ニュース
» 2009年09月18日 07時58分 公開

FirefoxでFlashチェック、1000万人が更新ページへ

Firefoxブラウザで新たに導入されたFlash Playerのバージョンチェック機能の成果についてMozillaが報告した。

[ITmedia]

 MozillaのFirefoxブラウザで新たに導入されたAdobe Flash Playerのバージョンチェック機能により、1週間で1000万人がFlashの更新版を入手するためのリンクをクリックする成果があったと、Mozillaがブログで明らかにした。

 Flashのバージョンチェック機能は、9月9日にリリースされたFirefox最新バージョンの3.5.3と3.0.14で導入された。ユーザーが古いバージョンのFlashを使っている場合、Firefox更新版をインストールした後の告知ページに「すぐにFlash Playerを更新してください」という警告メッセージを表示し、Adobeのダウンロードページへと誘導する。

クリック率の変化

 Mozillaによると、リリース後1週間の時点で米国英語版のFirefox 3.5.3を導入したユーザーがどの程度Flash更新ページへのリンクをクリックしているかを調べたところ、Flash更新ページへのリンクのクリックスルー率は30%にも上った。通常のFirefox更新告知ページのクリックスルー率が5%に満たないことを考えると、30%というのは驚異的な数字だとMozillaは解説している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

Firefox | Flash | Mozilla | Firefox 3.5


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -