ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「エンドポイントセキュリティ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「エンドポイントセキュリティ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「エンドポイントセキュリティ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2020/7/29)

「次世代エンドポイントセキュリティ製品の検討状況」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2020/7/3)

24時間365日、全世界対象のEDR運用を可能に
ユーシン精機が挑戦、次世代エンドポイントセキュリティ運用の最適解とは
「プラスチック成形品取出ロボット」のリーディングカンパニーであるユーシン精機は、ファイルレス攻撃を利用した標的型攻撃対策を進めるため、従来型アンチウイルス製品の採用をやめた。運用負荷なく世界に散らばる拠点を守った方法とは。(2020/6/30)

高度なセキュリティを自社で運用できるのか
「今まで見えなかったものを見つける」次世代セキュリティ 運用はどう回す?
サイバー攻撃は増加する一方だ。こうした脅威から企業を守る次世代のエンドポイントセキュリティが登場している。そうなると次の課題は「運用」だ。(2020/6/29)

「テレワークって意外と使える」と思ったら
これからもテレワークを続けるために見直すべきエンドポイントセキュリティ
クラウドサービスとテレワークの普及に伴って、これまでのセキュリティ対策に根本的な変化が求められている。その鍵を握るのは侵入を前提としたエンドポイントのセキュリティ対策だ。(2020/6/29)

Microsoft、セキュリティアプリ「Defender ATP」のAndroid版パブリックプレビュー公開
Microsoftが法人向けエンドポイントセキュリティ対策サービス「Microsoft Defender ATP」のAndroidアプリのプレビュー版を公開した。iOS版は年内リリースの予定だ。(2020/6/24)

必須要件は次世代アンチウイルス+EDR
数限りなくあるエンドポイントセキュリティ製品 次の本命の選び方とは?
PCのセキュリティ対策として従来採用されてきたアンチウイルス製品に限界が見え始めている。ファイルレス攻撃をはじめとする巧妙な手口から企業を守るには、もう一段上の防御と対応の仕組みが必要だ。(2020/6/12)

「エンドポイントセキュリティ製品の導入」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券5000円分をプレゼント。(2020/6/10)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(75):
Chromium版「Microsoft Edge」への移行に備えよう(その3)――グループポリシーによる自動配布
本連載第66回、第67回では、Chromiumベースの新しい「Microsoft Edge」を企業内クライアントに展開するためには、「Microsoft Endpoint Configuration Manager Current Branch」、または「Microsoft Intune」、もしくは「その他のソフトウェア配布ツール」が必要と説明しました。本稿では、Windows ServerおよびWindowsの標準機能だけでChromiumベースの新しいMicrosoft Edgeを企業内クライアントに自動配布する方法について解説します。(2020/6/2)

テレワーク時代のセキュリティを考える:
PR:クラウドベースの多層防御と、エンドポイントからクラウドまで、脅威対策を“点”から“線”にする新しいアーキテクチャとは
テレワークの採用が広がる今、求められるクラウドベースのセキュリティ対策とは? 入口のメールから、事後対処としてのEDR、さらにエンドポイントだけではなく、全レイヤーをカバーして脅威の全体像を明らかにするXDRを紹介する。(2020/6/1)

新型コロナ対策中の企業の取り組みを紹介
「テレワーク」の端末データ保護策はオフィスと何が違う? 事例に学ぶ
テレワークが企業の間で広がる中、テレワークに利用するエンドポイントのデータをいかに保護すべきか。具体策と課題を紹介する。(2020/5/19)

新人IT担当者でも分かる「統合エンドポイント管理」(UEM)【第3回】
間違った「UEM」製品を選ばないための見極めのヒント
「UEM」製品は多様なエンドポイントを一元管理できるが、全て同レベルで管理できる機能を持った製品はない。導入後に「機能が多過ぎる」「機能が足りない」と後悔しないために、見極めるべきポイントは。(2020/5/11)

組み込み開発ニュース:
ルネサスのArmマイコンがBluetooth5.0に対応、セキュアなIoT機器の開発が容易に
ルネサス エレクトロニクスは、同社のArmマイコン「RAファミリ」にBluetooth 5.0 Low Energy対応の新製品「RA4W1」を追加した。Bluetooth 5.0に対応したセキュアなIoTエンドポイント機器の開発が容易になるとする。(2020/5/8)

9月30日まで無償提供も:
日本HPが企業規模に応じたエンドポイントセキュリティサービスを発表
日本HPが、企業規模に応じたエンドポイントセキュリティサービスを新たに発表した。内容を一新したサービスを含め、さまざまな企業規模に応じたセキュリティ対策が用意されている。(2020/4/30)

「エンドポイントセキュリティ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2020/4/10)

テレワーク中の従業員や助成金を求める人を狙ったコロナ便乗サイバー攻撃が横行 米英のセキュリティ機関が共同で注意喚起
新型コロナウイルスに便乗した詐欺メールや詐欺サイト、VPNの脆弱性を突く攻撃、ZoomやMicrosoft Teams、MicrosoftのRDPエンドポイントなどのテレワークインフラを狙う攻撃の増加が報告されている。(2020/4/9)

新人IT担当者でも分かる「統合エンドポイント管理」(UEM)【第2回】
統合エンドポイント管理(UEM)10製品の「得意・不得意」な機能
「モバイルデバイス管理」(MDM)製品と「エンタープライズモビリティー管理」(EMM)製品のどちらから発展したのか。この視点で「統合エンドポイント管理」(UEM)製品を評価すると、各製品の強みや弱みが見える。(2020/4/6)

無駄なアラートに悩まされない
EDRの「こんなはずじゃなかった」はなぜ生まれる? 効率的な運用のヒント
事後対処を強化しようとEDR(Endpoint Detection and Response)機能のあるエンドポイントセキュリティ製品を導入しても、使いこなすのが難しいと感じる企業もあるだろう。無駄なアラートに悩まされないEDR機能とはどうあるべきだろうか。(2020/3/19)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
エンドポイントAIの動向
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2020年2月の業界動向の振り返りとして、エンドポイントAIの動向について、Embedded World 2020で展示予定だったと思われる2つの製品をコアにお届けする。(2020/3/9)

多様化する働き方を支える
テレワーク中のPCもセキュリティレベルを落とさない「SaaS型EDR」とは
サイバー攻撃の巧妙化とクラウド導入や働き方改革といった企業ITの変化によって、オンプレミス管理サーバで運用するエンドポイントセキュリティ製品は、ある課題を抱えるようになった。この課題を解決し、脅威を未然に防ぐには。(2020/3/19)

特集:「AI」は企業のセキュリティ対策に必要なのか、どう変革するのか(2):
セキュリティでも「AI」「機械学習」は活用すべきだ――ただし、多層防御の“層”の一つとして
ESETのエンジニアに、「AI/機械学習でどう顧客を守るのか」「特にエンドポイントに近いコンポーネントにおいてAIや機械学習をどう活用しているのか」を聞いた。(2020/2/25)

人工知能ニュース:
Armが提唱する「エンドポイントAI」の処理性能は従来比で最大480倍に
Armがマイコン向けプロセッサコアIP「Cortex-Mシリーズ」の最新プロダクト「Cortex-M55」と、Cortex-Mシリーズとの組み合わせにより機械学習ベースの推論アルゴリズムを効率的に実行できるNPU「Ethos-U55」を発表。Cortex-M55とEthos-U55を組み合わせた場合、現行の「Cortex-M33」と比べて推論アルゴリズムの処理性能は最大480になる。(2020/2/12)

従来比最大480倍のML性能を実現:
エンドポイントAI向け新Cortex-Mプロセッサ&NPU
Armは2020年2月10日、機械学習(ML)に特化した新プロセッサコアIP「Arm Cortex-M55」と初のCortex-M向けマイクロNPU(ニューラルプロセッシングユニット)IP「Arm Ethos-U55」を発表した。エッジAIよりさらに先のエンドデバイス上でのAI処理に向けた製品で、2つのIPを組み合わせることでMLパフォーマンスを従来に比べ最大480倍向上できるという。いずれも同日からライセンス提供を開始。ArmはこれらのIPを用いた最終半導体製品の出荷開始は、2021年初頭と予想している。(2020/2/12)

意外と知られていない次世代アンチウイルス製品の実力:
PR:EDR導入はハードルが高い? 最適なコストで始められるエンドポイントセキュリティ強化とは
脅威の巧妙化、そしてクラウドをはじめとするIT環境の変化に伴って、既存のセキュリティ対策だけでは限界があると感じるセキュリティ担当者は少なくないだろう。かといって、検知/対応までを支援するEDRを導入するには、コストも、また人的リソースの面でもハードルが高い。その間を補う、手の届きやすいソリューションとは。(2020/2/3)

エンドポイント環境の過去、現在、未来【後編】
モバイルデバイスやSaaSがもたらすエンドポイントの真の課題とは?
モバイルデバイスやSaaSを仕事で使うことが一般的になった今、エンドポイント環境に求められる要件も変化している。将来のエンドポイント環境はどうなるだろうか。(2020/1/16)

