ニュース
» 2009年08月28日 13時13分 UPDATE

デジタルアーツ、企業向けWebフィルタリング製品の最新版を発売

デジタルアーツは、ウイルス対策ソフトとの連携や仮想化環境に対応した「i-FILTER Ver. 7.5」を発売する。

[ITmedia]

 デジタルアーツは8月28日、企業向けWebフィルタリングソフトの最新版となる「i-FILTER Ver. 7.5」を9月2日に発売すると発表した。既存ユーザーは無償バージョンアップができる。

 最新版では、カスペルスキーのウイルス対策ソフト「Kaspersky Anti-Virus for Proxy Server」と連係する機能を搭載。ICAP通信によって、ウイルスなどに感染したWebサイトへの接続をブロックし、その結果をi-FILTERのリポーティングツール(オプション)で集計できるようにした。

 また、VMwareおよびMicrosoft Hyper-Vに対応し、仮想化環境への導入を可能にした。新規導入での価格は、30ユーザーの場合で年間20万4000円(税別)からとなっている。

エンタープライズ注目記事一覧はこちら

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -