ニュース
» 2009年10月05日 18時00分 公開

日本HP、クラウド利用に特化したシンクライアント端末を発売

日本HPは、クラウドコンピューティング環境での利用に特化したシンクライアント端末「HP Internet Appliance」を発売した。

[ITmedia]
HP t5730wi Internet Appliance

 日本HPは10月5日、デスクトップ型シンクライアント端末の新製品となる「HP t5730wi Internet Appliance」を発売した。Webアプリケーションなどが動作するクラウドコンピューティング環境での利用に特化したという。

 新製品は、Sun Java6.14やAdobe Flash10、Direct X 9.0cなどのWebアプリケーションを利用するために必要なソフトをプリインストールするとともに、HDDや光学ドライブ、冷却ファンなどの駆動部品を搭載しない設計を採用。クラウドコンピューティング環境への対応しつつ、耐久性能の向上を図った。

 また、ユーザーごとに必要なモジュール(マスタイメージ)をプリインストールして出荷する新たなサービス形態を導入。これにより、導入時の初期設定作業の工数を低減し、迅速に運用を開始できるとしている。

 端末はCPUに「AMD Sempron 2100+」を搭載して省電力化を図ったほか、本体サイズは45.7×215.14×266.7ミリメートルの省スペースデザインとした。プリインストールOSにはWindows Embedded Standardを採用し、2Gバイトのフラッシュメモリを搭載する。

 価格は4万8300円で、直販営業および販売代理店では同日から、同社オンラインストアでは11月上旬から提供する。

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -