ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

「VMware」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「VMware」に関する情報が集まったページです。

Broadcom、VMwareを610億ドル(約7.8兆円)で買収
半導体メーカーのBroadcomは、クラウドコンピューティングや仮想化技術を手掛けるVMwareを買収すると発表した。買収総額は約610億ドル(約7.8兆円)。VMwareのCEOは「優れた企業向けソフトウェアプレーヤーの誕生」と語った。(2022/5/27)

ブロードコムによるVMware買収が正式に発表 VMware製品群の今後はどうなるか
数日来米国のメディアが報じていた通り、ブロードコムがVMware買収を正式に発表した。これからのデータセンターやオペレーションに影響はあるだろうか。(2022/5/27)

BroadcomによるVMware買収 その影響は【前編】
“謎”の半導体企業「ブロードコム」とは? ヴイエムウェア買収合意で脚光
仮想化大手VMwareを買収するBroadcomは、「半導体企業」という説明に引きずられると実態を把握しにくい。大手ベンダーの買収を続けてきた、Broadcomの歴史を簡単に振り返る。(2022/5/27)

「VMware Fusion」と「VMware Workstation Pro」の違いを比較【第2回】
Macユーザーが「VMware Fusion」を使うと“あれ”がMacで動かせる
「Mac」向けのハイパーバイザー「VMware Fusion」は、Macで「macOS」以外のさまざまなOSを実行できるようにする。そのメリットとは何か。Fusionの機能を説明する。(2022/5/27)

VMwareの買収に向けて半導体メーカーのブロードコムが交渉中との報道
VMwareの買収に向けて、半導体メーカーの米Broadcomが米VMwareとの交渉に入ったとの報道が海外で相次いでいる。Broadcomは近年、ファイバーチャネルスイッチベンダ大手の米Brocadeや米CA Technologiesなど、買収による拡大路線を積極的に取り組んでいる。(2022/5/24)

VMwareの複数製品にCVSSv3スコア9.8の脆弱性 早急な対応を
VMware製品に複数の脆弱性が見つかった。既にサイバー攻撃に悪用されているものとは別の脆弱性であることに加え、CVSSv3スコア9.8に該当する脆弱性もあるため迅速に対処してほしい。(2022/5/21)

VMware製品に認証回避、権限昇格の脆弱性 深刻度は最高レベル 米連邦政府CISAが対策を指示
米サイバーセキュリティインフラストラクチャ安全保障局が、米VMware製品に認証回避や権限昇格の脆弱性があるとして、政府・行政機関に対策を指示した。脆弱性の深刻度は10点中9.8点に及ぶ。(2022/5/19)

「VMware Fusion」と「VMware Workstation Pro」の違いを比較【第1回】
「VMware Fusion」「VMware Workstation Pro」の違いとは? VMwareの2大ハイパーバイザー
VMwareのハイパーバイザー「VMware Fusion」と「VMware Workstation Pro」は、何が違うのか。双方の主な特徴を整理しよう。(2022/5/16)

デプロイされているクラスタ数が急激:
Kubernetes導入の目的は「アプリの柔軟性向上」がトップ VMwareがKubernetesに関する調査結果を発表
VMwareは、Kubernetesの現状に関する調査結果を明らかにした。デプロイされているクラスタ数が急増しており、VMwareは「Kubernetesが主流になりつつある」と分析している。(2022/5/12)

大日本印刷が基幹システム700超のVMをOCIに移行、ITリソース最適化を推進
大日本印刷は「Oracle Cloud Infrastructure」を採用し、オンプレミスの「VMware vSphere」環境で稼働する700以上の仮想サーバを「Oracle Cloud VMware Solution」に移行させる。同社がレガシーシステムのモダナイゼーションによって実現したい、コスト最適化以上のこととは。(2022/5/11)

