ニュース
» 2009年07月14日 08時32分 UPDATE

VMwareが更新版を公開、ESXの脆弱性に対処

VMwareはESX Service Consoleの脆弱性修正パッチ、およびKerberosの脆弱性に対処するパッチを公開した。

[ITmedia]

 VMwareは7月10日付でセキュリティアドバイザリーを公開し、ESX Service Consoleの脆弱性に対処した。VMwareやUS-CERTのアドバイザリーによると、脆弱性はESX Service Consoleのudev、sudo、curlパッケージに存在する。

 悪用された場合、攻撃者がイントラネットサーバで任意のリクエストを実行したり、ファイルを上書きしたり、権限を昇格することが可能になる。脆弱性が存在するのはESX 4.0。それ以前のバージョンや、ESXiなどの製品は影響を受けないとされる。

 これとは別にVMwareは、同日付でESX 3.5.0とESX 4.0.0の更新版を公開した。Service Consoleに組み込まれているネットワーク認証プロトコルのMIT Kerberos 5を、脆弱性に対処した更新版へアップデートしている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

脆弱性 | VMware | パッチ | 仮想化


関連ホワイトペーパー

脆弱性 | VMware


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -