8)

知っておきたいGoogle Cloud Platformのサービス5選【後編】
「Google Cloud Platform」(GCP)で要注目のログ監視ツールとNoSQLデータベースとは
GCPは数多くの機能を備えている。本稿はその中から、ログの監視機能「Access Transparency」と、2つのNoSQLデータベース「Cloud Firestore」「Firebase Realtime Database」について説明する。(2019/12/26)

データベースのモダナイズ【前編】
リレーショナルデータベースからNoSQLデータベースへの移行は必然か
Webサイトのパフォーマンス問題に悩む企業が出した答えはSQL ServerからRedisへの移行だった。同社の事例を通してデータベースのモダナイズの実際を紹介する。(2019/12/25)

製造ITニュース:
IoTデータ管理向け分散データベースを機能強化
東芝デジタルソリューションズは、少数のサーバ台数でペタバイト級データを管理できる技術を搭載した、ビッグデータ向け分散データベースの機能強化版「GridDB v4.3」の提供を開始した。(2019/12/23)

ホンダのデータベース、またしても無防備状態で公開されていた
データベースには顧客の個人情報が登録されており、誰でもアクセスできてしまう状態だった。(2019/12/20)

AWS re:Invent 2019リポート(3):
AWS re:Invent 2019における、インフラ/データベースに関する大量発表の文脈
Amazon Web Services(AWS)は12月第1週に開催した「AWS re:Invent 2019」で、同社が定義する意味での「値下げ」は発表しなかった。代わりに、インフラ関連では自社開発ハードウェアの活用をはじめ、「あの手この手」でパフォーマンスあるいはコストパフォーマンスを向上させる自社の取り組みをアピールした。(2019/12/18)

山口フィナンシャルがAzure上に統合データベース構築、傘下の地銀の顧客情報活用へ
山口フィナンシャルグループが、「Microsoft Azure」に統合データベースを構築した。勘定系と情報系システムの顧客データを集約し、データ分析に関する知見やノウハウと統合データベースを組み合わせて、地域の中堅・中小企業のDX推進を加速する。(2019/12/16)

ピーター・ティール氏のPalantir、米陸軍の1億ドル超契約を獲得
ピーター・ティール氏が会長を務めるビッグデータ解析企業Palantirが、米国防総省のデータベース統合に関する1億ドル超の契約を獲得した。同社はGoogleが解約した戦場解析ツール開発プロジェクト「Project Maven」も獲得したと報じられている。(2019/12/16)

DX時代におけるデータベースの重要性
DX実現にはDevOpsだけじゃ駄目? 重要度が増す「AIOps」と「AIデータベース」
DXを進める原動力となるのは企業が持つ「データ」だ。しかし、従来型のDBではデータ活用は難しいと有識者は語る。DX時代で変化するDBの役割とは何か。そして新しい役割に最適なDBはどうやって探せばいいのか。(2019/12/4)

ITアーキテクトは諦めムード
デジタル変革(DX)が進まない原因は「リレーショナルデータベース」
リレーショナルデータベースのためにDXができない、進まないと考えているITアーキテクトが多いという調査結果が発表された。この状態から脱却する方法は存在するのか。(2019/12/13)

「データベースサーバ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で、書籍『SAP HANA入門』、書籍『インフラ設計のセオリー』を各10名様にプレゼント。(2019/12/23)

暴力団・総会屋・詐欺集団を名刺で見破る! Sansanが新機能“反社チェック”を開発する狙い
名刺管理サービスを手掛けるSansanが、反社会的勢力のチェック機能を開発している。開発には、リスクがある企業のデータベースを持つ金融データプロバイダー、英Refinitivが協力している。Sansanとリフィニティブ・ジャパンの担当者に、開発の狙いを聞いた。(2019/12/6)

Google BigQuery、Amazon Athena、PostgreSQLのSQL文法の差異を吸収:
GUIでSQL文を自動生成、データ分析サービス「nehan」向けに「SQLビルダー」機能を提供開始
nehanはデータ分析サービス「nehan」向けに、SQL文を自動生成する「SQLビルダー」機能を提供する。対応するデータベースは、「Google BigQuery」「Amazon Athena」「PostgreSQL」。(2019/11/27)

多くのタスクが自動化される
自律型データベースでデータベース管理者の仕事はどう変わる?
Oracleがさかんにアピールする自律型データベースにより、多くの管理タスクが自動化される。それはデータベース管理者の失業を意味するのか。それともデータベース管理者の進化の始まりなのか。(2019/11/27)

トレーニング不足や料金見積もりの失敗など
オンプレミスから「クラウドデータベース」への移行を失敗させる10大ミス
データベース管理システムをオンプレミスからクラウドへ移行するときに、IT部門が犯しがちなミスがある。移行の失敗につながりかねない、主要な10個のミスを紹介する。(2019/11/6)

「うんこの画像を送って」 AI活用うんこデータベース構築目指し、米企業が画像を募集
完全匿名でうんこ画像を集めています。(2019/11/3)

コストと性能以外にも利点あり:
Amazon、75ペタバイトの業務データをOracle Databaseから各種のAWSサービスへ移行
Amazonは、7500近くのOracle Databaseに保存していた75PBのデータを、さまざまなAWSデータベースサービスに移行した。レガシーなデータベースの運用管理から技術者を解放し、より優れた顧客エクスペリエンスの提供へと向かうためだ。コスト削減と性能向上にも成功した。(2019/10/18)

暗号化した機密情報の類推を防止 データ利活用の安全性強化へ――富士通研究所、DB向けに開発
富士通研究所は、パーソナルデータや機密データを含むデータベースの安全性を強化する技術として、「暗号化した機密情報の類推を防止する技術」を開発。データベースに最小限のダミーデータを追加することで、データベース上の登録数をかく乱し、元データの類推を防止する。(2019/10/17)

Oracleの四半期パッチ公開、NoSQLデータベースなどに重大な脆弱性
特に、NoSQL Databaseの脆弱性は、ユーザー認証なしでネットワークを介して悪用される恐れがあり、危険度が極めて高い。(2019/10/16)

深いパートナーシップが支える品質とサポート
DXを支えるデータ基盤構築、重要なのは「今とその先」を見据えたパートナー選定
「技術的に素晴らしくても安定して運用できなければ顧客の信頼は得られない」と話すのは、豊富なデータベース基盤の導入ノウハウを持つ販売パートナーの1社だ。製品とサポート体制の両面で考えることが必要だと言う。(2019/9/27)

Android版のLINEアプリに整数オーバーフローの脆弱性 アップデート呼びかけ
脆弱性対策情報データベース「JVN」は、Android版のLINEアプリに脆弱性が見つかったと発表し、ユーザーに対しアプリをアップデートするよう呼びかけた。(2019/9/19)

Oracle OpenWorld 2019:
Oracle Database 20cが登場、一部機能を期限なく無料で試せる「Always Free」を開始
Oracleは年次イベント「Oracle OpenWorld 2019」において、自律型データベースの機能拡充や「Exadata」ポートフォリオの拡大、Oracle Autonomous DatabaseとOracle Cloud Infrastructureの一部機能を期限なしで無料で試せる「Always Free」、顧客データの自動保護ソリューションを発表した。(2019/9/18)

Oracle OpenWorld 2019:
打倒AWSの切り札になるか Oracleがクラウドとデータベースを全世界で無料提供
「Oracle Cloud Free Tier」は、Oracle Cloud InfrastructureやOracle Autonomous Databaseの機能を一部無料かつ無制限で提供。エリソン会長は、発表にAWSへの強い対抗意識をのぞかせた。(2019/9/19)

Oracle Open World 2019:
Oracle、データベースインフラの最新版「Oracle Exadata X8M」を発表
Oracleはサンフランシスコで開催中の年次イベントで、「Oracle Exadata」の新製品を発表した。新技術を取り入れ、先代モデルから処理速度を強化した仕様だ。(2019/9/17)

2000万人の氏名や銀行口座残高、勤務先の名称などがサーバ上で公開状態に
エクアドルのコンサルタント会社が保有する米国のデータベースサーバで、セキュリティ設定の不備から、エクアドル在住者の登録番号や納税者番号、氏名、性別、国立銀行の口座残高、家族の氏名、勤務先の名称などが公開状態となっていた。(2019/9/17)

システム/データベース停止による損失を最小化するために:
PR:システムを止めない、ビジネスを止めないためのベストプラクティスを探る――「Oracle Private Cloud Infrastructure」がもたらすインパクト
日本オラクルは「第2回 Oracle Private Cloud Infrastructure Users Forum(東京)」を開催。クラウド化に最適なプラットフォーム「Oracle Private Cloud Infrastructure」の最新情報とMAA(Maximum Availability Architecture)、データベース(DB)/アプリケーションの災害対策サイト構築をテーマに、製品の実運用、構成、活用事例を紹介した。(2019/9/9)

Facebookの4億人以上のユーザーIDと携帯番号を何者かがアップロード(削除済み)
Facebookの4億人以上のユーザーIDと携帯番号のデータベースが、パスワードなしのデータベースとして公開されていた。セキュリティ研究者がTechCrunchに知らせ、TechCrunchがFacebookに確認した。データベースは既に削除されているが誰がアップロードしたのかはまだ不明だ。(2019/9/5)

