ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フィルタリング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

セキュリティニュースアラート:
macOSユーザーを狙ったTeamsの詐欺広告に要注意 重要データを盗まれる恐れ
MalwarebytesはmacOSユーザーを標的とした新たなマルバタイジングキャンペーンを報じた。Microsoft Teamsの詐欺広告を悪用してAtomic Stealerというマルウェアを配信している。必ず公式サイトからダウンロードすることが推奨されている。(2024/7/17)

パフォーマンスを最適化するための機能追加も:
TypeScript 5.5正式版公開 正規表現の構文チェックなど新機能追加
Microsoftは「TypeScript 5.5」の正式版を公開した。本記事では、「新しいECMAScript Setメソッドのサポート」「正規表現の構文チェック」などのβ版以降に追加された新機能について取り上げる。(2024/7/10)

セキュリティニュースアラート:
Linux向けシステムアクティビティー監視ツール「Kunai」が登場 SysmonForLinuxの代替に
SysmonForLinuxの代替となるシステムアクティビティーを監視するツール「Kunai」が公開された。Linuxに特化して設計されており、より高度なシステム監視を実現できるという。(2024/7/10)

Go AbekawaのGo Global!〜フィトリさんFromマレーシア(後):
人生は勉強だから、いろいろなことを学ばないと
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回もシステムエンジニアのHamel Fitri(ハマル・フィトリ)さんにお話を伺う。車のエンジニアから一転してソフトウェアエンジニアを目指したフィトリさん。立ちはだかった「面接の壁」をフィトリさんはどう乗り越えたのか。(2024/7/10)

「macOS」ファイアウォール活用法【前編】
macOSのデフォルト無効の「ファイアウォール」を使うべき理由とは?
セキュリティ対策のコストはかさみがちだが、クライアントOSのファイアウォール機能を使えば、手軽に防御策を強化できる。「macOS」のファイアウォール機能で何ができるのか。(2024/7/8)

PR:「悪意ない」クラウドの設定ミスで情報漏えい、防止策は 共有状況を可視化して守る自由とガバナンス
いまや欠かせないITインフラとなったクラウドサービス。しかし利用するクラウドサービスが増えるほど管理の目が行き届かず、従業員の悪意のない設定ミスにより情報漏えいにつながる事例も増えてきた。どうすればいいのか。(2024/6/28)

Google、オープンな生成AIモデル「Gemma 2」リリース 270億パラメータモデル追加
Googleは2月に発表した生成AIモデル「Gemma」の次世代「Gemma 2」をリリースした。9Bと27Bの2サイズで、9Bの性能はMetaの「Llama 3」の8Bを上回るとしている。(2024/6/28)

SEO対策:
Google内部文書漏えい、やはり零細サイトは大手に勝てないのか? 明かされた5つの秘密
Googleの内部文書漏えいによって、いくつかの「建前」が暴かれた。今後SEO対策とどう向き合えばよいのか?(2024/6/28)

セキュリティニュースアラート:
ZscalerがNVIDIAと提携を発表 AIアシスタント技術の大幅強化を計画
ZscalerはAIアシスタント技術の強化を目的にNVIDIAと提携を発表した。NVIDIAのマイクロサービス群などをZscaler Zero Trust Exchangeに組み合わせて、データ処理能力の向上を図る。(2024/6/21)

Perplexity 創業者CEOインタビュー:
「Google検索を脅かす」Perplexity、他の生成AIチャットbotとどう違うのかを聞いた
AI関連で大きな注目を集め、著名人からの投資を次々に獲得しているPerplexity AI。「Google検索を駆逐する」と表現されることもあるが、何を目指したどんなサービスなのか。来日した創業者CEOに、いろいろと聞いた。(2024/6/20)

LLMをトレーニングするための合成データを生成:
NVIDIA、LLMのトレーニングに使用できるオープンモデルファミリー「Nemotron-4 340B」を発表
NVIDIAは、LLMをトレーニングするための合成データを生成するオープンモデルファミリー「Nemotron-4 340B」を発表した。(2024/6/19)

クラウドセキュリティ構築のこつ【前編】
クラウドセキュリティは「予算オーバーが当たり前」という残念過ぎる現実
オンプレミスシステムでもセキュリティ対策は容易なことではないが、クラウドサービスが加わると話は一段と簡単ではなくなる。仕組みと予算の両面でセキュリティシステム構築を適切に進めるための要点とは。(2024/6/18)

産業領域のデータ基盤:
PR:“一品一葉”のデータを社内横断で活用 東洋エンジニアリングのDXの進め方
DXでは、いかにデータを利活用するかが極めて重要なテーマだ。だが、社内体制や仕組みづくりなどのオペレーション面が障壁になってDXが進まないケースも散見される。本稿では、Alteryxなどを活用して生産性を着実に向上させている東洋エンジニアリングの事例を紹介する。(2024/6/18)

Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(9):
RustとDioxusで投稿アプリのSPAに一覧表示機能を実装しよう
第9回では、第8回の続きとして、投稿アプリSPAの機能を拡張していきます。第9回では、一覧表示機能のコードを通じて、Dioxusのコンポーネントの理解を進めます。(2024/6/13)

MicrosoftがWindows 11「Recall」の仕様変更を発表
Microsoftは「Recall」機能の仕様変更を発表した。Recallはアプリやドキュメント、Webサイトの過去の活動を探すもので、プレビュー版は6月中旬にリリースが予定されている。(2024/6/11)

ソーシャルエンジニアリング攻撃の標的に:
Microsoftが注意喚起 「クイックアシスト」を悪用した「テクニカルサポート詐欺」の手口、対策とは
Microsoftはリモート支援ツール「クイックアシスト」を悪用したサイバー攻撃を観測している。攻撃の手口と同社が推奨する対処法を紹介する。(2024/6/10)

ブラックホールに要注意【後編】
実はセキュリティ対策に有効「ブラックホールルーティング」を使いこなすには?
パケットを転送せず破棄するブラックホールルーティングという技術がある。メリットもあるが、意図せず発生してしまうことがある。どのように使いこなせばよいのか。(2024/5/30)

教育機関に広がる「VMware買収」の影響【前編】
「VMwareライセンス費用の増加」に悲鳴 “買収の余波”が教育現場にも
BroadcomによるVMware買収に伴い、教育機関がVMware製品の実質的な値上げに直面している。VMware製品の代替製品を検討する余裕がない非営利団体の事例を紹介する。(2024/5/23)

最終リリース版は2024年6月公開予定:
TypeScript 5.5 β版公開、「型述語の推論」や「JSDoc内の型インポート」とは
Microsoftは「TypeScript 5.5」のβ版を公開した。本記事では、追加された「型述語の推論」と「JSDoc内の型インポート」について取り上げる。(2024/5/18)

Pythonデータ処理入門:
[pandas超入門]DataFrameオブジェクトの作成と行や列、要素の選択
DataFrameオブジェクトを生成する方法とその際に指定可能なオプション、DataFrameから特定の行や列、個別の要素をiloc属性とloc属性で選択する方法を見ていきます。(2024/5/10)

生成AIは2024年から「実装フェーズ」に どのような領域で活用進む?
ChatGPTが生成AI業界を席巻した2023年、まずは社内での活用を進めた企業が多かったように感じます。2024年からは一転、顧客や消費者に対して活用する「実装フェーズ」に入っていきます。具体的にどのような業界で活用が広がるか、考えてみましょう。(2024/5/7)

自然言語で生成AIアプリを作成できる新機能も発表:
AWS、ビジネスとソフトウェア開発を支援する生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を開始
AWSは、ビジネス全般とソフトウェア開発を支援するように設計され、業務に合わせてカスタマイズできる生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を開始した。(2024/5/7)

スマホは“基本的人権” 楽天モバイルが「最強こどもプログラム」を提供する理由
楽天モバイルが5月2日、「最強こどもプログラム」を発表した。12歳以下のユーザーを対象に、毎月のデータ量が3GB以下なら440ポイントを、3GB超過月は110ポイントを満13歳になる前の月まで毎月還元する。なぜ同社は子ども向けの割引プログラムを提供するのか。(2024/5/2)

カスタムモデルインポート、モデル評価、安全対策:
AWS、生成AIアプリの構築、展開基盤「Amazon Bedrock」の新機能を発表
AWSは、基盤モデルを使用した生成AIアプリケーションの構築、展開を支援する「Amazon Bedrock」サービスの新機能を発表した。新機能には、カスタムモデルインポート、モデル評価、「Guardrails for Amazon Bedrock」があり、使用可能な基盤モデルの選択肢も拡大している。(2024/4/26)

Apple、iPhoneでも稼働するオープンな言語モデル「OpenELM」を公開
Appleは、iPhoneでも稼働するオープンソースの言語モデル「OpenELM」をHugging Faceで公開した。iPhoneやMac上でモデルを実行できるようにするライブラリも公開した。(2024/4/25)

CADニュース:
AI活用機能を強化した「AutoCAD 2025」「AutoCAD Plus 2025」をリリース
Autodeskは、CADソフトウェア「AutoCAD 2025」「AutoCAD Plus 2025」の販売を開始した。Autodesk AIを活用した機能や、Autodeskおよびサードパーティー製品との連携機能などを強化している。(2024/4/24)

Synology「BeeStation」はNASより便利な一面も 家族の“秘密”も守れるストレージ、共有リンクや写真管理もある
BeeStationの機能は他にも便利な機能が複数用意されている。今回はその便利な機能について詳しく見ていこう。(2024/4/16)

動画共有・レビューツールの「Frame.io」がアップデート バージョン4(β版)に
米Adobeは、動画共有・レビューツール「Frame.io」の新バージョン「Frame.io Version 4」(β版)を公開した。3年の開発期間を経てリリースされたもので、ユーザーインタフェースなども含めて手が加えられている。(2024/4/11)

Innovative Tech:
多くのベンダーの「メールフィルタリング」に設定ミス サイバー攻撃の原因にも 米研究者らが調査
米カリフォルニア大学サンディエゴ校と米シカゴ大学に所属する研究者らは、クラウドベースのメールフィルタリングサービスの脆弱性を指摘した研究報告を発表した。(2024/4/8)

当たり前ができないセキュリティの現実
「VPNが必須」以前にあれをやっては駄目 テレワークを危険にする“NG集”
テレワークの普及によって従業員の働く場所が多様化し、セキュリティの守備範囲は拡大した。従業員のセキュリティ意識を向上させつつ、社内データへの安全なアクセスを確保するには何をすればよいのか。(2024/4/2)

「じゃらんnet」はいかにしてプロンプトインジェクションを防いでる? Azure OpenAI Serviceの安全な活用法
旅行予約サイト「じゃらんnet」ではAzure OpenAI Serviceを基盤とするチャットAIサービスを試験提供している。同サービスではプロンプトインジェクションをどうやって防いでいるのか。(2024/4/1)

楽天グループが大規模言語モデルを公開 Mistralベースの70億パラメータ 商用利用も可能
楽天グループは、日本語に特化した大規模言語モデル(LLM)「Rakuten AI 7B」などを公開した。フランスのAIスタートアップ企業のMistral AIのLLM「Mistral-7B-v0.1」を基盤に開発した70億パラメータのLLM。商用利用も可能。(2024/3/21)

「Excelより100倍高速」「Pythonネイティブ」をうたう:
Snowflake、Redshift、PostgresSQLと連携可能な表計算ソフト「Row Zero」発表
Row Zeroは、表計算ソフトウェア「Row Zero」を発表した。「Microsoft Excel」や「Google Sheets」のような見た目と操作性を持ちながら、100倍高速だとしている。(2024/3/21)

初心者が選んではいけないスマートフォン iPhoneとAndroidの共通NGポイント
スマホ初心者を対象とするような機種も多くあるが、誤った機種を選択すると「失敗」したという声を毎年のように耳にする。今回は過去に数百台のスマートフォンを購入し利用してきた筆者が、初心者が選んではいけないスマートフォンを紹介しよう。AndroidとiPhoneで共通する注意点がある。(2024/3/20)

3Dスキャナーニュース:
手のひらサイズで高精度なスキャンができる3Dスキャナーを発売
APPLE TREEは、3Dスキャナー「3DMakerpro」シリーズから「Seal」「Seal Lite」の販売を開始した。手のひらサイズで200gと軽く、高精度なスキャンができる。(2024/3/14)

PR:すぐやる? じっくりやる? 災害対策のバックアップ「松竹梅」
(2024/3/14)

石野純也のMobile Eye:
シンプルで分かりやすい楽天モバイルの「最強青春プログラム」 ただし“お得感”では疑問も
楽天モバイルが、0歳から22歳までのユーザーに毎月110円分の楽天ポイントを還元する「最強青春プログラム」を3月12日から提供する。同社は2月に「最強家族プログラム」を開始したばかりだが、これと最強青春プログラムは併用が可能。割引額としては小さいが、楽天モバイルの狙いはユーザーの「選択肢に挙がること」にあるという。(2024/3/9)

データサイエンスのモデル入門【第3回】
画像処理から気象予報まで――「離散事象シミュレーション」とは何かおさらい
画像処理や気象予報など、身近な場面で活用されている予測モデル「離散事象シミュレーション」の仕組みや活用例について解説する。(2024/3/7)

セキュリティニュースアラート:
約9割の企業がシャドーIT対策に課題 専門家が指摘する“まずやるべきこと”
アシュアードはシャドーITの対策実態調査結果を発表した。多くの企業がシャドーIT対策を十分に講じられておらず、対策を講じている企業でも課題が多いことが明らかになった。(2024/3/5)

マルチパックの再利用によるパック生成の高速化など:
「Git 2.44」新機能のハイライトをGitHubが解説
オープンソース分散バージョン管理システムの最新版「Git 2.44」が公開され、GitHubが新機能のハイライトを解説した。(2024/2/29)

PR:「生成AIの価値はデータで決まる」 成果につながる「データマネジメント」を“6つのステップ”で解説
(2024/3/1)

AUTOSARを使いこなす(31):
AUTOSARの最新リリース「R23-11」(その1)+SDVに取り組むための心構え
車載ソフトウェアを扱う上で既に必要不可欠なものとなっているAUTOSAR。このAUTOSARを「使いこなす」にはどうすればいいのだろうか。連載第31回は、日本におけるAUTOSARの活動状況を報告するとともに、最新改訂版の「AUTOSAR R23-11」を紹介する。加えて、自動車業界で注目を集める「SDV」にどのように取り組むべきかについて論じる。(2024/2/15)

Amazonのタブレット「Fire HD 10 キッズプロ」を小学校低学年の子どもに使ってもらった結果
アマゾンジャパンが6歳以上の子どもが使うことを想定したタブレット「Fire HD 10 キッズプロ」を発売しました。筆者の子どもに実際に使ってみると、良い点と改善すべき点がいろいろ見えてきたので、まとめてみます。(2024/2/9)

PR:国内詐欺サイト、検知率95%超え! スマホに「詐欺ウォール」を導入してネットの危険から身を守ろう
スマートフォンやPCでインターネットサービスを利用する際に注意したいのが「ネット詐欺」だ。BBソフトサービスが提供している「詐欺ウォール」は、国内のネット詐欺に特化しており、95%を超える検知率を特徴としている。ネット詐欺に遭いやすいのは「情報をうのみにしてしまう人」だという。(2024/2/5)

エヴァ「MAGIシステム」が生成AIの賢い活用方法? 出力結果の精度を上げるアイデアとは
“生成AI時代”に適したAIの使い方は「エヴァ」の「MAGIシステム」が適している――このアイデアが飛び出した。生成AIの性能を引き出す活用方法を探る。(2024/2/1)

セキュリティソリューション:
アクロニス、MSP向けにAdvanced SecurityとEDR機能を統合 事業者は追加料金なしで利用可能
アクロニス・ジャパンはマネージドサービスプロバイダー向けに、Acronis Cyber Protect Cloudのアドオン「Advanced Security」にEDRソリューションを統合した。この新ソリューションはMSP事業者が追加料金なしで利用できる。(2024/1/31)

脆弱性が解消しない「Microsoft Outlook」【後編】
Microsoftがパッチを出しても「Outlook」の脆弱性が解消しない“根本的な問題”
Microsoft Outlookの脆弱性が相次いで発見されている。同製品の脆弱性を調査するAkamaiによると、同製品の脆弱性が解消しない背景には、“ある機能”が関係しているという。その機能とは何か。(2024/1/31)

Social Media Ttoday:
TikTokマーケティングで成功するための5つのヒント
2024年にTikTokに注力したいと考えているマーケターのために、取り組みを正しく軌道に乗せるためのTipsを紹介する。(2024/1/23)

Itmedia Security Week 2023秋 イベントレポート:
川口 洋氏が提言、エンドポイントを守るために今すぐ“やめるべき”5つの習慣
なぜエンドポイントでインシデントが発生するのか。それは5つの穴を放置しているからに他ならない。川口設計の川口 洋氏が今すぐ見直したいエンドポイントの課題を明らかにした。(2024/1/18)

詐欺対策アプリ「Whoscall」を3カ月間無料に 能登半島地震に便乗した詐欺対策で
Whoscallは、詐欺対策アプリ「Whoscall」のプレミアム版を無償提供。能登半島地震に便乗した義援金詐欺などの詐欺被害を防ぐ目的で、1月31日までにアプリをダウンロードした新規ユーザーは3カ月間無料で利用できる。(2024/1/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。