ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「エンドポイントセキュリティ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「エンドポイントセキュリティ」に関する情報が集まったページです。

「攻撃者からすれば0.1%でも成功すれば十分」
高度化するサイバー攻撃への切り札になるか EDRのその先「XDR」とは
脅威はさまざまな経路から企業に侵入しようとしている。エンドポイントセキュリティの製品として「EDR」はあるが、通知が多すぎるなど幾つかの課題がある。この課題を解決する「XDR」とは何か。有識者に話を聞いた。(2022/5/13)

SecOpsチームが担う作業を自動化:
Microsoft、中小企業のランサムウェア対策などを支援する「Microsoft Defender for Business」スタンドアロン版をリリース
Microsoftは、エンタープライズグレードのエンドポイントセキュリティを中堅・中小企業に提供する「Microsoft Defender for Business」スタンドアロン版の一般提供を開始した。(2022/5/10)

IoT&5Gソリューション展:
カシオがエンドポイントAIカメラの事業化へ、リョーサンとエコシステムを構築
カシオ計算機は、「第11回 IoT&5Gソリューション展 春」のリョーサンブースにおいて、開発中のエンドポイントAIカメラモジュールの試作機を披露した。今回の参考出展を契機に、入退室管理や工場内の作業分析、店舗における顧客分析などの用途に向けて2022年度内を目標に事業化を目指す。(2022/4/8)

“現場頼み”のセキュリティはなぜダメなのか:
PR:エンドポイントセキュリティ実現のポイント
テレワークが進む中、エンドポイントにおけるセキュリティリスクへの対処が多くの企業の課題になっている。新しいタイプの脅威も登場する中で、ポストコロナ時代における新しいセキュリティ対策を紹介する。(2022/4/7)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「リモートワークとエンドポイントセキュリティ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/2/25)

Microsoft Azureのセキュアアクセス手段を比較【後編】
Azure「Private Link」「サービスエンドポイント」の違いとは? どちらを選ぶ?
「Microsoft Azure」への安全な接続を実現する「Private Link」と「サービスエンドポイント」。この2つは何が違うのか。主な違いを整理する。(2022/2/22)

組み込み開発ニュース:
60GHz帯ミリ波無線通信で高品質動画のリアルタイム伝送に成功
フジクラ、テラピクセル・テクノロジーズ、intoPIXは、60GHz帯における高品質動画のリアルタイム無線伝送に成功した。「60GHz帯ミリ波無線モジュール」と「エンドポイントAI機器」を組み合わせることで、低遅延の高画質映像を得られる。(2022/2/8)

Microsoft Azureのセキュアアクセス手段を比較【前編】
Azureを安全に使う「Private Link」「サービスエンドポイント」とは?
Microsoftは「Microsoft Azure」への安全な接続を実現するためのサービスや機能を提供している。その中から「Private Link」「サービスエンドポイント」を取り上げる。(2022/2/4)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「エンドポイントセキュリティの現状」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/1/31)

日立ソリューションズ、「秘文 統合エンドポイント管理サービス IDaaS連携」を提供開始 IDaaS連携でゼロトラストの負荷軽減
日立ソリューションズは、IDaaSと連携させてユーザー認証や機器認証、機器のセキュリティ態勢管理を統合したサービスの提供を開始する。まずは「Okta Identity Cloud」と連携させる。(2022/1/27)

第一人者対談に学ぶ:
PR:ハイブリッドワーク時代の幕開け――2022年の情報セキュリティマネジメント、最適解は?
自宅で、オフィスで、またはカフェでと、それぞれが最もパフォーマンスを発揮できる場所を能動的に選び働くハイブリッドワーク。働き方改革を進める上で、今注目が集まるキーワードだが、そのとき、散らばる社員の情報セキュリティはどう管理するべきか? ウィズコロナを考えたとき、欠かせないエンドポイントのセキュリティ、その在り方をプロ対談から学ぶ。(2022/1/11)

EDRを導入したものの、臨戦態勢から解放されない担当者の実態:
PR:ゼロトラスト型のエンドポイント対策とEDRを組み合わせ、現場に即した「ゼロカロリーのセキュリティ運用」とは
「脅威の侵入を100%防ぐことは困難」という前提に立ち、EDRを導入する企業が増えてきたが、今度は「とても運用し切れない」という課題が浮上している。この課題の解決策として、ゼロトラスト型のエンドポイントセキュリティ製品と独自レポートを組み合わせる方法がある。果たして、どのぐらい有効なのだろうか。(2021/11/26)

第三者評価も参考にできる
「一番いいのを頼む」とはいかないEDR選定、決め手は“アラートの数”?
エンドポイントセキュリティとして注目されている「EDR」。だが、市場にはさまざまなEDR製品があるため、 選定には時間がかかる。製品の性能を客観的に評価するにはどういった方法が有効なのか。(2021/11/18)

中小企業のセキュリティ強化へ、MSが複数の新製品を発表
Microsoftは、セキュリティに関する複数の製品を発表した。中小企業にエンタープライズ級のエンドポイントセキュリティを提供する「Defender for Business」のパブリックプレビューを2021年11月末に開始する。(2021/11/9)

ルネサス RA2E2グループ:
小型IoTエンドポイント機器向けRAマイコン
ルネサス エレクトロニクスは、32ビットマイコン「RA」ファミリーとして、小型IoTエンドポイント機器向けの「RA2E2」グループを開発した。小型で低消費電力のため、ウェアラブル機器、医療機器、家電製品、産業オートメーションなどに適する。(2021/10/26)

ゼロトラスト時代のいたちごっこをくい止めたい
大企業ほど重い課題となる非管理端末の脅威、2つの仕組みで一元管理を
支社や海外拠点を複数持つ企業では守るべき領域が広くなり、セキュリティシステムのサイロ化が発生しがちだ。非管理端末を狙う脅威が深刻化する中、企業はセキュリティの一元管理とエンドポイント管理をシンプルに実現する必要がある。(2021/10/13)

「サイバー攻撃対策とエンドポイントセキュリティ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にiPhone SE(第2世代/64GB)をプレゼント。(2021/10/8)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(157):
これで画面共有も安心、Windows 365 Cloud PCとAzure Virtual Desktopで「画面キャプチャ保護」機能が利用可能に
Azure Virtual Desktopで「画面キャプチャ保護」機能が正式にサポートされました。これにより、スクリーンショットや画面共有を使用してエンドポイントから機密情報が漏えいするリスクを軽減できます。この機能は、Azure Virtual DesktopをベースとするWindows 365 Cloud PCでも利用可能です。(2021/9/17)

PR:日立ソリューションズ×澤円氏対談 テレワークに求められるエンドポイントセキュリティとは
(2021/9/15)

「サイバー攻撃対策とエンドポイントセキュリティ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にiPhone SE(第2世代/64GB)をプレゼント。(2021/9/13)

攻撃者の狙いは大企業だけではない
「サイバー攻撃でビジネス停止」はどの企業にも起こり得る? 最新事情と対策
ランサムウェア攻撃やサプライチェーン攻撃など、多様な攻撃が企業を襲っている。テレワークが浸透し、社内外に従業員とデバイスが存在する昨今の企業に必要なエンドポイントセキュリティ製品は、どのような点に着目して選べばよいのか。(2021/8/19)

「エンドポイントセキュリティ製品の導入と課題」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/8/12)

“境界型セキュリティ”が通用しない時代
ゼロトラストセキュリティの鍵、「EPP」「EDR」を活用した対策とは
働き方もサイバー攻撃も多様化する中、新たな対策としてゼロトラストセキュリティが注目を集めている。実現に当たってはユーザーに最も近いエンドポイントの対策が重要になる。(2021/7/15)

「サイバー攻撃対策とエンドポイントセキュリティ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にiPhone SE(第2世代/64GB)をプレゼント。(2021/7/13)

脅威を迅速に「特定」「防御」し、被害を最小限に
テレワーク環境のエンドポイントを守る、NIST CSFの迅速&容易な実装方法とは?
テレワーク環境を整備する上で外せない、エンドポイントのセキュリティ対策。その参考になるのが、NISTのサイバーセキュリティフレームワークだ。実装に向けては限られた労力と時間でいかに進めるかが課題となる。これを解決する方法は。(2021/7/13)

キヤノンMJ、法人向けエンドポイントセキュリティのラインアップを刷新
キヤノンマーケティングジャパンは、包括的なセキュリティ対策を実施可能な法人向けサービス「ESET PROTECTソリューション」を発表した。(2021/7/2)

セキュリティ人材不足に「自動化」で対処
DX時代のゼロトラストセキュリティ、今から考えたい「運用の効率化」
ゼロトラストセキュリティの実現に向けて、アクセス制御や認証、エンドポイント、ネットワークなどの運用を管理しようと思うと膨大な業務が発生する。セキュリティ人材の確保が難しい中、脅威検出から対処までを効率化する秘策は。(2021/7/1)

柔軟性と拡張性で多様な企業ニーズに応える:
PR:ニューノーマル、テレワーク、DX……激しい変化の中で「失敗しない」エンドポイントセキュリティを実現するには?
IT環境やサイバー攻撃の変化を受け、企業はより速いペースでセキュリティ対策を見直すことを求められている。時間も予算も限られる中で何をどこから始めるか。効果的な対策を無理なく実施するために最低限押さえるべきポイントとは。(2021/7/1)

「エンドポイントセキュリティ製品の導入」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(5000円分)をプレゼント。(2021/6/23)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(187):
ラボ環境のメモリが足りない! あるサーバアプリのハードウェア要件が右肩上がりな件について
1年以上前に筆者のラボ環境の仮想マシンにインストールした「Microsoft Endpoint Configuration Manager」を、最近リリースされた最新バージョンにアップデートしようと思ったら、あれやこれやで丸一週間かかりました。(2021/6/16)

管理者が負荷なくリスクを把握できる方法とは
ゼロトラストを見据えて考える、テレワーク時代に必要なエンドポイント対策
PCなどのエンドポイントが、自宅やサテライトオフィスなど目が届かない場所にあるテレワーク環境では、情報システム部門の管理が及ばなくなりつつある。ゼロトラストセキュリティの実現も見据えた、リスクの可視化と対策方法を考える。(2021/6/14)

テレワークが普及した今だからこそ 日本HPが注力する「エンドポイントセキュリティ」を解説
HPが、ビジネス向けPCにおけるエンドポイントセキュリティソリューションを「HP Wolf Security」というブランド名で訴求し始めた。なぜ今、エンドポイントセキュリティを強力に訴求するのか、日本HPが狙いを説明した。(2021/6/11)

デジタルリーダーの必修用語解説:
EDR(イーディーアール)とは
EDR/Endpoint(Threat)Detection and Response/イーディーアール(2021/10/18)

実態調査で判明:
EDR製品は「役に立たない」と思う企業がまずやるべき「3つ」のこと
テレワークの促進によってエンドポイントセキュリティの重要性が再認識される中、タニウムが「国内EDR実態調査」を発表した。同調査では、EDR製品導入における課題や、導入後に製品を使いこなせていない実態が明らかになった。(2021/6/2)

クラウドとテレワークの時代に何が必要?
「ゼロトラスト」で社内外のデバイスを守るエンドポイントセキュリティ選定術
クラウドサービスの普及とテレワークの浸透により、従来型のセキュリティでデバイスを保護することが難しくなってきた。現代に必要なエンドポイントセキュリティ製品とはどのようなものか、「EPP」「EDR」「MDR」に着目して考える。(2021/6/2)

理想のSOC運用を実現するサービスの選び方
脅威の高度化に伴いセキュリティツールも増加、脅威の監視はどうすれば楽になる?
脅威の高度化に伴いエンドポイントの監視など、状況に応じセキュリティツールを次々に導入すれば、監視すべき領域やログも膨大なものになる。高まるサイバー攻撃対策の運用負荷はどう解消すればよいのか。(2021/6/7)

IoTセキュリティ:
マカフィーはセキュリティのプラットフォーマーへ、法人部門は事業売却で独立
マカフィーが2021年の事業戦略を説明。これまでも重視してきた「デバイスからクラウドまでの保護」に「クラウドファースト」や「将来を見据えたセキュリティ運用の構築」を加えて、同社のセキュリティソリューション「MVISION」を、クラウド、ネットワーク、エンドポイントを全面で守るプラットフォームとして展開していく方針だ。(2021/5/13)

富士通株式会社提供Webキャスト:
中堅・中小企業にも魅力あるテレワーク、“要”はエンドポイントセキュリティ
ニューノーマル時代へのシフトが進み、新型コロナ対策として導入されたテレワーク環境は一過性のものではなくなった。特に中堅・中小企業がテレワークを継続的に活用するためには、発想の転換とセキュリティ対策の見直しが不可欠となる。(2021/5/12)

Microsoft Defender for Endpointでクリプトジャッキングの検出が可能に Intelの技術を活用
Microsoft Defender for Endpointにクリプトジャッキングの検出機能が搭載される。Intelからの技術協力によって、CPUの振る舞いから意図しないマイニングの動作を検出できるようになるという。(2021/4/27)

TechTargetジャパンクイズ
「エンドポイントセキュリティ」の基礎知識を試す4問クイズ
「エンドポイントセキュリティ」の基礎知識を確認できるクイズを掲載したブックレットを公開しました。TechTargetジャパン会員であれば無料でダウンロードできます。(2021/4/27)

「サイバー攻撃対策とエンドポイントセキュリティ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にiPhone SE(第2世代/64GB)をプレゼント。(2021/4/26)

IoTセキュリティ:
5Gおよびローカル5G向けセキュリティソリューションの提供開始
トレンドマイクロは、5Gおよびローカル5G向けセキュリティソリューション「Trend Micro Mobile Network Security」を発表した。エンドポイントセキュリティとネットワークセキュリティの2つのツールで構成する。(2021/4/16)

最新のエッジ仮想化サービスを主要事例から学ぶ:
PR:Equinixが日本で開始、「エッジ」を簡単に実現する仮想化サービスとは
DXを推進するためにはエンドポイントからデータセンター、クラウドサービスまでをつなぐデータの流れをどう設計するかが重要だ。Equinixが提唱するアーキテクチャとそれをシンプルに実現するための新しいサービスとはどのようなものか。(2021/4/20)

セキュリティ対策を集中管理する秘訣とは?
ゼロトラスト戦略を成功に導く、ネットワークの要素を踏まえた正しいアプローチ
テレワークの普及により境界型セキュリティが意味を成さなくなった今、「ゼロトラスト」の考え方が主流となりつつある。しかし、エンドポイント防御だけに着目するのは危険でもあるという。クラウド時代に必要な、正しい対策方法を探る。(2021/4/12)

なぜ両方必要? EDRとNDR
ゼロトラストセキュリティに向けた、エンドポイントとネットワークのアプローチ
IT環境の変化やデジタル化に伴い、既存のデータセンター境界線型の対策から脱却し、ゼロトラストセキュリティを検討する動きが続いている。重要なポイントは、エンドポイントの健全性とネットワークの視点も加えた多面的な現状把握だ。(2021/4/13)

セキュリティ人材の不足が潜在要因:
Gartner、2021年のセキュリティとリスク管理における「8つのトレンド」を発表
Gartnerは2021年3月23日、セキュリティやリスク管理のリーダーが対応する必要のある8つの主要なトレンドを発表した。セキュリティスキルを持った人材の不足やエンドポイントの爆発的な多様化といった課題に沿ったトレンドだ。(2021/3/24)

情報漏えいや業務停止のリスクが増大
エンドポイントの先を狙う脅威、サーバ基盤のワークロード/アプリをどう守る?
リモートワークの普及などにより企業のセキュリティ対策に変革が求められている今、特に重要視されるのが、エンドポイントの先にあるサーバ基盤のワークロード/アプリケーションの保護だ。その理由と、対策のポイントを解説する。(2021/3/1)

オン・セミコンダクター RSL10 Smart Shot Camera:
自動でAI画像認識が可能なカメラモジュール
オン・セミコンダクターは、クラウドベースのAIと画像キャプチャー、画像認識を組み合わせた「RSL10 Smart Shot Camera」を発表した。監視カメラやスマート農業などにおけるIoTエンドポイントでAIベースの画像認識が可能となる。(2021/3/1)

株式会社日本HP、SCSK株式会社提供ホワイトペーパー:
VPNの限られた帯域幅でも円滑にパッチ配信、テレワークでのPC管理の最適解とは
テレワークの普及により社内ネットワーク外で使われるPCが増える中、脆弱性対策やセキュリティパッチの適用など、管理/保護の課題が顕在化している。これらを一挙に解消するとみられる、注目のエンドポイント管理ツールとは?(2021/11/22)

「エンドポイントセキュリティ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にiPhone SE(第2世代/64GB)をプレゼント。(2021/1/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。