UEMのメリットと導入の注意点【後編】
「統合エンドポイント管理」(UEM)で管理できること、できないこと
「統合エンドポイント管理」(UEM)製品はセキュリティ確保だけでなく、デバイス管理を簡便にするメリットがある。ただしUEMでは管理できない幾つかの特殊な条件もあるため、検討時には注意が必要だ。(2020/1/9)

エンドポイント環境の過去、現在、未来【前編】
WindowsとCD-ROMが必需品 20年前のエンドポイント環境を振り返る
2000年から2020年までの20年で、業務に用いるアプリケーションやデバイス、働き方は大きく変化し、多様化した。20年前のITを取り巻く環境と働き方はどのようなものだったか、振り返ってみよう。(2020/1/7)

UEMのメリットと導入の注意点【前編】
多種多様なモバイルデバイスを使う職場に「UEM」が必要な理由
「統合エンドポイント管理」(UEM)製品を導入すると、1つのツールで多数のデバイスを管理できる。経済性、生産性、ビジネス全体におけるUEM製品のメリットはどのようなものがあるのか。(2019/12/26)

プレミアムコンテンツ:
これで分かる「統合エンドポイント管理」(UEM)入門
「統合エンドポイント管理」(UEM)製品は、どれを選べばいいのだろうか。ベンダーごとの製品の特徴と選定のポイント、「MDM」「EMM」などの関連製品との違いを詳しく説明する。(2019/12/20)

UEM選定で重視すべき6つのポイント【後編】
UEMの比較ポイント「アプリケーション管理」「IAM」とは?
「統合エンドポイント管理」(UEM)は「モバイルデバイス管理」(MDM)や「モバイルアプリケーション管理」(MAM)など各種機能を内包しており、特徴を見極めるのは容易ではない。選定ポイントは。(2019/12/19)

UEM選定で重視すべき6つのポイント【前編】
統合エンドポイント管理(UEM)を「対応OS」「セキュリティ」で比較するコツ
「統合エンドポイント管理」(UEM)の選定時には6つの機能に注目すると、製品の特徴を見極めるのに役立つ。前編となる本稿は、6つの選定ポイントのうち2つを紹介する。(2019/12/13)

EDRだけじゃない、Microsoft Defender ATP を使い倒すための近道:
PR:Microsoft Defender ATP による脆弱性管理と Microsoft 365 E5 との連携により一層広がる活用の幅をご紹介
本稿では、インシデントレスポンスに必要な機能の一つである「Endpoint Detection and Response(EDR)」の機能を統合的に管理、運用できる「Microsoft Defender Advanced Threat Protection(Microsoft Defender ATP)」による脆弱性管理と「Microsoft 365 E5」との連携による活用方法を紹介します。(2019/12/13)

セキュリティ運用の負荷増大を防ぐ
「EDR」の過剰な“マルウェア扱い”を減らすには? 検出性能アップの秘策
近年、エンドポイントセキュリティに求められる要件は大きく変化しており、侵害後の調査や対処を含めたサイクル全体で検討しなければならない。エンドポイントセキュリティにおける課題を整理し、製品選定のポイントを解説する。(2019/12/6)

セキュリティ強化や運用管理の効率化に効果
人工知能(AI)が「UEM」にもたらす4つのメリットと“落とし穴”
「統合エンドポイント管理」(UEM)に人工知能(AI)技術を活用すると、セキュリティ強化や管理の効率化に役立つ可能性がある。(2019/11/26)

Windows Defender ウイルス対策の管理とインシデントレスポンス機能を1つに集約:
PR:Windows Defender ウイルス対策の効果と Microsoft Defender ATP によるインシデントレスポンスの一次対処の自動化のご紹介
本稿では、Windows 10 に標準搭載されている「Windows Defender ウイルス対策」の効果や企業利用向けの機能に加え、インシデントレスポンスに必要な機能の一つである「Endpoint Detection and Response(EDR)」の機能を統合的に管理、運用できる「Microsoft Defender Advanced Threat Protection(Microsoft Defender ATP)」について紹介します。(2019/10/30)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
EDR製品の検出スコアに最大4倍の差も、研究団体の調査で分かったEDR評価基準
多くのEDR(Endpoint Detection and Response)製品が市場を賑わせる中で、優れたツールを選び出すのは難しい。そこで参考にしたいのが、国際的に評価される研究団体MITREと調査会社Forresterが行ったEDR製品の調査・評価だ。(2019/10/17)

組み合わせて機能を補う
モバイル端末のデータ漏えいを防ぐ「UEM」と「MTD」を使った2つの方法とは?
統合エンドポイント管理(UEM)は基本的なモバイルセキュリティ機能を備えているが、高度な対策を施すにはモバイル脅威防御(MTD)ツールとの連携が必要だ。(2019/10/16)

「Mac」管理の新しいアプローチ【中編】
「Apple Business Manager」と「UEM」の連携がもたらすメリットは?
Appleのデバイス導入支援サービス「Apple Business Manager」と共に統合エンドポイント管理(UEM)製品を利用すると、WindowsデバイスとMacが混在するオフィスのデバイス管理が楽になる可能性がある。(2019/10/15)

Kubernetes拡張の基盤が固まる:
Kubernetes 1.16がリリース、CRDはGAに、WindowsではサードパーティCSIプラグインサポート
Kubernetesプロジェクトは2019年9月18日(米国時間)、Kubernetes 1.16をリリースした。Kubernetesの拡張メカニズムであるCRDのAPIが一般提供(GA)に到達、WindowsサポートではサードパーティCSIプラグイン対応などを強化、エンドポイントリソース管理の拡張性を増す新たなAPIが登場した。(2019/9/19)

自社のUEMは「Windows 10」移行に役立つか【後編】
「UEM」を本気で選ぶ4つのポイント ID管理や監視ツールとの連携を確認
「統合エンドポイント管理」(UEM)製品は、「Windows 10」への移行プロセスの効率化けでなく、移行後のユーザー環境の管理や保護も重要な役割だ。こうした観点からUEM製品を検討するポイントを紹介する。(2019/9/19)

ソフォス株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:ベンダー比較による「エンドポイントセキュリティ」評価ガイド
サイバー攻撃が複雑化する中、エンドポイント対策は必須だが、多くの製品群から、組織に最適なソリューションを選択することは難しい。今回紹介する、第三者機関テストによるベンダー別比較結果を、ぜひ判断の一助としてほしい。(2019/9/13)

自社のUEMは「Windows 10」移行に役立つか【前編】
Windows 8を管理するかどうかが鍵に? 「UEM」製品を見極める3つのポイント
2020年1月の「Windows 7」延長サポート終了に備える上で、「Windows 10」への移行を支援できる適切な「統合エンドポイント管理」(UEM)製品の導入は大きな助けとなる。製品選定のポイントを解説する。(2019/9/12)

仕事用アプリケーションの管理とプライバシーを両立させる
「Android Q」「iOS 13」に新しく追加されたBYOD向け管理機能とは?
BYODを実施するには、IT部門はエンドユーザーのプライバシーとエンドポイントセキュリティを慎重に考慮する必要がある。「Android Q」「iOS 13」で進化したIT部門向けの管理機能について、詳しく説明する。(2019/8/26)

事業分野の広がりを象徴:
VMwareがPivotalとCarbon Blackの買収を発表
VMwareは2019年8月22日(米国時間)、Pivotal Softwareの買収で2社が確定的合意に至ったと発表した。また、VMwareは同日、エンドポイントセキュリティのCarbon Black買収に関する確定的合意を発表した。いずれもVMwareにおける事業フォーカスの広がりを象徴している。(2019/8/23)

なぜ巧妙化する脅威を防ぎ切れないのか
今までの「エンドポイントセキュリティ」が不十分な理由と、「EDR」が必要な理由
サイバー攻撃はますます巧妙化しており、従来型エンドポイントセキュリティ製品での保護が難しくなりつつある。最新のエンドポイントセキュリティ製品はどのように進化しているのか。(2019/8/16)

カスペルスキー、法人向けセキュリティソフト「Kaspersky Endpoint Security」最新版を提供開始
カスペルスキーは、同社製法人向けセキュリティソフト「Kaspersky Endpoint Security for Windows」「Kaspersky Security Center」の新バージョンを発表した。(2019/8/1)

ホンダのデータベースが無防備状態で発見 社内マシンやCEOの情報も
OSの更新状況やエンドポイントセキュリティの状況に加え、CEOのアドレスやログイン履歴といった情報も参照できてしまう状態だった。(2019/8/2)

「エンドポイントセキュリティ製品」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で35名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2019/7/26)

Windowsのリモートデスクトップが狙われる
Windows XPにもパッチを提供 脆弱性「BlueKeep」はなぜ危険か
Windowsの「リモートデスクトップサービス」で「BlueKeep」という脆弱性が発見された。100万台近いエンドポイントが依然として無防備だという報告を受け、Microsoftはパッチの適用を再度呼び掛けた。(2019/7/5)

企業での脆弱性対策に有用:
Microsoft、「Microsoft Defender ATP」の「脅威および脆弱性管理」機能を正式リリース
Microsoftは、「Microsoft Defender Advanced Threat Protection(ATP)」の「脅威および脆弱性管理」機能の一般提供を開始した。企業におけるエンドポイントの脆弱(ぜいじゃく)性管理を容易にするという。(2019/7/4)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。