CISAが脆弱性カタログに9個の脆弱性を追加 Chrome、VMware製品などが対象に
CISAは「既知の悪用された脆弱性カタログ」に新たに9個の脆弱性を追加した。追加された脆弱性を再度確認するとともに、必要に応じてアップデートや緩和策を適用することが望まれる。(2022/4/19)

VMwareの複数製品に「緊急」の脆弱性 サイバー攻撃への悪用を確認済み
VMwareは複数の自社製品に脆弱性が存在すると発表した。既にサイバー攻撃に悪用されている深刻度「緊急」(Critical)に分類される脆弱性も含まれており注意が必要だ。(2022/4/16)

セキュリティ製品は難しいが、理解する努力を怠ると攻撃を受ける恐れも:
PR:今のセキュリティ対策に求められるのは「これを入れれば大丈夫」という発想からの脱却と脅威を直視する姿勢
DXを支えるセキュリティ対策を議論するオンラインセミナー「ITmedia Security Week 2022春」が開催された。目まぐるしく環境が変化する現在、DXを加速するためのセキュリティ対策の在り方や、実戦的で投資対効果の高いセキュリティ対策が多数紹介された。本稿ではその中から、名和利男氏の基調講演とヴイエムウェア/SB C&Sの技術セッションの内容をお届けする。(2022/4/11)

モバイルデバイスでの仮想デスクトップ利用に取り組むSamsung
PCはもういらない? 「Galaxy」のサブディスプレイ化がVMware Horizonで可能に
Samsungは「Galaxy」シリーズと外付けディスプレイの組み合わせで、「VMware Horizon」の仮想デスクトップを利用可能にした。PCなしでのデュアルディスプレイを実現する、この機能の意味とは。(2022/4/6)

なぜLinuxが狙われるのか
「Linuxベースのクラウドは危険」 VMwareが警告する納得の理由
VMwareが、Linuxが危険にさらされていると警鐘を鳴らす。なぜLinuxが狙われるのか。攻撃者にとってLinuxが魅力的なターゲットになってしまった理由を明らかにする。(2022/4/4)

VMware Carbon Black App Controlに「緊急」の脆弱性 迅速なアップデートを
VMware Carbon Black App Controlに複数の脆弱性が見つかった。深刻度は「緊急」に分類されており注意が必要だ。該当製品を使用している場合には直ちにアップデートしてほしい。(2022/3/29)

「Oracle Cloud VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」を比較【後編】
いまさら聞けない「VMware Cloud on AWS」とは? 「Oracle Cloud VMware Solution」との違いは
AWSやOracleはIaaSでVMware製品を実行するためのサービスを提供している。こうしたサービスの代表格であるAWSの「VMware Cloud on AWS」の特徴と、Oracleの競合サービスとの違いを説明する。(2022/3/28)

VMware、自宅サーバ愛好家向けに「動作保証はないけど動くらしい」非公式ハードウェアリストを作成 コミュニティーに情報提供を呼び掛け
VMwareが、「vSphere」などの非公式な対応ハードウェア表を作成する。自宅サーバ愛好家や自宅ラック愛好家が利用できるよう、社員が自主的に行ってきた非公式なリストの作成を公式に支援するという。(2022/3/15)

「Oracle Cloud VMware Solution」と「VMware Cloud on AWS」を比較【前編】
VMware製品をOCIで動かす「Oracle Cloud VMware Solution」とは? ハイブリッドクラウド構築に使うメリット
アプリケーションのIaaS移行のハードルを下げるために、OracleはVMware製品実行サービスの「Oracle Cloud VMware Solution」(OCVS)を提供している。OCVSの特徴を説明する。(2022/3/14)

TechTarget発 世界のITニュース
「NVIDIA AI Enterprise」とVMware「vSphere with Tanzu」が連携 利点は?
AIアプリケーション運用ソフトウェア群「NVIDIA AI Enterprise」の更新版はVMwareの「vSphere with Tanzu」との連携を実現した。これにより何ができるのか。(2022/3/14)

「VMware Cloud on AWSで“クラウド破産”」の傾向と対策【前編】
VMwareユーザーが「脱クラウド」せざるを得なくなる理由
クラウドサービスは利用料金が高額になることがある。高額な利用料金をきっかけとした「脱クラウド」を避ける方法と、脱クラウドせざるを得なくなった場合のスムーズなオンプレミス移行のポイントを説明する。(2022/3/7)

クラウドニュースフラッシュ
戸田建設がオンプレミスのVMware製品をあえて「Oracle Cloud」に移行する理由
クラウドサービスを採用した戸田建設やGMOあおぞらネット銀行などの事例、AWSのHPC向けインスタンスの提供開始など、クラウドに関する主要なニュースを取り上げる。(2022/2/28)

VMware主要製品に「緊急」の脆弱性 ESXiやWorkstation、Cloud Foundation、NSXも対象
VMwareの複数の製品に脆弱性が見つかった。総合して深刻度が「緊急」(Critical)に分類されるため、速やかにアップデートを適用してほしい。(2022/2/18)

「Application Transformer for VMware Tanzu」:
vSphereのJavaアプリケーションをコンテナに自動変換 VMwareがツールを提供開始
VMwareは、「VMware vSphere」で稼働するJavaアプリケーションをコンテナに変換するツール「Application Transformer for VMware Tanzu」の出荷を開始した。「VMware Tanzu」や「VMware Cloud on AWS」のユーザーは無償で利用できる。(2022/2/8)

ミッションクリティカルなシステム基盤のハイブリッドクラウド移行を実現:
戸田建設がシステム内製化を目指し、VMwareベースのハイブリッドクラウドを採用、基盤はOCI
戸田建設がVMwareで運用していた基幹システムのクラウド移行に「Oracle Cloud VMware Solution」を採用した。「Oracle Cloud Lift Services」を活用して、同社主導でVMware環境をOracle Cloud Infrastructureに構築し移行、運用する。(2022/1/28)

Log4jの脆弱性を突きVMware HorizonsにWebシェルを注入 直ちに対応を
VMware Horizons Connection Serverを標的としたサイバー攻撃の報告が相次いでいる。Log4jの脆弱性、通称「Log4Shell」を利用してWebシェルをインストールする手法で、侵入を受けた場合にはサーバの制御権が乗っ取られる危険性があることから注意が必要だ。(2022/1/27)

VMwareの仮想ディスク作成方法を比較【後編】
VMware仮想ディスクの「シンプロビジョニング」とは? 「シック」との違いは
VMwareは仮想ディスクの作成方法として「シンプロビジョニング」を用意している。他の作成方法との違いは何か。シンプロビジョニングの仕組みと長所、短所を詳しく説明する。(2022/2/11)

VMwareの仮想ディスク作成方法を比較【中編】
「Lazy Zeroed」「Eager Zeroed」の違いとは? VMware仮想ディスクのシックプロビジョニング
VMwareの仮想ディスクの作成方法であるシックプロビジョニングには、「Lazy Zeroed」と「Eager Zeroed」という2つの種類がある。それぞれの違いとは。(2022/1/18)

コンテナイメージも自動で作成:
コンテナ環境の管理を効率化 VMwareが「VMware Tanzu Application Platform 1.0」を提供開始
VMwareは、「VMware Tanzu Application Platform 1.0」の提供を開始した。Kubernetesを利用したコンテナ環境で、コンテナアプリケーションの開発や展開を効率化する。主要なKubernetesディストリビューションに対応する。(2022/1/14)

VMwareの仮想ディスク作成方法を比較【前編】
「RDM」(RAW Device Mapping)とは? VMware仮想ディスクの作成方法
VMwareは仮想ディスクの作成方法として「RDM」と「シックプロビジョニング」「シンプロビジョニング」を用意している。その中からRDMの仕組みを説明する。(2022/1/11)