臨床医学研究に「AWS」を使う【前編】
名古屋大学医学部附属病院も直面 なぜ診療科ごとにデータベースが乱立する?
臨床医学研究の現場では、診療科ごとに研究用のサブデータベースが乱立する「サイロ化」の問題がしばしば起きる。同様の問題に直面した名古屋大学医学部附属病院は、解決に向けてどのような取り組みをしたのか。(2019/9/13)

現状は自動運転車ではなくオートマ車
データベースの自動化はデータベース管理者を滅ぼすのか
Oracleのマーク・ハードCEOは、Oracle Databaseの自動化によってデータベース管理者は全員失業すると言い放った。現実問題として、データベースはそこまでの自動化を実現しているのだろうか。(2019/8/30)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(88):
Azure Migrateが移行プロジェクトの中央ハブとして大幅刷新、「日本」地域にも対応
オンプレミスのVMware仮想マシンの移行を支援するサービスとしてスタートした「Azure Migrate」が、2019年7月に新バージョンに刷新。Hyper-V仮想マシン、SQL Serverデータベース、ISV(独立系ソフトウェアベンダー)のソリューションを含む、Azureへの移行プロジェクトの“中央ハブ”として生まれ変わりました。(2019/8/22)

2019年のAmazon Prime Day。AWS上の42万6000台相当のサーバや1900個のデータベースインスタンスなどで乗り切る
Amazonは毎年行っている、プライム会員向けのセールである「Amazon Prime Day」。2019年は7月15日と16日の2日間行われ、世界中の人に利用されました。AWSのチーフエバンジェリストであるJeff Barr氏がブログを更新し、どれだけAWSのコンピューティングリソースが使われたのか紹介しています。(2019/8/20)

ハイブリッドクラウドのコストを抑えるデータ管理方法【後編】
ハイブリッドクラウドの高額請求を避ける「データベース」の正しい配置方法
ハイブリッドクラウドのコストを抑えるには、データの使い方や格納場所、接続の方法を考える必要がある。今回は特にデータベースの配置に関するポイントを示す。(2019/8/20)

製造ITニュース:
1秒間に900万件超のデータを処理できる組み込みデータベース
ソルティスターは、エッジでのリアルタイム分析ができる組み込みデータベース「SpeeDBee」を発売した。統計、FFT、機械学習機能などを搭載する。(2019/8/15)

Google Cloud Next Tokyo ’19:
Google CloudはAnthosで「次のVMware」になろうとしている FFGはCloud Spannerで次世代銀行システムを開発
Google Cloudのイベント「Google Cloud Next Tokyo ’19」では、分散データベース「Cloud Spanner」の利用が、金融基幹システムにも広がりつつあることが示された。一方マルチクラウドコンテナ環境の「Anthos」でGoogle Cloudは、アプリケーションのモダナイゼーションツールとしての役割を強調した。Google CloudはAnthosで、「次のVMware」になろうとしている。(2019/8/13)

ホンダのデータベースが無防備状態で発見 社内マシンやCEOの情報も
OSの更新状況やエンドポイントセキュリティの状況に加え、CEOのアドレスやログイン履歴といった情報も参照できてしまう状態だった。(2019/8/2)

「Fate/Grand Order」ユーザー爆増の裏側で、エンジニアが挑んだデータベースとの戦い
スマホゲーム「Fate/Grand Order」を支えるインフラエンジニアが、ユーザーが爆発的に増える中で経験した、データベースの負荷対策を振り返る。(2019/7/24)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:小売業者のAWS離れ
特集は、クラウド市場のトップを独走するAWSが根源的に抱える弱点を浮き彫りにする。他に、RPAの導入を考える事業部門がしがちな勘違い、Dockerを導入する前に絶対に知っておくべきこと、注目の「マルチモデルデータベース」などの記事をお届けする。(2019/7/19)

知財ニュース:
約8400万件の海外特許情報を提供する、特許情報提供サービスのオプション
日立製作所とクラリベイト・アナリティクス・ジャパンは共同で、企業の海外事業戦略立案に必要となる、海外特許文献調査を効率化するサービスを開発した。海外特許情報を翻訳・要約したグローバル特許データベースを閲覧可能になる。(2019/7/18)

Oracleの四半期パッチ公開、データベースなどに極めて深刻な脆弱性
データベースやJava SE(Standard Edition)を含む多数の製品を対象として、計319件の脆弱性が修正された。(2019/7/17)

「新規開発あるある」にどう立ち向かうか:
「納期だけは決まっているので、よろしく!」の解決策「クリーンアーキテクチャ」とは?
「APIはできていないし、データベースは構築どころか製品選定も済んでいないけど、納期だけは決まっているので、よろしく!」――。限られたスケジュールの中でいかに試行錯誤できるようにするか。その鍵は「クリーンアーキテクチャ」にあることを、GMOインターネットの成瀬氏が説明した。(2019/7/10)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。