最適な「VM用セキュリティソフトウェア」を選ぶには【後編】
仮想マシン(VM)用セキュリティソフト「AppDefense」「Sophos for Virtual Environments」「McAfee MOVE AntiVirus」の違い
仮想マシン(VM)やVMが稼働する物理インフラを保護するために、ベンダー各社はVM用セキュリティソフトウェアを提供している。こうした製品の中から、VMware、Sophos、McAfeeの製品の機能や特徴を説明する。(2022/1/11)

「Hyper-V」と「VMware Workstation Pro」を比較【後編】
いまさら聞けない「VMware Workstation Pro」の基礎 Hyper-Vとの比較ポイントは
Microsoftの「Hyper-V」とVMwareの「Workstation Pro」。自身に適したハイパーバイザーはどちらか。ここではWorkstation Proの概要を見ていこう。(2021/12/22)

インフラとアプリの両面からDXを推進する:
PR:アプリケーションの開発と運用をモダン化するVMware Tanzuとは
アプリケーションをモダナイズする技術としてコンテナおよびそのオーケストレーターであるKubernetesが注目されている。背景にはアプリケーションを「とにかく速く開発したい」というニーズがあり、これに対してコンテナは「軽量で起動が速い」「持ち運び可能」「コードで自動化」といったメリットで応える。ただしコンテナ/Kubernetesは、従来の仮想基盤と異なる環境を用意しなければならないなど、多くの障壁もあった。この課題の解決策となるのが「VMware Tanzu」である。(2021/12/16)

「Hyper-V」と「VMware Workstation Pro」を比較【前編】
手元のPCでVM(仮想マシン)が動く 「Hyper-V」のいまさら聞けない長所と短所
MicrosoftとVMwareはそれぞれ、個人利用や小規模な利用に適したハイパーバイザーを提供している。まずはMicrosoftの「Hyper-V」のメリットとデメリット、適した用途を説明する。(2021/12/13)

今いる場所、そこが仕事場になる:
PR:VMware Anywhere Workspaceを実現するVMware SASE
以前から働き方改革の重要性が叫ばれてきたが、コロナ禍以降は特にテレワークが急速に拡大し、物理的な場所に依存しない働き方が当たり前になりつつある。こうした分散化した環境で一人一人が持てる能力をフルに発揮できるようにするためにVMwareが掲げているのが「VMware Anywhere Workspace」というビジョンである。そしてこれを実現するための重要な基盤となるのがVMware SASEだ。(2021/12/13)

TechTarget発 世界のITニュース
Cisco、F5、VMwareの製品に相次いで見つかった脆弱性の正体とは?
2021年8月、大手IT企業数社の製品に脆弱性が見つかった。各社は被害の報告は受けていないというが、セキュリティアップデートの実行を推奨している。脆弱性はどのようなものだったのか。(2021/11/30)

移行計画の障害、サービス停止を回避する方法:
技術検証で判明 オンプレ仮想化環境の大規模クラウドリフトを成功させるコツ
VMware製品を利用したシステム基盤を持つ企業がクラウドリフト計画で抱える課題を解消する機能が「VMware HCX」に追加された。日本では同機能の詳細な技術検証を手掛ける企業が少ない中、これをいち早く実施した企業にポイントを聞いた。(2021/11/26)

サービスを止めないVMware製品基盤クラウド移行のコツ:
大企業のIT基盤のクラウドリフト きれいごとではない本当の話
大規模なVMware製品基盤をクラウドに移行する方法は複数考えられるが、サービス品質を維持して移行計画を進めるには幾つかの技術的な「コツ」がある。実務での移行プロジェクトを念頭に主要な移行シナリオを検討した企業に詳細を聞いた。(2021/11/26)

vCenter Serverに「重要」の脆弱性 迅速にアップデートを
VMware vCenter ServerとVMware Cloud Foundationに脆弱性が発見された。そのうち一つは深刻度が重要(Important)に分類される。該当製品を使用している場合は、迅速にアップデートを適用してほしい。(2021/11/25)

オンプレミスのVMをAWSにスムーズに移行する方法【後編】
VMware仮想マシン(VM)を「AWS」に移す簡単な方法
オンプレミスのVMware製品で構築したVMのAWSへの移行は、適切なツールを使えば可能に実行できる。移行に使えるツールと移行手順を説明する。(2021/11/22)

VMware Tanzuに脆弱性 DoS攻撃を受けるおそれ
VMware Tanzu Application Service for VMsに脆弱性が発見されており、米コンピュータ緊急事態対策チームが情報の確認とアップデートの実施を呼びかけている。(2021/11/15)

オンプレミスのVMをAWSにスムーズに移行する方法【前編】
企業がVMware仮想マシン(VM)を「AWS」へ移す理由と、移して後悔する理由
オンプレミスのVMware製品からAWSへのVMの移行は、複雑な作業を必要とせずに実施できる場合がある。VMのAWS移行にはどのようなメリットがあるのか。考慮すべきデメリットとは。(2021/11/15)

変わるHCIとベンダーの考え【前編】
Nutanix、VMware、Dellを「新HCI」が追う 今後のメインストリームは?
「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)市場に注目すべき変化がある。NutanixやVMwareの動きに加えて、主要ベンダーを追う注目ベンダーの動向をまとめる。(2021/11/8)

DELL、VMwareの分離を正式発表 CEOと会長は続投 経営の柔軟性向上へ
米Dell TechnologiesがVMwareのスピンオフを正式発表した。VMwareのCEOはラグー・ラグラム氏が続投。経営の自由度・柔軟性向上を目指す(2021/11/2)

VMworld 2021発表まとめ:
マルチクラウドにおける次の課題とVMwareのサービス化、Kubernetesの役割
VMwareは新CEOの下で、大きく舵(かじ)を切っている。VMwareは年次イベントVMworld 2021で、マルチクラウドの世界に進むユーザー企業が直面する、次の課題を解決する企業になることを宣言し、関連製品・サービスを発表した。(2021/10/20)

VMworld 2021で米国での提供開始を発表:
「AWS Outposts」のVMware版「VMware Cloud on AWS Outposts」はどう使える?
VMwareが発表した「VMware Cloud on AWS Outposts」は、企業拠点にAWSを持ち込む「AWS Outposts」に、VMware環境を乗せたものだ。このサービスは、以前からオンプレミスで VMware環境を運用している企業にとって、どんな意味があるのだろうか。(2021/10/14)

VMwareが「VMware Cross-Cloud Services」発表、クラウド移行やエッジ移行を支援するツールも用意
VMwareは「VMware Cross-Cloud Services」の提供を開始する。企業アプリケーションのクラウド移行を支援するVMware Cloudの拡張機能と、企業のエッジ移行を支援する「VMware Edge」も発表した。(2021/10/7)

vCenter Serverの脆弱性、完全なエクスプロイトが公開 影響拡大の懸念
「VMware vSphere」のサーバ管理ソフトウェア「VMware vCenter Server」の脆弱性(CVE-2021-22005)に対する完全なエクスプロイトが開発された。これを利用したサイバー攻撃は広範囲に及ぶ見込みだ。(2021/9/30)

vCenter Serverに任意ファイルアップロードの脆弱性 広範囲なサイバー攻撃の懸念
「VMware vSphere」のサーバ管理ソフトウェア「VMware vCenter Server」に任意のファイルアップロードが可能になる脆弱性が発見された。同脆弱性を利用したサイバー攻撃が確認されているため、迅速にアップグレードや回避策を適用してほしい。(2021/9/29)

NVIDIAが「AI Enterprise」の一般提供を開始 高速AI処理を仮想化
NVIDIAは、「NVIDIA AI Enterprise」の一般提供を開始する。NVIDIA-Certified Systems(NVIDIA認証システム)でVMware vSphereを稼働させ、仮想マシン上でも物理サーバで稼働させたときに近い速度まで引き上げる。(2021/8/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。